海外ドラマをもっと見ようよ!

amiel2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き ( 4 ) タグの人気記事

今回はですねぇ・・・。(←何なのですか?)013.gif

またまたと言いますか、秋になったらお約束のと言いますか・・・。(←え? 何々?)

「キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き」のシーズン3の最終話の話なんです・・・。(←また、そのドラマの話ですか)

と言うわけで、このドラマのシーズン3を最後まで見た人たちだけで語ろうという事で・・・。(←マジっすか?)

続きはこちらでという事にさせてもらいます・・・。(←え! そんな殺生な!)
[PR]
by amiel2 | 2012-09-26 00:52 | 海外ドラマ
今回はですねぇ・・・。(←何ですか?)013.gif

「キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き」のシーズン2のラストエピソードの話をするとしましょうか・・・。(←そうなんだ)

だから、ここから先はネタバレですから、このドラマのシーズン2を最後まで見た人たちだけで語ろうという事で・・・。(←マジっすか?)

続きはこちらでという事にさせてもらいます・・・。(←え! そんな殺生な!)
[PR]
by amiel2 | 2011-09-18 04:56 | 海外ドラマ
今回はですねぇ・・・。(←何なのですか?)013.gif

「キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き」(Castle)の話なんです・・・。(←ああ、そうなんだ)



このドラマの話は前にココでもしたんですが・・・。(←しましたね)045.gif

あらためて、今回ちょっとだけ・・・。(←お願いします)



このドラマはですねぇ・・・。(←本当、何なのですか?)013.gif

よくよく考えると、教科書通りの作り方と言いますか、実にありがちな作り方と言いますか・・・。(←ネガティブな言い回しですね)

まあ、はっきり言っちゃうと、非常にパターン化されたドラマのような気がするんです・・・。(←そうなの?)



まず、ドラマのタイトルからしてですねぇ・・・。(←タイトル?)013.gif

主人公の名前そのまんまで「Castle」(キャッスル)というのも、なんか、「Poirot」(エルキュール・ポアロ)とか、「Marple」(ミス・マープル)みたいな感じで、安易と言えば安易なタイトルのような気もするし。(←それは言えるね)



だいたいミステリー作家が主人公で殺人事件を解決していく話なんて、海外ドラマでも日本のドラマでも腐るほどあったりしますよねぇ・・・。(←確かにね)

ちなみに私なんかは、こういう系統の推理ドラマを挙げるとすると、まず真っ先に「ジェシカおばさんの事件簿」(Murder,she wrote)を連想してしまったりするんですが・・。(←面白いドラマでしたよね)



そして、主人公キャッスルとタッグを組むのはとびきりの美人刑事で・・・。(←ちょっと刑事にしておくのはもったいないような美人なんですよね)

まあ、この2人でワイワイガヤガヤふざけ合ったり喧嘩したりしながらも、事件を解決していくわけなんですが・・・。(←男と女の微妙な関係も気になるんだよね)

こういうパターンは、古くは「Xファイル」(The X-Files)だったり、最近では「ポーンズ」(Bones)だったりと、本当にこれもありがちな設定だったりしますよね・・・。(←ホント、そうだね)

そして、その美人刑事には悲しい過去があって、その話や謎はシーズンをまたいで続いていくというのもお約束なパターンなんですよねぇ・・・。(←ホント、お約束ですよね)



また、主人公キャッスル自身は離婚していて、高校生の一人娘と住んでいたりするんですが、これもありがちと言えばありがちな設定ですよね・・・。(←ドラマの中ではよく見ますよね)

ちなみに、ここは絶対に「一人娘」であって、「一人息子」ではいけないわけなんです・・・。(←そうなの?)

なぜって、年頃の娘には当然ボーイフレンドができますから、娘の事が心配でヤキモキする父親の絵はドラマにはなくてはならないものなんです・・・。(←そうなんだ)



そして、娘から見ればお祖母さん、ちょっと口うるさくて、Going My Way的?な自分の母親とも同居しているというのも、これもありがち過ぎて鼻で笑っちゃうような設定でありまして・・・。(←ホント、よくあるお母さんのパターンですよね)

当然、主人公が毎回うんざりするシーンが挿入されるわけなんですが、でも、たまに、このお母さんとの何気ない会話が事件解決のヒントになったりもするわけですから、これもなくてはならないアイテム?の一つだったりするわけなんです・・・。(←人を物みたいに言うな!)



まあ、こんな感じで、あれやこれやと本当にありがちな設定を寄せ集めた推理ドラマでありまして・・・。(←そうなんですよねぇ)

ここまで見事にやられると、このドラマをご覧になっていない皆様におかれましては「うーん、何だかなぁ」みたいな感想を持たれるかもしれませんが・・・。(←そうですよ)



いやいや、実はこれで結構なかなか面白かったりするんです・・・。(←え! そうなんだ)005.gif

でも、実際のところで言うと、ドラマとしては「そこそこよく出来ている」程度だと思いますけどね・・・。(←どっちやねん!)
[PR]
by amiel2 | 2011-05-12 05:15 | 海外ドラマ
その62 「キャッスルの話なのだ・・・」029.gif



今回はですねぇ・・・。(←何なのですか?)013.gif

「キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き」の話なんです・・・。(←ああ、そうなんだ)



で、このドラマの内容はと言いますと・・・。(←教えてください)040.gif

ニューヨークに住む推理小説作家のリック・キャッスル(Richard Castle)という男がですねぇ・・・。(←ちょっとチャラッとした男なんですよね)

ある日、自分の小説を模倣した殺人事件が起こった事から捜査協力で美人刑事とコンビを組む事になり・・・。(←へーえ、そうなんだ)

その後もなんだかんだと2人で事件を解決していくというものなんです・・・。(←ああ、そういう話ですか)



まあ、はっきり言って日本の2時間ドラマにもありそうなベタ?なストーリーではあるんですが・・・。(←確かにありがちっす)

暇つぶし程度に見るぐらいなら、ちょうどいい感じかもしれません・・。(←そこまで言いますか?)



で、なぜ私がこのドラマを見ているかというと・・・。(←それは教えてください)040.gif

これはひとえにキャッスルとコンビを組むベケット刑事がとっても美しいので、それだけで見てるだけなんです・・・。(←そんな理由かよ!)



まあ、それはそうと英語の話なんですが・・・。(←その話をしてください)008.gif

今回は「キャッスル」(Castle)という事で「城」です・・・。(←もうちょっとひねってください!)



で、これはNHKの英会話番組「トラッドジャパン」を見ていた時に言ってた事なんですが・・・。(←テレビの受け売りっすね)

日本で城というと、秀吉、家康の時代に作られた巨大な天守や石垣を持つタイプのものを想像しがちなんですが・・・。(←現存するタイプはそれらばかりですからね)

ヨーロッパの城は今も多種多様なものが残っているようです・・・。(←ああ、そうなんだ)

そうすると、当然、言い方もいろいろあって・・・。(←何々?)



石で全体が覆われた要塞なような城は「fortress」・・・。

王の住まいを兼ねた装飾性の強い城は「castle」・・・。

軍事的な機能を持たない宮殿は「palace」・・・。

と言い分ける感じのようですね・・・。(←ああ、そうなんだ)



まあ、「文化」や「歴史」が違うと「概念」も違ってくるという一例でしょうか・・・。(←そうかもしれません)

英語を日本語にする、または日本語を英語にする時に難しいのはこういう概念の違いを当てはめる時のような気がします・・・。(←そりゃ言えるね)

この辺りはその人の持つ「センス」みたいなものが問われるんでしょうね・・・。(←それはちょっと怖い話ですね)



例えば、秀吉が作った様々な「城」を例にとって考えるのなら・・・。(←何々?)013.gif

私なら、墨俣の一夜城は「fortress」や「fort」、巨大な大坂城は「castle」、京都にあった聚楽第なんかは「palace」と表現しそうな気がします・・・。(←うーん、どうなんでしょう?)

まあ、ひと言で「城」と言っても、単に「castle」を使うだけでは能がないという事でしょうか・・・。(←それは言えるわね)
[PR]
by amiel2 | 2010-05-20 18:13 | 超簡単な英語講座

「シングルパパの育児奮闘記」(FOX)、ちょっと最近、好きなんですけどねぇ。そういう人って、いるんですかねぇ。ちなみに、当然、「マイ・ネーム・イズ・アール」も好きでした・・・。


by amiel2