海外ドラマをもっと見ようよ!

amiel2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ベガス ( 1 ) タグの人気記事

その8 「心の会計」027.gif



今回問いかけたいテーマは何なのかというとですねぇ・・・。(←何なのですか?)013.gif

ズバリ、「ギャンブル」とは何なのか・・・。(←ここは海外ドラマのブログでしたよね?)



で、何なのかというですねぇ・・・。(←教えてください)040.gif

私にも、よく分からんという話なんです・・・。(←おい!)



ただ、ギャンブルって、必ずと言っていいほど親が勝つような仕組みになってるわけなんです・・・。(←そういう話はよく聞きますよね)

競馬というものをよく知らない人はあまりご存知ないと思うんですが・・・。(←何ですか?)

まず皆さんの貴重なお金をお馬さんに掛けていただいてですねぇ、そこから国と日本中央競馬会は最初に総額の25パーセントをとって、残りの75パーセント分だけを掛けた人たちに分配しているわけなんです・・・。(←親は損をしない仕組みになっとるわけですな)

当然、パチンコやスロットなども店側は利益を出さないといけないから、いろいろ仕組みは違えど、やってる事は同じと言えますよね・・・。(←そりゃそうだね)



じゃあ、親が必ず勝つ事が分かっているのに、人はなぜギャンブルなんかするのか?・・・。(←それはなぜなんですか?)

うーん、ホント、よく分からんですねぇ・・・。(←おい!)



確かに、世の中には「パチプロ」で生活している人とか競馬で万馬券を当てた人とか、そういう話はよく聞きますよね・・・。(←聞くよね)

ただ、確実に言える事は、世の中のほとんどの人がトータルではギャンブルで負けているという事なんです・・・。(←そりゃそうですな)



じゃあ、そんな事は当然に分かりきっている事なのに、なぜ人はギャンブルなんかするのか・・・。(←だから、なぜなんですか?)

一つには、「人は必ずしも合理的には行動しない」という事が挙げられると思うんです・・・。(←どういう意味ですか?)



自分が一生懸命働いた給料から出す1万円と、パチンコで勝った1万円・・・。(←ん?)013.gif

これって、人は何となく、パチンコで勝った1万円の方を軽んじる傾向があると思いませんか?・・・。(←そりゃありますね)

でも、そのパチンコで勝ったお金を持って、店で買い物してください。レジの店員は「これはパチンコで勝ったお金ですね?」とは絶対に言わないですよね・・・。(←そりゃ絶対に言いません)

つまり、どのように1万円を稼ごう?とも、1万円は1万円、それ以上でも以下でもなく、ただ、何となくお金に色をつけている、非合理的な人間がいるだけなんです・・・。(←そうなりますね)



で、従来の経済学は、「人は合理的に考えて、合理的に行動するものだ」という考えで成り立っていたわけなんですが、こうした考えに異を唱えて、人の持つ非合理性を分析したのが行動経済学だったりするんです・・・。(←そうなんだ)

まあ、そういう意味ではギャンブルというのは、「非合理」の塊のような世界でありまして・・・。(←そうなの?)

例えばパチンコのスロットを例にとると、まずはお金を店専用のコインに代えるわけなんですが、人って不思議なもので、一旦、お金をコインに変えちゃうと、やっぱり、お金と同じには扱えないわけなんです・・・。(←そうなの?)

たまに、大量のコインをだらだら床にこぼしながら打っている人を見かけますが、これって、そのコインが本当の10円玉だったら、何の躊躇もなくそのまま打てますかね?・・・。(←10円玉だったら拾っちゃうよね)

まあ、これはお金をコインに変えさせて、人のお金に対する心理的なハードルを下げさせる店の手口ではあるんだけど、やっぱり、人って不思議ですよね・・・。(←不思議です)



そういう意味で、人って、やっぱり、非合理的な生き物だったりするんです・・・。(←非合理っすね)

だから、人の非合理さを浮き出させるには、やっぱり、ギャンブルだったりしますよねぇ・・・。(←そりゃそうですね)

そういうわけで、今回はドラマ「ベガス」(Vegas)の話だったりするんです・・・。(←前置き長いなぁ)



結構ねぇ、このドラマ、面白いし、よく出来ているんですよ・・・。(←そうなんだ)045.gif

ただ、そのわりには、シーズン1のみでキャンセルされちゃって、いわゆる、途中打ち切りドラマだったりするんです・・・。(←そうなの?)

まあ、私が見るところ、制作費にお金が掛かりすぎたような・・・。(←それは言えるかもね)

60年代のラスベガスをオープンセットで作って、それからその当時の服装から車からってなったら、そりゃお金がいくらあっても足りないですよねぇ・・・。(←そりゃそうだね)



で、物語の内容としましてはこんな感じなんです・・・。(←どんな感じです?)013.gif



1960年代のラスベガス・・・。065.gif

カウボーイから保安官となった実在の人物、デニス・クエイド・・・。(←メグ・ライアンの元旦那ですね)

カジノホテル、サヴォイを仕切るマイケル・チクリス・・・。(←映画「ファンタスティック・フォー」の岩石男の人ですね)

その2人が激しく戦っちゃったりするよ、みたいな話なんです・・・。(←そんな軽い感じなのか?)



まあ、何て言うんですかねぇ・・・。(←何なのですか?)013.gif

ラスベガスという砂漠の街が、振興の名目のためにはギャンブルというものと共存する他なかった背景・・・。

また、ギャンブルが発展するに連れての光と影・・・。

そこで対立する2人の男の生き方・・・。



なんか、そういうちょっと哀愁を帯びたようなテーマを扱いながらも、それでいて、一方では街がどんどん発展していくというコントラスト・・・。(←アメリカ版三丁目の夕日みたいな感じなんですか?)

まあ、こういう雰囲気が実にいい感じなんですよねぇ・・・。(←そうなんだ)

ドラマの本筋としては、「CSI:科学捜査班」の原始版?みたいな事を1話ごとにやっているんだけど、なんか、どうも古臭いというか、非科学的と言いますか、今の現代でこういう感じの捜査を見せつけられると、ちょっと首をひねりたくなるところもあったりするんですが・・・。(←そうなの?)

でも、ちょっと個人的にはお薦めしたいドラマではあったりするんです・・・。(←そうなんだ)



まあ、最後になりますが・・・。(←最後にしてください)008.gif

2020年の東京五輪に向けて日本のカジノ解禁の動きもありまして、いろんなところでギャンブルの是非が語られる昨今なんですが・・・。(←そうですね)

果たして、ギャンブルって何なのですかねぇ・・・。(←何ですかねぇ)

そんな事をつらつら考える今日この頃であったりします・・・。(←で、どうでもいいけど、経済の話はどうなったの?)
[PR]
by amiel2 | 2014-02-16 03:35 | 海外ドラマで経済学

「シングルパパの育児奮闘記」(FOX)、ちょっと最近、好きなんですけどねぇ。そういう人って、いるんですかねぇ。ちなみに、当然、「マイ・ネーム・イズ・アール」も好きでした・・・。


by amiel2