海外ドラマをもっと見ようよ!

amiel2.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

なんか、今回のオープニング・・・。

ケルソーが口を空けてテレビを見ている姿が・・・。

ちょっと、おもしろかったです・・・。



やはり、口を開けっ放しにしてると、アホそうに見えますね・・・。(←まあ、ケルソーは本当のアホなんですが)

でも、人は見かけで判断しますから、私もそんな事がないよう、気をつけようと思った今日この頃だったりするんですが・・・。(←あんたも口を空けてるタイプだったのか?)



と、まあ、そんな話はさておきまして・・・。029.gif

今回も行ってみるとしますかねぇ、70sの第16話目・・・。



第16話 ファーストデート First Date



まずは今回もあらすじから・・・。



エリックは、バレンタインデーの日にドナとレストランで初デートする事に・・・。

一方、レッドとキティ、そしてボブとミッジは、そんな2人を祝して家で食事会・・・。

そんな中、ハイドはある決意を持って、エリックとドナのいるレストランに・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回、別にこれと言ってないんですけどねぇ・・・。015.gif

ただ、初デートのエリックとドナの服装がですねぇ・・・。

まあ、どことなく、やっぱりレトロな感じでしたねぇ・・・。

エリックは、ドナに服装の事を「今晩はキマッているね」と言われていたけど・・・。

うーん、そうなんですかねぇ・・・。(←ネクタイも、ちょっと太いんだよなぁ)

まあ、現代人?の私には、ちょっと分からん感覚だなぁ・・・。(←ひょっとして、これはギャグだったのか?)



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今週は、エリックを写真に撮りまくるキティがおもしろかったです。037.gif



・・・しかし、こんなお母さんも、ちょっと嫌だなぁ。008.gif



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今週のテーマはですねぇ・・・。

「4組のバカップル」って、ところですかねぇ・・・。

まあ、エリックとドナ、ケルソーとジャッキー、レッドとキティ、ボブとミッジなんですが・・・。



でも、バカップルって世間ではいろいろ言われますが・・・。

まあ、いいんじゃないですか・・・。

人に迷惑かけなければねぇ・・・。



・・・って、おいおい、ドナはめちゃくちゃ人に迷惑かけてたじゃん!022.gif



しかし、思うんですが・・・。

好きな女をあきらめる決断時って、一体、どの瞬間なんですかねぇ・・・。

これが案外、人生の中でも、難しい決断のような気もしますけどねぇ・・・。



そう言えば、映画「ローマの休日」の中で、「人生はままならぬもの」ってセリフがありましたねぇ・・・。



ホント、「人生はままならぬもの」なのかもしれないですね・・・。
[PR]
by amiel2 | 2004-07-31 07:33 | ザット70s ショー
最近、ちょっとですねぇ・・・。

ドナの母、ミッジがですねぇ・・・。

ちょっと、バカっぽくて、可愛いというか・・・。

まあ、おもしろいと思う今日この頃なんですが・・・。



しかし、あれですねぇ・・・。008.gif

あのミッジの、スタイル抜群、肌のツヤ、あの歯ならびとか見てたら・・・。

ちょっと、どれだけ、いじってるんですか?・・・。

いやいや、どれだけ、お金かけてるんです?・・・。

と、思わず聞きたくなりますね・・・。



まあ、これこそホントの「人間改造なりきりゲーム」たなぁ、と。(←何のこっちゃ!)

では、そんなこんなの話は置いておきまして、行ってみるとしますかねぇ、70sの第15話目・・・。



第15話 レスリング観戦 The Wrestling Show



まずは今回もあらすじから・・・。



エリックは、父レッドとささいな事から険悪な雰囲気に・・・。

そんな2人を見かねて、母キティが2人一緒にプロレスを見に行くよう提案する・・・。

その頃、ドナの母ミッジはセラピーに通いだすのだが・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回は、やはり、ロッキー・ジョンソンの話・・・。027.gif



ザ・ロックのお父さん、ロッキー・ジョンソンはこの頃のスターだったんですね。

ちなみに、このロッキー・ジョンソンのお父さんも実はプロレスラーなんです。まあ、しかし、凄いですよね、祖父・父・息子と3代に渡って、プロレスラーなんてねぇ・・。

で、今回は、このザ・ロックがお父さんのロッキー・ジョンソンを熱演?であります。



私、実は今回、ザ・ロックがゲスト出演してる事を全く知らずにですねぇ、途中、「あれ、こいつ、ロックに似てるなぁ」と思って見ていたんですが、肩のバッファローのタトゥーを見て、やっと、「あ、やっぱり、ロックだ!」と気づいた次第でありまして・・・。

うーん、普段、ロックをよく見ている人間にとっては、あのカツラは、ちょっと違和感あるなぁ、と・・・。(←ザ・ロックは、やっぱり、頭をキレイに剃ってないとね)



あと、劇中、ロッキー・ジョンソンがミゼット(←小人ですね) たちと戦ってましたが、最近はちょっとなくなったんですが、昔は日本でも、前座に小人プロレスとかよくやってたりしましたね。

ちなみに、昔のプロレスの前座の試合って、おもしろかったんですよ。小人プロレスやコミックレスラーが出てきて、観客を笑わせたりして・・・。

今は、何となく、どのプロレス団体もガチンコ的なものを売りにするところが多いですから、こういうコミックショーみたいなのは減ってるんでしょうね・・・。(←ちょっと寂しいような)



まあ、そういう意味で、プロレスも、やはり、どことなく70年代だなぁ、と今回・・・。



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今週は、グループセラピーで、先生?がキティの告白の後、「みんなに素晴らしい体験をしてもらおう。ではペアになって」と言った瞬間、服を脱ぎだす男たちを見て、ミッジとローリーの手を引いて逃げ出すキティがおもしろかったです。

しかし、何か、こんな団体って、今でも、ちょっとありがちそうなんで、少し怖い気もしますね・・・。



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今回は劇中、これといったシーンはなかったんですが・・・。015.gif

ちょっと、エリック家族の事を少し・・・。



あのー、一家の家長、父親がですね、自分の息子、ましてやひとり息子をですねぇ、厳しくしつけようとするのは、まあ、致し方ないところがあると思うんですよ。

まあ、それは、ある意味、期待の裏返しみたいなところがあるわけだし・・・。

ただ、そのしつけが行き過ぎると思われる時にはですねぇ・・・。

優しいお母さんが、2人の間に入って、とりなしてあげる・・・。

てな感じが、子供にとっては、すごく救いになるんですねぇ・・・。



・・・なんて、今回、ドラマを見ていて、ちょっと思いましたね。043.gif
[PR]
by amiel2 | 2004-07-24 09:18 | ザット70s ショー
しかし、ちょっと、びっくりしたんですが・・・。

ジャッキーとケルソーは今回、初めて・・・・。

○○○○だったんですねぇ・・・。(←何なのですか、一体?)

でも、こうなると、次回からは・・・。

ジャッキーはドナ(←未体験) に、また偉そうに、○○○○のレクチャーするんでしょうな・・・。

そうなると、ドナの○○○○は、逆に遠のきそうな・・・。

で、そうなると、可哀想なのがエリック・・・。

今週もそうだけど、ますますもって、「ツイテナイ君」に・・・。



なんて、どうでもいい話はともかく・・・。029.gif

今週も行ってみましょうかね、70sの第14話目・・・。



第14話 盗難車 Stole Car



まずは今回もあらすじから・・・。



エリックは、車に傷をつけた事から、父レッドに車を取り上げられてしまう・・・。

その頃、ジャッキーとドナは、2人仲良くロストバージンの話を・・・。

一方、車がないので、ケルソーが従兄弟から車を借りてくるのだが・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回は、ドナの父ボブが好きなドラマ、「刑事バレッタ」の話・・・。027.gif

私、「刑事バレッタ」は全く見た事はないのですが、何か、このドラマは、ちょっと前に頻繁に耳にした事があるなぁ、と思って調べてみたら、あのロバート・ブレイク主演のドラマだったんですねぇ・・・。



で、ロバート・ブレイクと言えば、2001年に妻殺害の容疑で逮捕され、今、裁判中ですね・・・。(←しかし、事件の真相は果たしてどうなんでしょうね?)

しかし、70年代には、刑事だった人が、30年後の現在は妻殺しの刑事被告人ですか・・・。

うーん、時の流れとは恐ろしいものですね。(←いやいや、刑事はドラマの話ですから)



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今週は、エリックがつけた車のキズ(←とっても小さなキズなんですけどね) を、じーっと凝視しているレッドに、後ろから忍び寄って来て覗き込むキティが、なんか笑えました。(←どこにキズがあるの? って感じのキティがおもしろかったです)



しかし、あれですねぇ、非常に細かい夫に、小さな事にはとらわれない妻・・・。027.gif

なんか、夫婦って、うまい事できてますねぇ・・・。



ちなみに、私事でなんなんですが、私の家の両親もこんな感じでした・・・。003.gif



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今回は、警官とエリックの会話のシーンで・・・。

警官がエリックに、「フォアマン? 君の父親はレッド・フォアマン?」って聞くシーンがあって、思わず警官がエリックに「クソガキめ」と言うシーンがありましたね・・・。

これって、何なのでしょうね? レッドが昔、悪ガキだったのか、それとも、この警官が昔、レッドに怒られる事でもしたのか・・・。



うーん、全く分かりません・・・。(←「私はこう思う!」じゃないじゃん)022.gif



あと、エピローグで・・・。013.gif

車の中、「映画に行こう」というエリックに対して、みんなが「貯水池に行こう」と言ってましたね・・・。

あのー、この貯水池、前にも話だけは出てきたと思うのですが、果たして、ここには何があるんですかねぇ・・・。

それも、見た感じ、場面は夜なのに・・・。(←暗い中、みんなで何をするのだ?)



うーん、しかし、謎だらけですなぁ、このドラマ・・・。(←だから、「私はこう思う!」じゃないじゃん)



今週のエピソードテーマは・・・。



エリックの父レッドといい、ドナの父ボブといい・・・。

「家族に対して、理解のない父親」てな感じですかねぇ・・・。

しかし、一昔前は、こんな父親だらけだったような気がするんですが、最近は普通の家庭でも、ドラマの中の世界でも、こんなオヤジがめっきりいなくなってますねぇ・・・。

まあ、いいんだか、悪いんだか・・・。008.gif
[PR]
by amiel2 | 2004-07-16 01:17 | ザット70s ショー
エピソードタイトル・・・「弁護士がプロレスラーに挑戦」




なりきりゲームとは、ある人が全く違う職業の人に4週間かけてなりきるゲーム?でありまして、で、4週間後にその道の専門家3人の審査員の前で、その人たちを騙せるかどうかを競うゲームであります。



今回はニューヨークのエリート弁護士、トミー・トーレンがプロレスラーに挑戦の巻であります・・・。(←ちょっと、エリート意識を鼻にかけてる感じの男です)



まず、最初に理解しておかないといけない事は、プロレスは他の格闘技と決定的な違いがあるという事です・・・。



それは「プロレスは相手のワザを受けてやらないといけない」という事なんです・・・。027.gif



普通、格闘技において相手の攻撃を受けるという事は、まず致命的な事なんですが、プロレスに関してはこれは全く当たりません。プロレスとは、自分だけで成立するものではなく、相手と、そして"観客"あっての格闘技なのであります。

だから、このトミーが最初の紹介で、「プロレスなんて八百長だ」というのは、全くプロレスを知らない人間の発する言葉なのであります。

そして、一歩間違えば、死んでしまうかもしれないところで生きている人たちの世界がプロレスなのであり、そのために辛いトレーニングを毎日積んでいる人たちの集まりなのであります・・・。



で、今回、挑戦のトミー・・・。002.gif

この全く格闘技の素養のない人間がたった4週間で、プロレスラーになんかなれるわけはないのであります・・・。(←これははっきり断言します)

ただ、盲点なのは、この「プロレスラー=演出」だと考えると、この自分自身を演出する事こそが、彼がこの挑戦に成功できるたった一つの点だと考えられます・・・。



さて、話を本題に戻しますと・・・。027.gif

この弁護士のトミー、なんと、4週間後には、ヘビー級チャンピオン、ザ・プレデターと試合で戦わないといけないのでありました・・・。(←しかし、無謀な挑戦だな)



まずは、このトミー、挑戦に向かう前のある日、みんなでお別れ?パーティーを開催しているのですが、この会場に、トミーの「プレレスなんて八百長だ」発言をビデオで見た、トレーニングコーチ、ハードコア・キッドがいきなりの乱入であります。(←演出がプロレス的です)



さあ、そんな生意気トミーが、いざ、UPWの本拠、ロサンゼルスに出発であります。

そして、ハードコア・キッドの家に同居であります。(←ちょっと怖いな)



次の日の朝、早朝から栄養士?がやってきます。まあ、栄養士と言っても、元レスラーの大男なんですけどね。

まあ、レスラーの体を作るには、食事はかかせないですからね。(←しかし、作ってるメシ、不味そう)



さあ、食事の後は特訓開始です・・・。027.gif

スクワットから始まりまして、腕立て、ベンチプレスと基礎体力作りなんですが、これが、普段、こんな事をやってない人間には、殊更、辛いんです。(←まあ、こたえるでしょうな)



そして、特訓と平行して大事なのは、このトミーのキャラクター作りであります。

まずは、ハイスクール・レスラー(←高校のレスリング部) な感じにしようとしますが、まあ、失敗であります。(←弱々しすぎます)



その後、キャラクター作りのために、トミーは演技指導のコーチと動物園に行きます。

で、まずはトミーの中に眠る「内なる獣」を呼び覚ますため、チンパンジーのオリの前で、チンパンジーのモノマネ特訓であります。(←そんな事で「内なる獣」が呼び覚まされるのか?)



・・・しかし、この特訓も、あまりの過熱ぶりに、警備員がやってきて、ジ・エンドでありました。(←はっきり言って、迷惑なんです)



そして、また、練習場に戻り、まずはスパーリングであります。しかし、相手は、なんと、UPW女子チャンピオンでありました。



・・・いやあ、女と言えども、強い、強い。(←トミーが弱すぎるのか?) 037.gif



さあ、そんな女子チャンピオンに簡単に押さえ込まれてるところに、助け舟を出したのが、UPWヘビー級チャンピオン、トム・ハワードなのであります。(←この人も、コーチの一員であります)



この後、トミー、ハードコア・このトム・ハワードと3人で食事に行くのですが、ここでも裸になってのチョップの特訓が始まってしまいます。(←まわりの人に迷惑なんです)



そして、さらに特訓の続く毎日なんですが・・・。027.gif

とうとう、このトミー、腰を痛めてしまいます・・・。(←まあ、素人がいきなり、こんな事をやるとねぇ)



ああ、企画中止の大ピンチ!!!005.gif



だが、病院に行くものの、軽症のようでした・・・。(←良かった、良かった) 042.gif



そして、本人のキャラクター作りは、最終的に、異常なサイコパス、脱獄囚の「サイコT」に決定であります。(←一応、ヒールレスラーという設定です)

そして、キャラクター作りをより自分のものにするために、普段の生活から、オレンジ色の囚人服を着て生活するトミーでありました・・・。

ちなみに、この後、「サイコT」は、ゴミ出しにもこのままで行ってしまい、近所の奥さんから警察に通報されてしまいます・・・。(←そりゃ、するわな)



さあ、最終試験前の予行練習として、日曜日のノミの市の会場で、初の試合出場であります・・・。(←客30人ぐらいだったようです)



・・・しかし、客からは不評の嵐でありました。(←まあ、そうでしょうな)044.gif



そして、最終試験に向け、役になりきるため、なんと、マレット・ヘア(←後ろ髪をつけ毛です) にして、いざ、本番に向かうトミーでありました・・・。



・・・さあ、果たして、この生意気トミーは、たった4週間で見事、プロの審査員を欺く事ができるのでしょうか。





しかし、今回、なぜ、このエリート弁護士が、プロレスラーに挑戦なのか、イマイチ、よく分からんかったというのが、本当の感想なんですけどね・・・。
[PR]
by amiel2 | 2004-07-13 02:15 | なりきりゲーム
今週は、ちょっと驚いた事に・・・。

ドナとハイドのキスシーンがありましたね・・・。(←まあ、無理やり気味でしたが)

しかし、思うんですが・・・。

前回のクリスマスのエピソードで何もなかったのに・・・。(←ドナとハイドにね)

今回、いきなり、そんな話ですか・・・。(←今回かよ!)



うーん、ことごとく、私の予想がはずれていく結果に終わってますね・・・。044.gif



別にいいっすけどね・・・。044.gif



ま、今回もどうせ予想したところで、ハズレると思いますが・・・。(←なげやりだな)

行ってみるとしますかねぇ、70sの第13話目・・・。



第13話 スキーツアー Ski Trip



まずは今回もあらすじから・・・。



エリックたちはスキーをするため、ジャッキーの両親が所有する山小屋に向けて、いざ出発・・・。

だが、そんな中、1人ケルソーだけはジャッキーに浮気がばれて、置いてきぼりに・・・。

そして、山小屋についたエリックたちにも、ある大事件が・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



この「ザット'70s ショー」も、今回から1977年に突入しました・・・。



日本で1977年と言えば・・・。027.gif



日航機ハイジャック事件や青酸コーラ事件があったり、今のダイエー王監督が通算本塁打756号を達成したり、今クール放送のドラマ「人間の証明」の映画が公開された年ですね・・・。



・・・うーん、時代を感じるなぁ。(←何のこっちゃ!)042.gif



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



パム・メイシーという女の子とキスした事がジャッキーにばれて、1人置いてきぼりになったケルソーに、「昔、レッドにもそんな事があって許してあげたのよ」と優しく言ってあげるキティだったんですが・・・。



言った後、当時の思いが突然、こみあげてきたのか・・・。026.gif



当然、不機嫌になりだしましたね・・・。022.gif



その後、甘い夜を過ごそうと待ち構えてるレッドを尻目に、怒って階段を上って行くキティが、ちょっとおもしろかったです。



ま、レッドが悪いんだけど、突然、20年前の事を言われてもねぇ・・・。042.gif



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今回、ケルソーのヒッチハイクしたトラック運転手・・・。008.gif

あれ、何なんですかねぇ、ただ、人のいいおじさんなのか、ゲイなのか、イマイチ、よく分からんですねぇ・・・。

ケルソーが「男同士の関係は特別だよ」と言った言葉に、「美しい世界だよ」と陶酔気味な感じで反応してた事から、やっぱり、ゲイだったのかな、このオジサン・・・。

うーん、やっぱり、イマイチ、分かりにくいですね、このシーン・・・。



今回のエピソードテーマは・・・。

ジャッキー、キティ、ドナと、「怒る女たち」・・・。

そして、このどれもが、恋人がいるのにキスしてしまった事が発端となっています・・・。



しかし、人が人を好きだという感情って、一体、何なのでしょうね・・・。

こんなに辛いのなら、好きになんかならなければよかったのに・・・。

でも、やっぱり、好きになってしまうんですねぇ・・・。
[PR]
by amiel2 | 2004-07-10 14:28 | ザット70s ショー
エピソードタイトル・・・「宅配ピザ屋が一流シェフに挑戦」




なりきりゲームとは、ある人が全く違う職業の人に4週間かけてなりきるゲーム?でありまして、で、4週間後にその道の専門家3人の審査員の前で、その人たちを騙せるかどうかを競うゲームであります。



今回はシアトルに住むピザ屋の店員ブライアン君が、ニューヨークの有名レストランにてシェフに挑戦の巻であります。



このブライアン君、ピアスだらけの、タトゥーも好きの・・・。008.gif

まあ、誰が見ても、絶対、頭が良さそうには見えない人間です。はっきり言っちゃって、ただのバカであります・・・。(←人は良さそうなんですけどね)



特に、鼻のピアスというか鼻輪がねぇ・・・。(←あれはどうやってつけるんでしょうか?)



やっぱり、どう見ても、「絶対、こいつ、バカ・・・」と、心の中で思わさずにはおれない人物です・・・。(←何度も説明はいりません)

ちなみに、私が、過去、この「なりきりゲーム」を見てきた中では間違いなく、一番バカな挑戦者のような気がします。(←駄目押しの説明はいりません)



さあ、そんなブライアン君が、意気揚々とニューヨークでホームステイするシェフ(←ケリー) のお宅にやってくるのですが・・・。



家に着いたとたん、夕食を作ってみろと言われてしまいます・・・。027.gif



しかし、これがいつまで経ってもできないんですね・・・。(←2時間経ってもできなかったようです)



さあ、次の日、まずは最初の取っ掛かりとして、ケリーはブライアン君に、一流レストランというものを体験させようとします。

そこで、レストラン前で待つケリーであったんですが・・・。

向こうから歩いてくるブライアン君を見てびっくり仰天してしまいます・・・。(←私もびっくりしました)



ブライアン君によると、一番いい服を着てきたようなのですが・・・。029.gif

まあ、どう言ったらいいんですかねぇ・・・。

茶色のシャツに短いズボン、そして、どでかいブーツ・・・。

と、まるで今から昆虫採集でも行くような格好です・・・。(←一流レストランに行くんですよ!)



・・・しかし、こいつ、いやいや、ブライアン君、シェフとか料理とか言う前に、まずは一般常識を学ばないといけないようです。(←大丈夫か、こいつ)



まあ、そんな事を言っててもしょうがないので、このなりきりゲーム恒例の、まずは髪のカットから始まりまして、ユニホームの新調であります。(←鼻ピアスも当然、はずします)



そして、彼はこれから4週間で、3品の料理の作り方をマスターしなければいけないのであります。(←3品と言っても、かなり高度な料理です)

ああ、そうそう、ちなみに彼は料理の素養は全くといっていいほどありません・・・。

なんせ、彼の得意料理はですねぇ・・・。(←料理なのか?という話も)

フライパンを温めまして・・・。

そこにバターを置きまして・・・。

食パン一切れの真ん中を手でくりぬきまして・・・。

それをフライパンにのせまして・・・。

その食パンの空いた穴に、生卵を落とす・・・。



というものです・・・。(←でも、何だか美味そうだな。今度作ってみようっと!) 029.gif



ああ、脱線しました。本題に戻ります・・・。027.gif



さあ、そんなブライアン君にケリーが用意したとっておきの実践経験トレーニングとは・・・。



ある料理コンテストへの出場です・・・。(←まあ、場所はYMCAなんですが)



そして、当然、ブライアン君の相手はそこの子供たちであります・・・。(←まあ、子供たち相手なら、ブライアン君もなんとかね)



・・・しかし、あえなく、惨敗であります。(←おいおい!)008.gif



その傷も癒えないまま、レストランに帰り、突然、厨房全体の指揮をとるように言われるのですが、ここでもちょっと逆ギレ気味にノックアウトのブライアン君でありました。(←もともと、この設定に無理があります)

そして、この状況を見ていた演技コーチのアリからは「君が弱さを克服し成長しない限り、この挑戦は失敗に終わります」と言われてしまいます・・・。(←そりゃ、言われるよな)



物語も中盤に進みますと、ブライアン君はマーカスという若き天才シェフの下に修行しに行く事になります・・・。



そして、行く途中、何を思ったのか車を止めて、またまた鼻ピアスをつけだします・・・。(←おいおい、またつけるのかよ!)


理由は、マーカスは自分と同じく歳が若いので、自分の価値観を分かってくれる、との事らしいです・・・。(←しかし、人の価値観とは不思議なものですね)



で、ブライアン君と会ったマーカスはどうだったかというと・・・。027.gif

彼を見たとたん、「ウエイターか皿洗いをやってくれ」と怒りだしてしまいます。

理由は、そんなものをつけてるヤツを厨房に入れるわけにはいかない、との事のようです。(←やっぱり、非常に考えが甘いんです、ブライアン君)



さあ、そんなこんなのいざこざもありましたけど、マーカスから料理の芸術的な盛り付け方の特訓を受けるブライアン君であります。

で、ここで若き天才シェフ、マーカスが語る事には、料理の盛り付けは好きな画家を参考にしろとの事でした。(←うーん、料理とは、かくも深きものなんですねぇ)



・・・しかし、ブライアン君に好きな画家なんてあるのかという話もありますが。027.gif



そして、だんだんと日が経つにつれ、厳しいマーカスの修行に次第に弱音をあげるブライアン君だったんですが・・・。(←まあ、このへんがちょっと、へなちょこなんですね)



ああ、ブライアン君、最大のピンチ!!!008.gif



・・・でも、なんと、こいつ、気分転換のダンスで自信を取り戻します。(←ちょっと単純なんだよなぁ、この男)



さあ、最後の一週間はケリーの店にもどり、本番さながらチームを作っての特訓であります。(←料理コンテストはチームを作り、ブライアン君が指揮をとる形になります)

そこでケリーは友人のシェフ連中を呼んで、コンテストのリハーサルをするのですが、結局、シェフ連中から酷評の嵐で終わってしまいます。(←がんばれ、バカ・・・いやいや、ブライアン君!)



さあ、そして、とうとう、本番前日・・・。027.gif

やはり、この日もコーチ陣を前に予行演習であります・・・。

しかし、ブライアン君は緊張のため、とうとう逆ギレ、ついにはコーチ陣に対しても厨房から出ていってくれ、と言う始末・・・。(←ああ、こいつ、どこまで行っても、やっばりバカ!)



しかし、そんなブライアン君に、ケリーコーチは本番で着るイニシャル入りのシェフジャケットを贈って励まします・・・。(←ちょっといいシーンであります)



ちなみに、本番メニューは、フォアグラ・ガナッシュ、イワナ料理、チョコレートスフレの3品であります・・・。(←本格的ですよ)



・・・さあ、果たして、ブライアン君は、たった4週間で見事、プロの審査員を欺く事ができるのでしょうか。





後日談ではありますが・・・。027.gif

この挑戦後、このブライアン君、地元シアトルに戻り、調理専門学校に通うようになったそうです・・・。



まあ、人は変われば、変わるものなのかもしれないですね・・・。005.gif
[PR]
by amiel2 | 2004-07-08 00:06 | なりきりゲーム
なんか、今から2ヶ月ぐらい前にですねぇ・・・。

全日空の機長がですねぇ・・・。

運航中に居眠りをしてたという事件?がありましたよねぇ・・・。(←乗客147人だったらしい)



この機長、今、どうしているんですかねぇ・・・。

ひょっとして、もう、通常の運航業務やってるんですかねぇ・・・。(←なんだかなぁ)

うーん、どうも納得がいかんですねぇ・・・。(←納得いかないよねぇ?)



まあ、人間は間違いやミスをする動物である・・・。022.gif



とはいえ、一度、乗客となって空の人となってしまうと、こういう人に命を託すというのはちょっとねぇ・・・。(←怖いよね?)



うーん、やっぱり、ちょっと嫌だなぁ。(←嫌だよねぇ?)022.gif

たった一度(←本当にこの時だけなのか?) とはいえ、こういう人が機長の飛行機に乗るのはねぇ・・・。



と言うか、みんな高い金払って飛行機に乗るんだから・・・。022.gif



私は声を大にして言いたい!!!(←何を、ですか?)022.gif



もっと、命をかけろ、パイロット!!!033.gif



・・・と、そんな話はさておきまして。(←またまた、長い前置きだなぁ)



今回は、海外ドラマの打ち切りの話・・・。



海外ドラマ、まあ、アメリカのドラマの話なんですが・・・。

このアメリカのドラマって、実にクールというかドライというか、視聴率が悪かったら、即打ち切りになる事も珍しくなく、視聴者が置いてきぼりになるケースが多々ありますよね。

で、最近は、インターネットであちらの方のニュースでもどんどん入ってくるから・・・。



デビッド・E・ケリーが新ドラマを製作!!!005.gif



なんてニュースが流れてきて、「ああ、楽しみだなぁ。いつ日本に来るんだろうか?」なんて思っているのに・・・。

いつまで経っても、いっこうにウンともスンとも言ってこないから、「あれあれ?」なんて感じで調べてみると・・・。

案の定、いつの間にか打ち切りになってたりするんですよねぇ・・・。(←それもたった数回で)

でも、個人的には、デビッド・E・ケリーの打ち切りドラマって、逆にどんなにひどいのか、「見てみてぇ!」と思ってしまうのは、私だけじゃないはず・・・。



でも、あれなんですよねぇ・・・。(←何なのですか?)

例え、視聴率が悪かったとしても、それは世間一般の評価?であって、結構、個人的には好きだったのになぁ、なんてドラマがあったりしますよねぇ。(←そんなドラマって誰にもありますよね?)



でも、まあ、やっぱり、海外ドラマは続かないと話にならないから、前半にそれなりの力の入れ方というのがいるんでしょうね・・・。

ちょっと競馬の馬に例えると、絶対に「先行逃げ切り馬」でないと駄目なんですよねぇ。まあ、どんどんレース開始から突っ走る馬でないとねぇ・・・。

逆に、「追い込み馬」(←まあ、後半から追い上げる馬です) だと、途中で、レースが終わっちゃいますからね。(←打ち切りって事です)

でも、結構、「追い込み馬」にはロマンが感じられて、非常に好きなんですけどねぇ、このタイプ・・・。(←って、それはあんたの競馬の話でしょ!)



で、見事、先行逃げ切り馬の優良?ドラマだけが、その年、最後の有馬記念・・・。(←離れましょう、競馬の話から)



・・・いやいや、ゴールデン・グローブ賞なりエミー賞に進めるんですね。



ああ、でも、ちょっと脱線しますけど、いっその事、その年一番の女主人公ドラマを戦わせる賞レースとかあったら、おもしろいと思いません?



名づけて、「エリザベス女王杯」・・・。(←それは主演女優賞でいいんじゃない?)



とまあ、そんなこんなの脱線から、本題に戻りまして・・・。(←戻ってください)



海外ドラマって、やっぱり、1話目からガンガン飛ばしていかないといけないんですよねぇ。(←視聴者に対しても、スポンサーに対してもね)



まあ、初回放送で全てが決まると言っても過言ではないですからね・・・。(←海外ドラマは特にそうだよね)



ああ、ちなみに、海外ドラマの第1話目は総じて、「pilot」と言います・・・。



で、私は、あらゆる海外ドラマに、こう言いたい!



もっと、命をかけろ、パイロット!!!033.gif



・・・って、今回のオチは、さすがに読めた人が多かったでしょうね。042.gif
[PR]
by amiel2 | 2004-07-03 07:02 | 海外ドラマ
まあ、なんというんですかねぇ・・・。

アメリカドラマのクリスマスエピソードというものは・・・。

ラストは大抵、恋人同士がヤドリギの下でキスをするというのがお決まりのパターンなんですが・・・。(←今回、この感じを想像してたんですけどねぇ)



まあ、私の予想としては、本命はエリックとドナ・・・。029.gif

対抗として、ケルソーとジャッキー・・・。

そして大穴として、ハイドとドナだったら、ちょっとおもしろいなぁ・・・。

なんて、考えていたんですが・・・。



ラストのヤドリギネタは、レッドとボブでしたね・・・。(←おいおい、気持ち悪いぞ!)



うーん、さすが、このドラマ、私の予想をことごとく裏切ってくれます・・・。(←もう予想するのはやめてください)



まあ、こんな事をグダグダ言ってても仕方ないので、行ってみるとしますかね、70sの第12話目・・・。



第12話 最高のクリスマス The Best Christmas Ever



まずは今回もあらすじから・・・。



エリックたちは、地下室で子供たちだけのクリスマスパーティーを開く事に・・・。

そんな中、1人、ドナにあげるプレゼントに頭を悩ますハイドの姿が・・・。

さあ、果たして、ハイドのプレゼントはドナに気に入ってもらえるのでしょうか・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回はですねぇ・・・。001.gif

クリスマスの夜、ボブの電気店内で「ポンゲーム」に熱中するレッドとケルソーですかね・・・。



えー、まあ、この「ザット'70s ショー」の話の合い間にも、CGでちょくちょく出てくるお馴染みのボンゲームなんですが・・・。

このゲーム、家庭用ゲーム機器の最初のブームを作った、まあ、伝説のゲームなのであります。

で、調べると、このポンゲームは、このドラマ設定の1年前のクリスマスには、全米中でこのゲームを買いたい人が行列をなして、まさにクリスマスの主役を演じるプレゼントだったようです・・・。

そして、それから1年後、まだまだブームの最中であったとはいえ、男2人がクリスマスの夜に熱中するサマは、何だかちょっと寂しい感じがしますね・・・。



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



キティは、パーティーというかイベントになると、だいたいテンションが2割増しぐらいになるんですが・・・。(←当社調べです)

今回は、義理の母、バーニスがいる事もあって、テンションが2割ぐらい下がってたんじゃないかなぁ、と・・・。(←これまた、当社調べです)



うーん、だから、結局、いつもと同じテンションのキティだったような・・・。042.gif

ちょっとクリスマスだけに、キティのテンションが爆発するのを期待してたんですけどねぇ・・・。



でも、結局、ところどころ、おもしろかったですな、キティ。(←何のこっちゃ!)



では、最後に「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今回は2つのシーン・・・。



まずは、エリックたちが飲むパンチにラム酒をビン1本まるごと注ぐエリックのお姉さんだったんですが・・・。

これって、やっばり、エリックたちがこの酒入りパンチを飲んで問題を起こし、レッドにしかられるように仕組んだと見るのが妥当なんでしょうね・・・。

うーん、そう考えると、このお姉さんも相当なもんですねぇ・・・。



しかし、この姉弟は、どうしてこうも仲が悪いんですかねぇ。この謎が解けるエピソードは果たしてあるのでしょうか・・・。(←やっぱり、何らかの理由はあるんでしょう)



そして、もう1つのシーン・・・。



レッドが電気店での勤めを終え、ボブに今日売れたものを告げるシーンで・・・。



「ホットカーラーとテレビゲーム(←ポンゲーム) が売れた」と言ってるんですが、まあ、ホットカーラーはケルソーが買ったものだとすぐ分かりますが、このテレビゲームとは、あのケルソーとやってたゲームの事なんじゃないですかね? 

まあ、あまりの寂しさ?に、店の商品の梱包を解いて(←買った事にして) 、遊んでしまったというふうに想像するんですが・・・。(←レッドの苦虫を潰したような顔がなんとなくそういう感じを漂わせています)

うーん、そう考えると、ボブのアホな考えにのせられて、クリスマスの夜に店番させられるレッドも、何だか可哀想な話ですよねぇ・・・。(←レッドは真面目人間だけに、余計に哀愁を誘うんですよねぇ)



・・・とまあ、こんなどうでもいい話はさておきまして、では、今回の本題に行ってみましょうかねぇ。(←あなた、絶対、脱線しますよね?)



えー、今回はですねぇ・・・。053.gif

プレゼントの話です・・・。

それも、ただのプレゼントの話ではなく・・・。

好きな人にあげるプレゼントの話・・・。



劇中、ドナにあげるプレゼントにあれこれ思案するハイドだったんですが・・・。016.gif

でも、どうして、好きな人にあげるプレゼントって、こうも難しいものなんですかねぇ・・・。(←まあ、誰でもこんな経験、一度はありますよね?)



えー、これはですねぇ、実は心理学的に言いますと、「プレゼント」=「自分自身」なのであります。



だから、好きな人にプレゼントを気に入ってもらいたいというよりも、好きな人に自分自身を受け入れてほしいという願望の表れなんですね。

つまり、逆に言うと、プレゼントを気に入ってもらえないという事は、自分自身が好きな人に拒絶されるという事ですから、これほど辛くて怖い事はないわけです。(←だから、ある種の強迫観念に人は襲われるんですね)



まあ、自分自身を受け入れてほしいと思うからこそ、こう言ってはなんですが、たかがプレゼントごときに、あれこれ思い悩んでしまうんですね・・・。(←まあ、本人にとっては、たかがプレゼントごときでは全然ないんですが)



ハイドは、いろいろ考えたあげく、結局、子供の頃、ドナと一緒に撮った写真を入れた写真立てを渡しました・・・。

一方、エリックがドナにあげたプレゼントは、ドナの好きな香水でした・・・。



お金があれば何でも買える・・・。029.gif

でも、お金で買えないものもある・・・。

それは「人の心」です・・・。



と、昔、言った人がいたとか、いないとか・・・。038.gif



総額6ドルだけど、一生懸命考えた贈り物・・・。053.gif



それよりもはるかに値のはる香水だけど、結局、それだけでしかない贈り物・・・。054.gif



はてさて、ドナの心をとらえた贈り物はどちらだったんでしょうか・・・。016.gif



ああ、そうそう、いろいろ心理学の話をしましたが・・・。034.gif



私、全くと言っていいほど、心理学の素養はありません・・・。027.gif



当然、この上の文章も、私の思い込みで書いております・・・。027.gif



だって、このコーナー・・・。003.gif



「私はこう思う!」ですから・・・。058.gif



そう、私が思った事を書いたまでですから・・・。(←あんた、つくづく、いいかげんだな!)
[PR]
by amiel2 | 2004-07-02 18:47 | ザット70s ショー

「シングルパパの育児奮闘記」(FOX)、ちょっと最近、好きなんですけどねぇ。そういう人って、いるんですかねぇ。ちなみに、当然、「マイ・ネーム・イズ・アール」も好きでした・・・。


by amiel2