海外ドラマをもっと見ようよ!

amiel2.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今回は「ボストン・パブリック」(FOX) の話から・・・。

このドラマは、ボストンにある公立高校の教師たちの物語・・・。



で、そのドラマの中の、あるエピソードで、主人公の女教師が元教え子と、まあ、何と言いますか、いい仲になってですねぇ・・・。

自宅でその元教え子と、くんずほぐれつの・・・。

という絡みのシーンがあったんですが・・・。(←まあ、ちょっと禁断の恋と言うやつですな)



で、普通に見たら、何てことないシーンなんですが・・・。(←そうなのか?)



この時、バックに流れた曲が、サイモン&ガーファンクルの「ミセス・ロビンソン」でして・・・。(←なんか、思いっきり、軽いんですよねぇ、この曲)



「ミセス・ロビンソン」の曲に合わせて、2人が絡む、絡む、絡む・・・。053.gif



私、ちょっとツボにはまってしまいまして、かなり大笑いしてしまったんですよね、このシーン・・・。(←まあ、分かる人には分かってもらえると思うんだけど)

うーん、最近、デビッド・E・ケリー、ちょっとスランプだけど・・・。(←おいおい、余計な話を)

なんか、やっぱり、この人のギャグはセンスあるなぁ、と・・・。(←褒めてるのか?)



で、そこで一緒にこのドラマを見てた人間がですねぇ・・・。

「一体、何がそんなにおもしろいの?」、と言ってきまして・・・。



いやいや、あの「卒業」の・・・。



いやいや、だから、ダスティン・ホフマンの映画「卒業」の・・・。



いやいや、だから、アン・バンクロフトの足の間からダスティン・ホフマンが見えるポスターの・・・。(←説明がだんだん遠ざかってますよ)



いやいや、だから、そこで、ダスティン・ホフマンの彼女のお母さん、アン・バンクロフトが・・・。



いやいや、アン・バンクロフトって・・・。



いやいや、あのヘレン・ケラーの「奇跡の人」のサリヴァン先生が・・・(←「卒業」を知らん人間に、なんで「奇跡の人」なんでしょう?)



いやいや、そのアン・バンクロフトがミセス・ロビンソンと言ってですねぇ・・・。



いやいや、その「卒業」の中で、ダスティ・ホフマンを誘惑するのね・・・。



いやいや、だから・・・、その・・・、年上の女の人が若い男を誘惑するという・・・。



いやいや、だから、そのテーマ曲?がね、今、この瞬間に流れてきて・・・。



だから、「おもしろい・・・でしょ?」。



・・・・・。042.gif



まあ、「映画のギャグを説明する事ほど愚かなことはない」と、かのソクラテスも言ってるように・・・。(←嘘つくな! ソクラテスの時代に映画があるか!)



・・・とにかく、こういうものは説明しようがないという事にあらためて気づいたんですな。まあ、この話も読んでて、大しておもしろくないと思うんですよ。(←だから、こういうのは説明するのが嫌なんだって!)



で、今回の本題、「海外ドラマ理解度偏差値を向上させよう・・・」なんですが・・・。(←いつもながら、前置き長げえなぁ)



やはり、海外ドラマ(←まあ、映画でもいいんだけど) の内容を、もっと楽しむためには、「古典」を知る事かなぁ、と・・・。



特に、海外ドラマの場合、室内のセット組んで、ずっーとやるわけだから、例えば、ヒッチコックの「裏窓」なんてのは、繰り返し繰り返し、パロディにされるわけですよ。(←話に詰まると、これのパターンやったりしてるんですよねぇ。私も何度、このパターンを見たことか・・・)



ああ、そう言えば、大学受験の時の古典の先生が言ってましたねぇ・・・。027.gif

古典はやればやるほど点が取れる、と・・・。

なぜって、古典は増える事がないから・・・。



そう、「源氏物語」にしても「平家物語」にしても、全部読んでしまう事は可能なわけですよねぇ、まあ、これ以上増えないわけだから・・・。



それと同じで、ヒッチコックの映画をすべて見る事は可能なわけであります。オードリー・ヘップバーンが出てる映画もすべて見るのも可能なわけであります。(←ビデオ化されてないのは? とか、なしね)



まあ、別にそこまでする必要はないんだけど、その中でも特に超有名なものだけでも見ておけば、間違いなく、これからの海外ドラマライフ?(←まあ、映画ライフでもいいんだけど) に、ためになる事間違いなしだと、私は思うんですけどねぇ・・・。



あるドラマで、主役の女性が別れた彼氏を部屋に入れたくない理由が、「今月は"R"のつく月だから!」と言い放つシーンがあったら、何かピン!と来る映画はあるでしょうか・・・。



まあ、そんなわけで、特にシットコムドラマでは、やはり自分が若い頃に見た映画をギャグにしたがるプロデューサーやシナリオライターがたくさんいる今日この頃・・・。

ちょっとずつでも「古い映画」を見ておくのも、最近の海外ドラマを楽しむ手かなぁ、と・・・。



で、そんな「古い映画」を勉強したい人にお薦めのブログが・・・。003.gif

このブログにも、たくさんのコメントくださる・・・。

suamaさんの素晴らしき哉映画人生です・・・。



一応、何となく、お礼の意味をこめて書いてみました・・・。017.gif

私って、こう見えても義理人情の人間だからね・・・。(←自分で言うな、って!)
[PR]
by amiel2 | 2004-05-30 06:03 | 海外ドラマ
いやあ、今週は、なんかとってもいいエピソードでしたね・・・。

ひょっとしたら、今までの中でベストエピソードかもしれない・・・。

30分のシットコムで、こういうテイストの話を作れるとはねぇ・・・。(←うーん、感心)

今回はハイド・・・も良かったんだけど、個人的には、ドナがとっても良かったです・・・。

「なぜ?・・・」って、それは今回の最後に・・・。

まあ、とにかく、70sの第7話目・・・。



第7話 ディスコへ行こう That Disco Episode



まずは今回もあらすじから・・・。



町のケノーシャに新しくディスコが出来たので、エリックたちはさっそく行く事に・・・。

そんな中、ダンスができないハイドは、エリックの母キティと秘密の特訓を開始・・・。

実はハイドには今まで秘密にしてきた、ある思いが・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回は、やはり、ディスコでジャッキーと踊るフェズ君ですかねぇ。070.gif

70年代の名作?、ジョン・トラボルタの「サタデー・ナイト・フィーバー」(1977年)よろしく、ダンスダンスの熱い熱い一夜でしたね。

ジャッキーはケルソーとよりも、背格好といい、フェズの方がお似合いのような気もしましたね。ダンスのフィーリングもぴったりだったし。(←まあ、上手いというより、どことなくヘタウマ、てな感じでしたけど)



ちなみに、この時の曲はビージーズの「You Should Be Dancing」・・・。060.gif



では、今回から始まった新企画、「私はこう思う!」のコーナー。(←まあ、要するに私なりの視点で見た「ドラマの読み方?」です)



ドナの父ボブが、エリックの父レッドに、キティがハイドと浮気してるかもしれないと言うシーン・・・。

このシーン、レッドはわざと怒ったふりして、ボブに自らの勘違いを悟らせたんですよね?(←ちょっと自信なし・・・)  まあ、話の展開から言って、キティにハイドの練習相手を努めるように言ったのもレッドだろうしね・・・。

・・・でも、レッドは普段から怒っているから、なんかイマイチ、分かりにくいんですよねぇ。もうちょっと、オチのところでメリハリつけてくれないとねぇ。



ああ、そうそう、話は少しそれますが、このレッド・・・。001.gif



息子エリックに対しては、今回の食事シーン・・・。027.gif

「いつからドナと付き合ってるんだ!」と厳しい口調でエリックに問い詰めたのに対して・・・。



一方、赤の他人、ハイドに対しては、ガレージの中のシーン・・・。027.gif

「おまえ、踊れないんだろう。女ってのはなぁ、ダンスが好きなもんなんだ。なんなら手を貸してやろうか?」なんて言ってましたよね・・・。(←なんか、すごく物分りのいい親父になってます。息子エリックに対しては絶対、こういう事は言わないはずなんですがねぇ・・・)



まあ、他人の子供には理解を示せても、いざ自分の息子となると・・・。042.gif

てなところがですねぇ、父と息子の微妙なバランスと言うか、微妙な関係をですねぇ、それとなく描写してたりするんですねぇ・・・。

で、この辺りが実に、私のような評論家もどき?を、「うーん、上手いなぁ」と唸らせてしまうんですよ、このドラマ。(←あんた、"もどき"だったのか?)



てな、話はどうでもいい事で・・・。(←だったら長々と脱線するなよ!)022.gif

さっそく、今回の本題に行きましょう・・・。



今回はハイド、エリック、ドナの視点からドラマを見ていく事にします・・・。027.gif



まずはハイドから・・・。



ディスコでドナと踊るハイド。いつになく本気の彼を見ましたね・・・。070.gif

ハイドはドナの事が好きだったんですね・・・。

彼は普段はいつもふざけてばかりで、ロクな事はしない人なんですが、ドナに対する気持ちは本物でしたね。ちょっと、びっくりしました・・・。



ハイドと腕を組んで踊るドナが聞きます・・・。056.gif



ドナ「踊れるの? 全然知らなかった」

ハイド「実は初めてのダンスさ・・・」

ドナ「初めて? それは光栄だわ」



エリックの母キティとはいくら踊ろうとも、あれはカウントされないんですね・・・。037.gif

やっぱり、好きな女の子と踊るのが本当の"ダンス"なんですね。(←うーん、ちょっといいシーンですね)



男と言うのは、100%駄目だと分かっていても、いかなきゃならない時はいかないと駄目なんです・・・。

例え、その人に好きな人がいるとしても・・・。

で、その好きな人が自分の親友だとしても・・・。

「好きだ」という感情は誰にも止められないからね・・・。



あと、それと、ハイドがキティと特訓してる時に、「みんなにこの事は内緒にしておいてほしいんだ」というシーン、ここも何だか好きですねぇ、私。



ああ、分かるなぁ、その気持ち。男の照れと言うか一途さと言うか・・・。007.gif

こんな事(←ダンスの特訓ね) は、ハイドのこれまでの生き方からして、とっても嫌な事に違いないんだろうけど、ディスコで好きな"誰か"と踊るためにはねぇ・・・。



まあ、でも、今回のエピソード・・・。004.gif

私が普段から唱えてる「脇役の法則」(←その話はココで) 炸裂のエピソードと言えますよね、このエピソード。



ああ、実に泣かせるねぇ、ハイド君・・・。007.gif



で、次にエリックの視点から・・・。



ドラマのラスト、ドナと家の前にいるシーン・・・。048.gif

いつになくエリック、どことなくおかしかったですね・・・。(←実に"変"でした)

なんか、自分から、ちょっと無理やり気味にドナにキスしてましたね・・・・。



まあ、私が思うに・・・。027.gif

普段は超鈍感なエリックも、ディスコでドナとハイドが踊るのを見ていて、何かを感じ取った上での、この行動だったと思われます。

・・・ああ、そういう意味で、なんか、今回のエリックも少し可哀想だなぁ、と。



そして、最後にドナの視点から・・・。056.gif



ディスコでハイドと踊るドナ・・・。070.gif



思わず「君にキスしたい・・・」と言ってしまうハイド・・・。053.gif



ドナは、優しく微笑んで、「Shut up and dance」(踊りましょう) と、かわします・・・。(←なんか、この時の会話のドナの表情が、個人的にとっても好き!)



・・・で、この時、ドナは初めて自分に対するハイドの気持ちを知ったんでしょうね。(←この男の気持ちをドナが理解しえなかったとしたら、まあ、ドナは女としては、もう、終わってますからね)



ちなみに、この時、踊るハイドとドナのバックに流れてる曲は・・・。060.gif

「ABBA」の「Fernando」でした。(←ちょっと、いい曲ですね)



場面は移って、ラスト、エリックと家の前で2人っきりのシーン・・・。059.gif



エリックにキスされた直後のドナの表情に注目・・・。(←ちょっと悲しそうに見えるのは気のせいでしょうか?)

この時、ドナはことさら、わざとふざける感じで「Fernando」を歌いだします。

で、「もう一度、キスしたい」というエリックに対して、ドナの答えは・・・。



「Shut up and dance」(踊りましょう) でした・・・。(←ハイドと同じ断り方をしています。これは、はてさて、偶然でしょうかねぇ?)



そして、2人で陽気に踊りだすエリックとドナ・・・。070.gif



私が思うに、この時のドナは、ハイドの気持ちを思って、わざとこういう感じに持っていきたかったんじゃないのかな、なんて、思いましたが・・・。

ああ、そう考えると、ドナって、とってもいいなぁ、ってすっごく思いますね。(←どおりでハイドも好きになるわけだ)



・・・しかし、「若い」という事、「友達同士」だという事、「誰かを好きだという気持ち」というものは、時に、ちょっと残酷ですね。
[PR]
by amiel2 | 2004-05-27 16:24 | ザット70s ショー
いやあ、今週も、非常におもしろかったですねぇ・・・。

なんか、もう、ますます好きになってきましたよぉ、70s・・・。

というわけで、70sの第6話目・・・。



第6話 酒樽 The Keg



まずは今回もあらすじから・・・。



授業をさぼったエリックたちはドライブの途中、道路でビア樽を拾う・・・。

そこで、友達からお金をとってパーティーを開く事にするのだが、ある問題が・・・。

一方、エリックの父たちは子供たちの計画に気づき、あちこち探し回るのだが・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回は酒屋にタップを買いに来たケルソー君ですかね。037.gif

なんか、未成年が酒を買いたくて店のレジの前でドギマギするシーン、これも昔のアメリカ映画にありがちの設定ですよね。私がこういうシーンですぐに思い浮かぶのは、やっぱり、ジョージ・ルーカスの「アメリカン・グラフィティ」(1973年) ですかね。まあ、未成年にとっては、ある種の冒険でもあるわけですからね、酒屋で酒を買うという事は。

ただ、今回のケルソーの場合、店主がすんなりタップを売ってしまうのは、これは酒ではないから未成年にでも売れるという事なのかな。

そう考えると、やっばり、ちょっと間抜けな感じですね、ケルソー君・・・。



でも昔の子供というのは、今と違ってすれてなくて、なんか、とっても可愛い感じがしますよね。今の未成年は、酒を買いたい時はどうしてるんですかね。今は、なんか、もっとスマートな感じがしますけどね。

ああ、ちなみに、「アメリカン・グラフィティ」の舞台は、70年代よりはるか前、1962年である事は付け加えておきます・・・。



今週の70年代のTVなど・・・。027.gif

ドナの母ミッジの好きなニック・ノルティの「"Rich Man, Poor Man"」

どうやら、ミニシリーズのようですね。ちょっと昔?のニック・ノルティは好きなので、個人的に見てみたいです・・・。



ミッジがキティに「夢を持たなきゃ」(←どんな夢や!) と語る、ウォルター・クロンカイト(Walter Cronkite)・・・。

米CBSテレビのアンカーマンのようです。



エリックの父レッドとドナの父ボブが酒屋で、そこにいた男の子を問い詰めて、パーティの場所を聞き出すシーン・・・・

暴力刑事?さながらの尋問をするレッドに対して、何もしていないのに、「シャーマン通りの空き家だ」と、得意げになってるボブに対して、レッドが呆れてひと言、「よくやった、スタスキー」・・・。

このスタースキーとは、「刑事スタスキー&ハッチ」(←1975年から4年間にわたってABC系列で放映) の事なんでしょうね。なんか、この刑事モノは、よく耳にしますね。ただ、残念ながら、私は見た事がないんですけどね。

で、最近、この作品、ベン・スティラーがスタスキーになって、リメイクされてるようですね。うーん、ちょっと見てみたい。

あと、この作品もアーロン・スペリング製作のようですね。「チャーリーズ・エンジェル」といい、うーん、この頃から突っ走ってたんですね、アーロン・スペリング・・・。



ああ、それと、この時のボブと男の子の会話の中の紙幣の話・・・。065.gif

現在の1ドル(ジョージ・ワシントン)、5ドル(エイブラハム・リンカーン)、20ドル(アンドリュー・ジャクソン)という事でいいですよね?・・・・。

ちなみに、アンドリュー・ジャクソンは第7代大統領・・・。



あとがき・・・。027.gif



今週も、やっばり、おもしろかったですね。特に、私は今週のラストが好きだな・・・。

父、レッドに殺されると怯えてるエリックが、ドナとキスをした後、突然、強くなる感じがとっても良かったです。

この時のエリックは、「bring it . Red」(好きにしろ、レッド) と字幕ではなってましたが、まあ、感じとしては、「かかってこい、レッド」の方がいいような気がするんですけどね。



まあ、男というのは好きな女の前では強くなれる動物?・・・。029.gif

エリックのこの変身ぶり、ちょっといいじゃないですか、この感じ・・・。

これからは好きな女のために強くなるんだ、エリック!!!



しかし・・・。034.gif

よくよく考えたら・・・。

ドナは、男を惑わす「魔性の女」なのでは? という話も・・・。



思い出してください・・・。027.gif

今回のもともとの話・・・。

ドナがエリックに授業をサボろうとそそのかした事が今回の事件の始まり・・・。

という事実だけは、ここできっちり理解しておきましょう・・・。



・・・というわけで、エリック、「やっぱり、この女はやめておけ!」(←おいおい) 022.gif
[PR]
by amiel2 | 2004-05-21 05:22 | ザット70s ショー

掲示板

もし、現在の視聴ドラマ等、またはその下の方にちょこちょこ書いてる日々の独り言に、ご意見、ご要望がありましたら、ここのコメントでも使ってください・・・。








しかし、私は、明らかにブログの使い方が間違ってるんだろうなぁ・・・・。
[PR]
by amiel2 | 2004-05-21 03:25 | 掲示板
いきなりですが、さあ、今週も行ってみましょうか、70sの第5話目・・・。



第5話 エリックのアルバイト Eric's Burger Job



まずは今回もあらすじから・・・。



両親が週末家を空ける為、ここがチャンスと、家にエリックを呼んで2人っきりになりたいドナ・・・。

だが、お馬鹿なケルソーの提案により、みんなを呼んでのパーティーになってしまう・・・。

そして、バーガーショップのバイトをやりだしたエリックは、パーティーでみんなが帰った後にドナの家に行く事を約束するのだが・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



うーん、今回は難しいんですが、まあ、しいて挙げるなら、ドナ、及びその父親ですかね・・・。



若い恋人?たちの、なんと言いますか、まあ、微妙な感情というのは、70年代であっても、それから30年後の今であっても、大して違わないとは思うのですが・・・。

ただ、両親が家を空ける為に、女の子が男の子を家に呼ぶという話、なんか、ちょっと昔のアメリカ青春ラブコメディー?映画にありがちな話ですよねぇ。(←最近は別に家じゃなくても、他にもいろいろ場所もありますからね)



例えば、フィービー・ケイツの「プライベート・スクール」(1983年) なんかをちょっと思い出しましたね。(←これは女子寮に好きな男の子を呼ぶという話だったけど)

そして、普段は間の抜けたドナのお父さんも、やはり娘の貞操?が心配なのか、エリックに対しては、それは固い固いブロックをしいてましたね。

まあ、こんなところが、何となく70年代的だなぁ、と今回の話・・・。



で、あと、今回、ちょっと私のツボにはまった人間が1人・・・。029.gif



それは、もじゃもじゃパーマにサングラス、普段はニヒルで、ちょっと悪ぶっているハイド君です。

こいつ、普段はロクな事はしないんですが、今回、エリックと2人っきりになりたいドナの為に、あれこれ相談に乗って、パーティーを抜け出してエリックと会うように計らってやってましたね。



ちょっと、こいつ、とってもいい奴じゃん!!!003.gif



そして、私の「脇役の法則」方式(←その記事はココで) で言いますと、ちょっと、私の好きな脇役のパターンにビタッ!とはまってきそうなキャラクターかもしれません・・・。

そういう意味で、今後、このハイドのエピソードの時、少し、注目かもしれません。ちょっと泣けるエピソードになるやも・・・。



・・・ああ、そうそう、ジャッキー。056.gif

自分の彼氏、ケルソーが本当のバカかもしれないと悩んでましたが、そんな事で悩まないでください・・・。



彼は間違いなく、「バカ」なんですから・・・。041.gif
[PR]
by amiel2 | 2004-05-14 01:43 | ザット70s ショー
なんか、最近、ちょっと「ザット'70s ショー」 に、かなりハマッています・・・。

繰り返し見ては、主題歌をシャウトする毎日・・・。(←この曲いいよね!)

で、ちょっと今回の第4話から、このドラマの感想を私なりに書いていこうかな・・・と。

では、始まり、始まり・・・。(←ちなみに、今回が本当の70s感想記の書き始めです)



第4話 男と女の戦い Battle of the Sexists



まずは、今回のあらすじから・・・。



エリックは、1 on 1のバスケでドナに負けてしまう・・・。

男としてのプライドを傷つけられたエリックと、女だからと男にわざと勝ちを譲ったりするのが嫌なドナは、険悪な雰囲気になってしまう・・・。

一方、ケルソーはわがままなジャッキーに振り回されっぱなし・・・。

そして、エリック家では父レッドが仕事がないのでずっと家にいて暇を持て余し、家中のモノを修理して回る有様、そんな父レッドに困り果てる母キティ・・・。



・・・しかし、こう書くと、全くおもしろくなさそうだな。(←ドラマはおもしろいんですよ!)



で、今回から始まる新企画、「今回の70sな人」(←ここが今回のドラマのポイントだと思うところ) をちょっと解説しちゃいます・・・。



「今回の70sな人」は、ズバリ、ドナの母親、ミッジがドナに、「男の人の前ではか弱い女を演じなきゃ」と諭すところですね。

と言うのは、このミッジことタニア・ロバーツは、70年代の大ヒットドラマ「チャーリーズ・エンジェル」のエンジェルの1人だったんですが、このチャーリーズは70年代のまさに強い女の代表例で、この人に、こういうセリフを言わせるところが今回のポイントかなぁ、と。

まあ、で、この時のこのミッジが娘ドナに語るところによると、男は世界なんてコントロールできないのよ。つまりは女が世界を支配しているのよ的な感じの事を言ってましたね。

ドリカム風に言うと、男はまさに女にとって「♪手のひらの孫悟空状態~」てな感じなんですかね・・・。

ちなみに、このドラマの舞台となってる1976年は、くしくも「チャーリーズ・エンジェル」が始まった年。まあ、時代設定といい、キャスティングしてる女優といい、かなりこのドラマを意識してる感じがしますね。



今回のおもしろかった人、ベスト3・・・。072.gif



第1位・・・エリックのお母さん。029.gif

この人のちょっと為になる話は、ある意味、いつも真理を突いてます。

今回、エリックに言う言葉。「お父さんとは何度も勝負したけど、勝敗抜きに楽しかったわ」は、ちょっといい感じの言葉ですね。

ただ、この後、この人はガレージのドアをぶっ壊してましたね・・・。



第2位・・・ジャッキー056.gif

この娘は、自分はケルソーを思いっきり振り回してるわりには、ドナには、「エリックをバスケで負かしてるようでは恋人にはなれないわよ」、とか忠告してるのは、なんか、おかしいですね。

しかし、ジャッキーは70年代ファッションのパンツ?の着こなしが上手ですね。ファッションとしては古いんだけど、それなりに見れますからねぇ。(←足がすらっとして綺麗なんですよね、この娘)

あと、ジャッキーの好きな映画は「ウエストサイドストーリー」と「スター誕生」。



第3位・・・エリックの父、レッド042.gif

この人は、仕事第一人間のようですね。こういう人から仕事を取り上げると、ろくな事はしませんな。まあ、日本人に多いタイプかもしれません。



あと、番外として、謎?の交換留学生、フェズ・・・。003.gif

この子はいつ見てもおもしろいですね。

ちなみに、この前、FOXの「RANK」という番組で、この子がちらっとインタビューを受けてるシーンを見たけど、やっぱり、こんな感じのしゃべり方でしたね。(←まあ、もうちょっとまともなしゃべり方をしてたけど)



で、今回のこのドラマのテーマは・・・。027.gif

まあ、エリックといい、ケルソーといい、エリックの父レッドといい、「やっばり、男は駄目だなぁ」という感じなのかな・・・。



・・・しかし、ドラマ冒頭にでてきたブルースーリーより強いフォンジーと、チコとは何者だ?
[PR]
by amiel2 | 2004-05-08 02:59 | ザット70s ショー
今回、初めて気づいたのですが・・・。

レッドは左利きなんですな・・・。

劇中、左手で字を書いてましたからねぇ・・・。



ま、どうでもいい事なんですが・・・。027.gif

マメ知識として、ちょっと、ね・・・。(←こういうのって、マメ知識なのか?)



なんて事はさておきまして・・・。044.gif

とにかく行ってみるとしますかね、70sの第3話目・・・。



第3話 大統領がやってくる Streaking



まずは今回もあらすじから・・・。



フォード大統領が遊説でエリックたちの住む町にやってくる・・・。

図らずもエリックの父レッドは、大統領に質問する事に・・・。

一方、エリックたちはその会場でストリーキングを計画するのだが・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回は、アメリカ第36代・・・いや、第38代大統領ジェラルド・フォードの話・・・。(←キティ、フォードは第38代ですぞ!)



この大統領、前任のニクソン大統領がウォーターゲート事件で辞職した為、副大統領からラッキー?にも大統領になった人で、選挙で勝って大統領になったわけではないんですよねぇ・・・。(←劇中、レッドとキティの会話で、レッドが「アイツに投票した奴など誰もおらん」と言ってたのは、そういう意味なんです)

そして、今回のお話の選挙でカーターに負けてしまって、結局、一度も選挙に勝った事のない、そんなアメリカ大統領なんですよねぇ・・・。(←ま、ちょっとダメ大統領なんですな)

登場シーンも、まともに歩けない奴だったのは、そういう意図も含まれてるような気がするんですけどね。(←深読みしすぎかな?)

ま、そんな人に、失業者?のレッドが質問するという図式は、ちょっと面白かったですな。



ちなみに、この大統領も実は左利きなんです・・・。(←これ、ホントの話)027.gif

で、どうでもいい話なんですが、レッドとフォード大統領って、顔や頭の形がよく似てるんですよ。(←劇中のフォード大統領の後ろ姿も、どこかレッドに似てたでしょ)

それで、ひょっとして、ワザとレッドを左利きにさせているのか、と思って、ちょっと気になったんですよねぇ。(←そこまでは、まさかねぇ)

まあ、どこかで一度、フォード大統領の写真を見てください。どことなくレッドと似てますよ。



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



ボブに、「大統領には私が質問する」と言ったキティだったんですが・・・。008.gif

「君はパイを焼いていてくれ」と言われてしまい・・・。



思わず、無言でハサミを「チョッキン!」・・・。037.gif



今回は、ここが個人的に一番面白かったんですが、他のところも、結構、面白かったですな。

まあ、イベント時のキティは、やはり、一味違いますな。



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今回は、「子供が親を助ける」の巻、でしたね・・・。008.gif

アホ親の為に、星条旗模様のツナギを着てあげるドナ・・・。

大統領の質問に緊張して固まるレッドに、思わず、ストリーキングで助け船を出すエリック・・・・。



ラストのレッドとエリックの、父と息子の会話シーン・・・。072.gif



レッドの言葉・・・。027.gif

「男には信念を通さなきゃならん時がある」

ちょっといいシーンでしたね・・・。



このフォード大統領の時代、インフレの影響などもあって、失業率の悪化は過去数十年間で最悪だったようで、レッドがこうやって失業してるのも、偶然の設定ではないんですねぇ・・・。



職は奪われ、生活の安定はままならず・・・。

そして、大統領への質問も事前に決められ・・・。



ただ、そんな男でも意地がある・・・。

それを貫き通した父レッド・・・。

そして、その機会をアシストする息子エリック・・・。



ちなみに、このフォード大統領は大統領就任一ヶ月にして、ニクソン大統領に全面的な恩赦を与えてる事から・・・。(←これ、非常に評判悪いんです)

この時のレッドの質問は、「何でニクソンなんかに、恩赦やらなあかんのや?」って感じに訳すと、レッドの質問のパンチ力が御理解いただけると思うんですがねぇ・・・。(←おいおい、関西弁になってますよ!)



ま、今回のお話は、「ザット'70s ショー」には珍しく、ちょっといい話でしたね・・・。(←珍しく、は余計なような・・・)
[PR]
by amiel2 | 2004-05-07 00:06 | ザット70s ショー
ま、別にどうでもいい事なんですが・・・。

いろいろ順番は変わっちゃってるんですが・・・。

このブログの「ザット'70s ショー」感想記?・・・。

実はシーズン1 全25話の本当の・・・。

最後の最後の感想記が今回となります・・・。(←シーズン途中から書いてるからね)



しかし、考えたら、25話もよく書いてきたなぁ、と・・・。(←うーん、なんか、しみじみ)042.gif



そして、この際、最後だし・・・。021.gif

いっちょ、なんか気合い入れて書こうかなぁ・・・。

と、思った次第なんですが・・・。

そう思うと、逆に・・・。

なんも書く気がしなかったのよねぇ・・・。(←おいおい!)



と、今回、更新が遅れた言い訳もそこそこに・・・。(←最後なんですよ、全く!)022.gif

ま、普段どおり、そんな大して気合いも入れないで・・・。(←おいおい!)

行ってみるとしますかねぇ、70sの第2話目・・・。



第2話 エリックの誕生日 Eric's Birthday



まずはあらすじから・・・。



キティは、エリックの誕生日にサプライズパーティーを開こうとルンルン気分・・・。

しかし、それを知ったエリックは逆にどんどんブルーな気分に・・・。

一方、ドナはエリックの誕生日プレゼントを何にするのかジャッキーにアドバイスを受けるのだが・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



あのー、唐突なんですか・・・。029.gif

皆さんは、今回のお話に出てきた「8トラック」ってご存知ですかね?

実は、これが分かる世代か、分からない世代かが・・・。

30歳、上か下かの・・・。

じゃなくって・・・。

この「ザット'70s ショー」の本当の面白さが楽しめるか楽しめないかの、分水嶺というか分岐点というか・・・。(←だから、30歳、上か下かの話でいいんじゃない?)

まあ、そんな気がしますね・・・。(←いやいや、それは極論でしょ!)



で、この当時は、「8トラック」が終焉を告げ、「カセットプレーヤー」に移って行く、まあ、そんな時代だったんでしょうね・・・。

あれだけ念押しして、「カセットプレーヤー」と言ったエリックだったけど、やっばり、「8トラック」なんだもんなぁ・・・。

お父さん、お母さん、ちょっとひど過ぎます・・・。(←こいつら、単にカセットプレーヤーの知識がないだけなのか?)



でも、まあ、実は、恥ずかしながら・・・。012.gif

何を隠そう私も・・・。

「8トラック」を知らない、そんな世代の人なんですけどね・・・。(←おいおい、あんた、実はよく知ってるんじゃないのか?)

(「8トラック」が何であるか分からない方は、garotoさんの「こだわりの!!THAT's70 SHOW #2 Eric's Birthday こだわり 8トラック」を参照してください)



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今週は、もうノリノリでしたね、お母さん・・・。037.gif

もう、一番面白いところを探すのが逆に難しいほど、どのシーンも面白かったような・・・。



バレバレのサプライズバーティー計画から始まって・・・。(←あんた、ウキウキルンルンでしたよね)

途中から妄想モードに突入で・・・。(←あんた、どうでもいいけど、他人の子供、外国人に偏見アリアリでしたよね)

で、最後は酒乱ときたもんねぇ・・・。(←あんた、結局、若い2人のラブラブタイムをぶち壊しましたよね)



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今回は「恋のおせっかい」の巻・・・。056.gif

ドナはエリックの誕生日プレゼントを何にしたらいいのか分からず、不覚?にも、ジャッキーに相談してしまいました・・・。

そして、ジャッキーのアドバイスにより、「アロマキャンドル」をプレゼントする事に・・・。

で、これが結局のところ、上手くいったのかいかなかったのか・・・。

イマイチ、よく分からんかったというのが今回のオチだったですな・・・。(←で、ホントのところ、あのキャンドルはどうなのよ?)



しかし、あれですねぇ・・・。042.gif

こういう恋のおせっかいを焼いてくれる人・・・。

現実問題として、いますよねぇ、こんなタイプの人・・・。

で、まあ、言っちゃなんなんですが・・・。

だいたい、「余計なお世話です!」な感じの人が多いんですよねぇ、このタイプ・・・。

特にドナのような、奥手タイプの人には・・・。

とっても、いい迷惑だったですな、全く・・・。



しかし、ドナはジャッキー以外に女友達がいないんですかねぇ・・・。008.gif

まあ、ジャッキーはドナしか女友達がいないのは分かるんだけど・・・。(←おいおい!)
[PR]
by amiel2 | 2004-05-06 04:45 | ザット70s ショー
とうとう、始まっちゃいましたね、70sのシーズン1・・・。

なんか、このドラマ、アメリカ70年代の不思議な感じがそこかしこに・・・。

出ている奴らも、不思議君、不思議さんだらけだし・・・。

こんな怪しげなドラマ、毎週、見てしまいそうだなぁ・・・。

ああ、次回の放送が本当に待ち遠しくなってきましたよぉ・・・。



うーん・・・。008.gif

しかし・・・。

一度、シーズン1を全部見終わった後に、上記のような事を書くのもなんなのですが・・・。

まあ、一応、第1回目だという事で、しょうしょう大げさに書いてしまいました・・・。(←少し反省中)



しかし、しかし、なのですが・・・。034.gif

ここで一つ言っておきたいんですが・・・。

こういうふうに、やたら、70sの事を煽って書いたりしているわたくしなのですが・・・。

この番組を放送しているFOXチャンネルとは、縁もゆかりも全くない・・・。

ただの市井の一民間人だという事だけは、どうぞご理解しておいてください・・・。(←どうでもいいじゃん、そんな事)



さあ、そんな事はともかく、行ってみるとしますかねぇ、70sの第1話目・・・。



第1話 パイロット That '70s Pilot



まずはあらすじから・・・。



時は1976年、場所はアメリカ・ウィスコンシン州の片田舎・・・。

高校生のエリックは、念願だった車を父親から譲り受ける・・・。

で、エリックとその仲間たちは、意気揚々とその車に乗ってロックコンサートに出かけるのだが・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回はファラ・フォーセット・・・。072.gif

往年の海外ドラマファンにはお馴染みの70年代の傑作ドラマ、「チャーリーズ・エンジェル」のエンジェルですね・・・。

今回、ファラ・フォーセットは、♪baby baby baby~と、ジングル(←場面の変化を知らせたり、注意をひきつけるために流す短い音楽の事) で、ポスターの口だけが動いているシーンでチラッと出てましたね。

えー、このポスターはですねぇ、その当時、爆発的に売れたポスターなんです。(←多分、そうだと思うんですけど)

なんか、一アイドルの話を通り越して、当時の社会的現象にもなった、そんな伝説のポスターらしいです。(←この前、ディスカバリーチャンネルの番組で、そんな話をやってました)



まあ、この「ザット'70s ショー」は、ジングルで70年代の話題の人、モノ、模様?など、昔懐かしい様々なアイテムをチラチラ流してきますので、そんなところを感じ取るのも、このドラマの楽しみ方かもしれません。

あと、余談ですが、ドナの母親ミッジも、実は「チャーリーズ・エンジェル」のエンジェルの1人だった事はここで一言、言っておきます。(←この話は、また今度)



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



えー、今回はですねぇ・・・。037.gif

キティのテーマソング?、キャプテン&テニールの1975年のシングル「愛ある限り」(Love Will Keep Us Together) を歌いながら、初登場するシーンですかね・・・。

なんか、いきなりで、フリフリのヒラヒラで、ノリノリのご登場・・・。

とっても楽しそうなお母さんじゃないですかぁ・・・。(←初登場の掴みとしては、かなりOKですよね?)



♪ Young and beautiful someday your looks will be gone~060.gif

♪ その若き美貌もいつかは消え去る~・・・。



・・・って、いやいや、そんな事はないですよ。003.gif

・・・お母さんは、永遠に綺麗で美しいです。(←あの迫力では、こう言うしかないじゃん!)



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今回は、念願の車を手に入れたエリック君のお話・・・。058.gif



誰でもそうだと思うんだけど、生まれて初めて手に入れた車って、すっごく嬉しいものなんですよねぇ・・・。

なんか、世界がとてつもなく広がるようで・・・。

どこまでも行けそうな気がするんですよねぇ・・・。

そして、自分が運転する側らには、大好きな女の子がいてくれたら・・・。

それだけで、少年にとっては世界が完結してしまうほど・・・。

今は「小さな幸せ」の真っ最中なんですねぇ・・・。
[PR]
by amiel2 | 2004-05-05 01:57 | ザット70s ショー
いきなりですが・・・。

いやあ、4月は結構、暑かったですね・・・。

異常気象というか、地球温暖化というか・・・。

とすると、このままでは日本もどんどん暑くなるのかな・・・。

そうすると、日本の池や川では水温がどんどん上がって、家庭などで飼われていたピラニアなどが、身勝手な飼い主に放流されたりとかして繁殖するのかな・・・。

そうすると、これまた同じように、家庭でペットとして飼われてたワニが川や池で繁殖してしまうのかな・・・。

そうすると、関東、多摩川でぱタマちゃん・・・はいるので、クロちゃん(←クロコダイルだからね) とか関西、淀川ではヨドちゃんとか、とにかくデカイやつがうようよいるような世の中になるのかなぁ・・・。(←間違ってもそんな名前はつきませんよ)

うーん、でも、ちょっと困りましたねぇ・・・。

何せ奴らはピラニアと違って、水の中から陸に上がってきますからねぇ・・・。

これは、何とかしないといけないですねぇ・・・。(←本当にそう思っているのか?)



・・・と、その対策は少し置いておいて。029.gif

今日は、クロコダイルハンター(アニマルプラネット) の話・・・。



アニマルプラネットの超有名人、いや、オーストラリアの、いや世界の超有名人、クロコダイルハンターこと、スティーブ・アーウィンはワニ捕り名人・・・。



要は、この人が「ワニを捕まえる」というただそれだけの番組なんですが・・・。029.gif



いやいや、それだけではこの番組がどんな内容か分からない人の為に詳しく説明すると・・・。



まず、スティーブがワニを発見・・・。004.gif

ワニを捕まえる・・・。

そして、そのワニを逃がしてやる・・・。



・・・って、そんな簡単な説明でいいのか。022.gif

・・・いいんです! (←サッカー解説の川平慈英風に発音してください)



まあ、この人、両親が共に動物学者であった事から、幼い時より爬虫類とずっと生活していたというだけあって、只者ではないです・・・。

もう、9歳ぐらいの時から野生の川でクロコダイルを捕まえていたらしく、そのクロコダイルハンターぶりも、ちょっと年季が入っています。



なんせ、体長4メートルとか5メートルの野生のワニの上に乗っかって平気で押さえ込んでますからね。(←まあ、この時はさすがに1人ではなかったけど)

でも、自分と同じくらいの体長だったら、いとも簡単に乗っかってますね、ワニの背中に。

で、そんな事も凄いですが、ワニのいる川とかに平気で入っていけます、この人・・・。

それも、朝だろうと昼だろう夜だろうと全く関係ないようです・・・。

ちなみに、ワニのいる夜の川は怖いですよ・・・。(←昼でも怖いよ!)

なにせ、川にライトあてたら、あのギョロっとした目が、無数に水面の上に浮き上がっているんですから・・・。(←考えただけでも怖え!!!)

そこに何の躊躇もなく入っていける男・・・。(←そして、泳いだりします)

いやあ、凄いですねぇ、この男・・・。(←ただのバカだという話も・・・)



ちなみに、この人、ワニだけではなく、まあ、何でも持てますね。毒蛇だろうが毒蜘蛛だろうが毒サソリだろうが・・・。



この時のこの人を描写すると、こんな感じです・・・。027.gif



夜のジャングルを走る車・・・。072.gif

車の中、スティーブが叫びます・・・。

「あ、今、毒蛇が道路の真ん中にいましたね。ちょっと捕まえてみましょう」

降りて、おもむろにその毒蛇を手にするスティーブ・・・。

彼はそこでカメラ目線になって、「danger danger」と叫びます。(←だったら、持つなよな!)

そして、その蛇を逃がしてやる・・・。(←だったら、捕まえるなよ!)



そして、この人、オーストラリアでは動物園を持っていて、中のワニ園では、自らがワニの餌付け?をやってたりします。

鶏肉?を手に持って、ワニに餌やるんですねぇ。ワニって言っても、超巨大ワニですよ。

まあ、イルカショーみたいにイルカが飼育員が持っているイワシに向かってジャンプする感じ、あの感じがちょうどワニだと思ってください・・・。



・・・今の今まで、この人に両手があるのが、ちょっと不思議な気がしてくる一瞬です。005.gif



で、話を最初のクロちゃんとヨドちゃんの話に戻します・・・。029.gif

クロちゃん、ヨドちゃん対策としてはもってこいの番組が満を持して今月、アニマルプラネットで放映されます。(←やったぁ!!!)



それはこの人が地球温暖化に悩む日本人に送る究極のワニ対策の番組・・・。027.gif



その番組タイトルは・・・。027.gif



「正しいワニの捕まえ方」・・・。(←おいおい!)038.gif



ワニの捕まえ方に「正しい」も、「正しくない」もあるのかどうかはともかく・・・。026.gif



アニマルプラネットの番組の紹介文にはこうあります・・・。027.gif



「スティーブが、ワニを捕らえるための、独特なわなの仕掛け方や、網の使い方、また投げ縄の技術を披露する。彼は、群れからはぐれてしまった野生のワニを移動させたり、自分の動物園でワニを移動させたりする時に使っている、ワニの正しい捕まえ方を教えてくれる。わなの仕掛け方や、網の使い方、また投げ縄などの独特な技術だ」



うーん、まさに、これこそ我々が待っていた番組ですね。003.gif

この番組を見たら、もうクロちゃんだろうがヨドちゃんだろうが、怖いものなしです。あなたも、明日から、素手でワニを押さえ込める事間違いなしです。

さあ、これから来るであろう日に備えて、みんなでワニの捕まえ方を学びましょう。





・・・って、あー書いてて、馬鹿馬鹿しい。 (←だったら長々と書くなよ!)042.gif
[PR]
by amiel2 | 2004-05-02 22:25 | アニマルプラネット

「シングルパパの育児奮闘記」(FOX)、ちょっと最近、好きなんですけどねぇ。そういう人って、いるんですかねぇ。ちなみに、当然、「マイ・ネーム・イズ・アール」も好きでした・・・。


by amiel2