海外ドラマをもっと見ようよ!

amiel2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:なりきりゲーム( 7 )

エピソードタイトル・・・「弁護士がプロレスラーに挑戦」




なりきりゲームとは、ある人が全く違う職業の人に4週間かけてなりきるゲーム?でありまして、で、4週間後にその道の専門家3人の審査員の前で、その人たちを騙せるかどうかを競うゲームであります。



今回はニューヨークのエリート弁護士、トミー・トーレンがプロレスラーに挑戦の巻であります・・・。(←ちょっと、エリート意識を鼻にかけてる感じの男です)



まず、最初に理解しておかないといけない事は、プロレスは他の格闘技と決定的な違いがあるという事です・・・。



それは「プロレスは相手のワザを受けてやらないといけない」という事なんです・・・。027.gif



普通、格闘技において相手の攻撃を受けるという事は、まず致命的な事なんですが、プロレスに関してはこれは全く当たりません。プロレスとは、自分だけで成立するものではなく、相手と、そして"観客"あっての格闘技なのであります。

だから、このトミーが最初の紹介で、「プロレスなんて八百長だ」というのは、全くプロレスを知らない人間の発する言葉なのであります。

そして、一歩間違えば、死んでしまうかもしれないところで生きている人たちの世界がプロレスなのであり、そのために辛いトレーニングを毎日積んでいる人たちの集まりなのであります・・・。



で、今回、挑戦のトミー・・・。002.gif

この全く格闘技の素養のない人間がたった4週間で、プロレスラーになんかなれるわけはないのであります・・・。(←これははっきり断言します)

ただ、盲点なのは、この「プロレスラー=演出」だと考えると、この自分自身を演出する事こそが、彼がこの挑戦に成功できるたった一つの点だと考えられます・・・。



さて、話を本題に戻しますと・・・。027.gif

この弁護士のトミー、なんと、4週間後には、ヘビー級チャンピオン、ザ・プレデターと試合で戦わないといけないのでありました・・・。(←しかし、無謀な挑戦だな)



まずは、このトミー、挑戦に向かう前のある日、みんなでお別れ?パーティーを開催しているのですが、この会場に、トミーの「プレレスなんて八百長だ」発言をビデオで見た、トレーニングコーチ、ハードコア・キッドがいきなりの乱入であります。(←演出がプロレス的です)



さあ、そんな生意気トミーが、いざ、UPWの本拠、ロサンゼルスに出発であります。

そして、ハードコア・キッドの家に同居であります。(←ちょっと怖いな)



次の日の朝、早朝から栄養士?がやってきます。まあ、栄養士と言っても、元レスラーの大男なんですけどね。

まあ、レスラーの体を作るには、食事はかかせないですからね。(←しかし、作ってるメシ、不味そう)



さあ、食事の後は特訓開始です・・・。027.gif

スクワットから始まりまして、腕立て、ベンチプレスと基礎体力作りなんですが、これが、普段、こんな事をやってない人間には、殊更、辛いんです。(←まあ、こたえるでしょうな)



そして、特訓と平行して大事なのは、このトミーのキャラクター作りであります。

まずは、ハイスクール・レスラー(←高校のレスリング部) な感じにしようとしますが、まあ、失敗であります。(←弱々しすぎます)



その後、キャラクター作りのために、トミーは演技指導のコーチと動物園に行きます。

で、まずはトミーの中に眠る「内なる獣」を呼び覚ますため、チンパンジーのオリの前で、チンパンジーのモノマネ特訓であります。(←そんな事で「内なる獣」が呼び覚まされるのか?)



・・・しかし、この特訓も、あまりの過熱ぶりに、警備員がやってきて、ジ・エンドでありました。(←はっきり言って、迷惑なんです)



そして、また、練習場に戻り、まずはスパーリングであります。しかし、相手は、なんと、UPW女子チャンピオンでありました。



・・・いやあ、女と言えども、強い、強い。(←トミーが弱すぎるのか?) 037.gif



さあ、そんな女子チャンピオンに簡単に押さえ込まれてるところに、助け舟を出したのが、UPWヘビー級チャンピオン、トム・ハワードなのであります。(←この人も、コーチの一員であります)



この後、トミー、ハードコア・このトム・ハワードと3人で食事に行くのですが、ここでも裸になってのチョップの特訓が始まってしまいます。(←まわりの人に迷惑なんです)



そして、さらに特訓の続く毎日なんですが・・・。027.gif

とうとう、このトミー、腰を痛めてしまいます・・・。(←まあ、素人がいきなり、こんな事をやるとねぇ)



ああ、企画中止の大ピンチ!!!005.gif



だが、病院に行くものの、軽症のようでした・・・。(←良かった、良かった) 042.gif



そして、本人のキャラクター作りは、最終的に、異常なサイコパス、脱獄囚の「サイコT」に決定であります。(←一応、ヒールレスラーという設定です)

そして、キャラクター作りをより自分のものにするために、普段の生活から、オレンジ色の囚人服を着て生活するトミーでありました・・・。

ちなみに、この後、「サイコT」は、ゴミ出しにもこのままで行ってしまい、近所の奥さんから警察に通報されてしまいます・・・。(←そりゃ、するわな)



さあ、最終試験前の予行練習として、日曜日のノミの市の会場で、初の試合出場であります・・・。(←客30人ぐらいだったようです)



・・・しかし、客からは不評の嵐でありました。(←まあ、そうでしょうな)044.gif



そして、最終試験に向け、役になりきるため、なんと、マレット・ヘア(←後ろ髪をつけ毛です) にして、いざ、本番に向かうトミーでありました・・・。



・・・さあ、果たして、この生意気トミーは、たった4週間で見事、プロの審査員を欺く事ができるのでしょうか。





しかし、今回、なぜ、このエリート弁護士が、プロレスラーに挑戦なのか、イマイチ、よく分からんかったというのが、本当の感想なんですけどね・・・。
[PR]
by amiel2 | 2004-07-13 02:15 | なりきりゲーム
エピソードタイトル・・・「宅配ピザ屋が一流シェフに挑戦」




なりきりゲームとは、ある人が全く違う職業の人に4週間かけてなりきるゲーム?でありまして、で、4週間後にその道の専門家3人の審査員の前で、その人たちを騙せるかどうかを競うゲームであります。



今回はシアトルに住むピザ屋の店員ブライアン君が、ニューヨークの有名レストランにてシェフに挑戦の巻であります。



このブライアン君、ピアスだらけの、タトゥーも好きの・・・。008.gif

まあ、誰が見ても、絶対、頭が良さそうには見えない人間です。はっきり言っちゃって、ただのバカであります・・・。(←人は良さそうなんですけどね)



特に、鼻のピアスというか鼻輪がねぇ・・・。(←あれはどうやってつけるんでしょうか?)



やっぱり、どう見ても、「絶対、こいつ、バカ・・・」と、心の中で思わさずにはおれない人物です・・・。(←何度も説明はいりません)

ちなみに、私が、過去、この「なりきりゲーム」を見てきた中では間違いなく、一番バカな挑戦者のような気がします。(←駄目押しの説明はいりません)



さあ、そんなブライアン君が、意気揚々とニューヨークでホームステイするシェフ(←ケリー) のお宅にやってくるのですが・・・。



家に着いたとたん、夕食を作ってみろと言われてしまいます・・・。027.gif



しかし、これがいつまで経ってもできないんですね・・・。(←2時間経ってもできなかったようです)



さあ、次の日、まずは最初の取っ掛かりとして、ケリーはブライアン君に、一流レストランというものを体験させようとします。

そこで、レストラン前で待つケリーであったんですが・・・。

向こうから歩いてくるブライアン君を見てびっくり仰天してしまいます・・・。(←私もびっくりしました)



ブライアン君によると、一番いい服を着てきたようなのですが・・・。029.gif

まあ、どう言ったらいいんですかねぇ・・・。

茶色のシャツに短いズボン、そして、どでかいブーツ・・・。

と、まるで今から昆虫採集でも行くような格好です・・・。(←一流レストランに行くんですよ!)



・・・しかし、こいつ、いやいや、ブライアン君、シェフとか料理とか言う前に、まずは一般常識を学ばないといけないようです。(←大丈夫か、こいつ)



まあ、そんな事を言っててもしょうがないので、このなりきりゲーム恒例の、まずは髪のカットから始まりまして、ユニホームの新調であります。(←鼻ピアスも当然、はずします)



そして、彼はこれから4週間で、3品の料理の作り方をマスターしなければいけないのであります。(←3品と言っても、かなり高度な料理です)

ああ、そうそう、ちなみに彼は料理の素養は全くといっていいほどありません・・・。

なんせ、彼の得意料理はですねぇ・・・。(←料理なのか?という話も)

フライパンを温めまして・・・。

そこにバターを置きまして・・・。

食パン一切れの真ん中を手でくりぬきまして・・・。

それをフライパンにのせまして・・・。

その食パンの空いた穴に、生卵を落とす・・・。



というものです・・・。(←でも、何だか美味そうだな。今度作ってみようっと!) 029.gif



ああ、脱線しました。本題に戻ります・・・。027.gif



さあ、そんなブライアン君にケリーが用意したとっておきの実践経験トレーニングとは・・・。



ある料理コンテストへの出場です・・・。(←まあ、場所はYMCAなんですが)



そして、当然、ブライアン君の相手はそこの子供たちであります・・・。(←まあ、子供たち相手なら、ブライアン君もなんとかね)



・・・しかし、あえなく、惨敗であります。(←おいおい!)008.gif



その傷も癒えないまま、レストランに帰り、突然、厨房全体の指揮をとるように言われるのですが、ここでもちょっと逆ギレ気味にノックアウトのブライアン君でありました。(←もともと、この設定に無理があります)

そして、この状況を見ていた演技コーチのアリからは「君が弱さを克服し成長しない限り、この挑戦は失敗に終わります」と言われてしまいます・・・。(←そりゃ、言われるよな)



物語も中盤に進みますと、ブライアン君はマーカスという若き天才シェフの下に修行しに行く事になります・・・。



そして、行く途中、何を思ったのか車を止めて、またまた鼻ピアスをつけだします・・・。(←おいおい、またつけるのかよ!)


理由は、マーカスは自分と同じく歳が若いので、自分の価値観を分かってくれる、との事らしいです・・・。(←しかし、人の価値観とは不思議なものですね)



で、ブライアン君と会ったマーカスはどうだったかというと・・・。027.gif

彼を見たとたん、「ウエイターか皿洗いをやってくれ」と怒りだしてしまいます。

理由は、そんなものをつけてるヤツを厨房に入れるわけにはいかない、との事のようです。(←やっぱり、非常に考えが甘いんです、ブライアン君)



さあ、そんなこんなのいざこざもありましたけど、マーカスから料理の芸術的な盛り付け方の特訓を受けるブライアン君であります。

で、ここで若き天才シェフ、マーカスが語る事には、料理の盛り付けは好きな画家を参考にしろとの事でした。(←うーん、料理とは、かくも深きものなんですねぇ)



・・・しかし、ブライアン君に好きな画家なんてあるのかという話もありますが。027.gif



そして、だんだんと日が経つにつれ、厳しいマーカスの修行に次第に弱音をあげるブライアン君だったんですが・・・。(←まあ、このへんがちょっと、へなちょこなんですね)



ああ、ブライアン君、最大のピンチ!!!008.gif



・・・でも、なんと、こいつ、気分転換のダンスで自信を取り戻します。(←ちょっと単純なんだよなぁ、この男)



さあ、最後の一週間はケリーの店にもどり、本番さながらチームを作っての特訓であります。(←料理コンテストはチームを作り、ブライアン君が指揮をとる形になります)

そこでケリーは友人のシェフ連中を呼んで、コンテストのリハーサルをするのですが、結局、シェフ連中から酷評の嵐で終わってしまいます。(←がんばれ、バカ・・・いやいや、ブライアン君!)



さあ、そして、とうとう、本番前日・・・。027.gif

やはり、この日もコーチ陣を前に予行演習であります・・・。

しかし、ブライアン君は緊張のため、とうとう逆ギレ、ついにはコーチ陣に対しても厨房から出ていってくれ、と言う始末・・・。(←ああ、こいつ、どこまで行っても、やっばりバカ!)



しかし、そんなブライアン君に、ケリーコーチは本番で着るイニシャル入りのシェフジャケットを贈って励まします・・・。(←ちょっといいシーンであります)



ちなみに、本番メニューは、フォアグラ・ガナッシュ、イワナ料理、チョコレートスフレの3品であります・・・。(←本格的ですよ)



・・・さあ、果たして、ブライアン君は、たった4週間で見事、プロの審査員を欺く事ができるのでしょうか。





後日談ではありますが・・・。027.gif

この挑戦後、このブライアン君、地元シアトルに戻り、調理専門学校に通うようになったそうです・・・。



まあ、人は変われば、変わるものなのかもしれないですね・・・。005.gif
[PR]
by amiel2 | 2004-07-08 00:06 | なりきりゲーム
エピソードタイトル・・・「牧師が中古車ディーラーに挑戦」




なりきりゲームとは、ある人が全く違う職業の人に4週間かけてなりきるゲーム?でありまして、で、4週間後にその道の専門家3人の審査員の前で、その人たちを騙せるかどうかを競うゲームであります。



今回は、メーン州の小さな町の牧師、クラークがラスベガスの自動車販売代理店(←ネバダ州で一番大きい店です) にて、中古車ディーラーに挑戦です。



まあ、"クラーク"だけに、今回は中古車ディーラーの"店員"(clerk) に挑戦なのであります。(←あなた、こんな事を言うのが好きですね)



で、この牧師さん、パッと見た感じ、確かに、虫も殺さないような感じの人です。ただ、やはり、押しが弱いと言うか、意志薄弱だと言うか、まあ、人間的な弱さが少し目立ちます。(←何か、いつも目が泳いでいるんだよねぇ)

でも、私が海外ドラマでよく見るパターンの牧師さんですから、あながち、これがいけないとは思わないんですけどね。(←そりゃあ、あなた中のドラマの世界の話でしょ!)



さあ、この牧師さんが、住みなれた町を離れ、いざ、大都会ラスベガスへ・・・。001.gif



で、そこで、これから4週間ご教授願うコーチ陣にご対面なんですが・・・。025.gif



でも、その自動車販売代理店で牧師さんを待ち構えていたのは・・・。027.gif



ギャングの親分と、その一の子分でした・・・。(←まあ、見た感じはね)029.gif



ちなみに、親分はですね、自動車販売代理店の社長でありまして、黒ずくめの服装にサングラス、そしてこれまたお決まりの、ヒカリもののネックレスや指輪などの完全武装をしておりまして、まあ、どっから見ても、立派なギャングなのであります。(←だから、自動車販売代理店社長なんだって!)



そしてですねぇ、この社長、自らテレビの生放送CMに出演して、車を売るという手法から・・・。



あの「ジャパネットたかた」の社長がいますよね、あの人を太らせて、ニューヨーク系のラッパーでギャング・・・。



・・・とまあ、そんな感じを思い浮かべてくれたら、分かりやすいかと思います。(←いやいや、逆に分かりにくいぞ!)



そして、子分の方はというと、空軍上がりの、まあ、「体育会系代貸し」、てな感じなのであります。(←もう、ヤクザ系の例えからは離れてください!)



で、こんな人たちと、このひ弱な牧師さんが並んで立っていると・・・。027.gif



まあ、元はホモサピエンス、ヒト科ヒト属(homo)の同じ動物だったんでしょうが、一体、どうしたというんでしょうかね。ひょっとすると、長い進化の過程で完全に別の生物になってしまったのかもしれません・・・。(←おいおい、そうなのか?)



例えますと・・・。027.gif



「動」と「静」・・・。(←まあ、そんな感じ)029.gif


「肉食獣」と「草食獣」・・・。(←うーん、そうとも言えるかも)029.gif


扇風機のスイッチで言うと、「強」と「弱」なのであります。(←何のこっちゃ!)029.gif



さあ、こんな牧師さんに、ギャングの子分は、来ていきなり、店で接客をさせます・・・。(←生まれてこの方、モノを売った事がない人間なんですよ、この牧師さん!)



で、牧師さんは慣れないながらもお客さんに話かけますが、でも、どうしていいか分からず、結局、お客さんを置いたまま、その場を立ち去ってしまいます・・・。(←おーい、がんばれ!)



さあ、ここから本当の特訓が始まりますが、ここからが凄いというか熱いです。027.gif



まずは、この会社の朝礼から・・・。027.gif



なんか、日本の猛烈系の会社の朝礼にありがちの・・・。027.gif



大勢の社員が待ち構える会議室に、ギャングの親分が入ってくると、もう、みんな手を叩いて歓声をあげながらの、まあ、そりゃあ、凄まじい勢いであります・・・。

で、親分が、「今日の売り上げナンバーワンには、このダイヤの時計をやる!」と絶叫した瞬間・・・。(←やっぱり、思想的には完全にギャングです)



組員たち、いや、もとい・・・社員たちの歓声が、どでかい会議室中にワーッと響き渡ります・・・。



でも、そんな中、場違いの人間が1人・・・。008.gif



そう、牧師さん・・・。(←まあ、そりゃそうだろうな)008.gif



で、牧師さん、いざ、本格的に店で接客なんですが・・・。025.gif



でも、一口に中古車ディーラーと言っても、覚える事はいっぱいあるわけですよ。当然、まず第1に車の事は全て理解しないといけないわけだしね・・・。

また、客の扱い一つとっても、これはもう戦いなのであります。他店との戦い、ここの同僚同士での戦い、当然、客に対しての戦い・・・と、まあ、ソフトに見える接客術の中にも、内に秘めたる熱くギラギラした思いのぶつかり合いの場なのであります・・・。



・・・まあ、そんな中、こう言っちゃなんだけど、今まで牧師しかやった事がない人間、ある意味、浮世離れした世界の人間が、ある日、突然、戦場のど真ん中に放り込まれたら、そりゃあ、もう、最後は戦死するしかないわけで・・・。(←まあ、当然、撃沈であります)



しかし、そんなこんなも言ってられないので・・・。027.gif



牧師さん、髪のカットから始まりまして、ファッションチェックと、まあ、このなりきり恒例の変身ショーの開始なのであります・・・。(←今回はギャングの親分のお見立てです。さて、どうなるのか?)



そして、これまた恒例の演技コーチの指導なんですが・・・。027.gif



まあ、どこかの学校の演技クラスに入れてもらったんでしょうね。そこの女優の卵たちと共に、「これは最高の車ですよ! さあ、買わなきゃ!」の連呼であります。(←女優の卵さんたち、ありがとう)



そして、そんなこんなの牧師さんに任された初の大仕事は・・・。027.gif



な、なんと、テレビ生放送のCMで、過激なキャラクターとして登場する事に!!!



一応、設定は、「pimp」って言ってましたから、まあ、売春婦のヒモと言うか、まあ、いわゆる、ポン引きスタイルです。(←ああ、牧師さん、あなたはどこに行くのだ!!)



でも、そんなこんなの試練を乗り越えていくうちに、とうとう、車を一台売ってしまうんですねぇ。(←思わず、拍手、パチパチパチ!)



そして、この牧師さんを褒め称えるために、親分がした行為は、牧師さんのネクタイをハサミで半分に切って、それを店頭のガラスに貼り付けるというものでした。(←親分、あなた、ひょっとして、どこかの"部族の酋長"?)



しかし、しかし、しかし、なんです・・・。(←な、何です?) 008.gif



牧師さん、ある時、決定的なミスをして、客を逃してしまいます・・・。007.gif



そして、この後はグダグダになってしまいます・・・。(←がんばるんだ、牧師さん!)



まあ、この牧師さん、打たれ弱いと言うか、一度失敗すると動揺してしまい、そこからもう、完全に駄目になってしまうタイプの人なんですね・・・。(←いますよねぇ、こういうタイプの人)

で、精神的強さを鍛えるために、ギャングの子分と、映画「ロッキー」よろしく、ボクシングの特訓であります。(←パンチはへっぽこだけど・・・まあ、意気込みは買う)



そして、物語も佳境に入って、試験直前のある夜、ギャングの親分、子分、そして、演技コーチがそろって、「君ならできる!」「がんばるんだ!」と、牧師さんを熱く説得・・・。

それを真剣な表情で聞く牧師さん・・・。

まあ、ギャングの集まりだと言えども、ちょっと感動するシーンであります・・・。(←だから、ギャングじゃないんだって!)



・・・さあ、果たして、この牧師さんは、たった4週間で見事、プロの審査員を欺く事ができるのでしょうか。





まあ、男なら誰でも「強い人間」でありたいはずなんですよ・・・。(←心の奥底で)

例え、「草食動物」であってもね・・・。(←だから、草食動物じゃないんだって!)

そして、牧師という一般的には、「戦う」という事から一番遠い職業であっても、いつか、必ず戦わないといけない時が来るはずなんです・・・。

それは対信者(←喧嘩するという事じゃないですよ) か、対自分自身であるかは、今は分からないけれども・・・。



・・・なんか、そんな思いも含めて、この牧師さんには、これから強い牧師さんになってほしいなぁ、なんて思いましたね、今回。(←いや、本当に、人の良さは一級品なんですから。この人に足りないのは、力強さと言うか包容力だけなんですから)
[PR]
by amiel2 | 2004-06-24 04:17 | なりきりゲーム
エピソードタイトル・・・「羊毛刈りがサロン・スタイリストに挑戦」




なりきりゲームとは、ある人が全く違う職業の人に4週間かけてなりきるゲーム?でありまして、で、4週間後にその道の専門家3人の審査員の前で、その人たちを騙せるかどうかを競うゲームであります。



今回は、コロラド州の牧場に住む、生まれてこの方、羊の毛しか刈った事がないという21歳の青年(←まあ、少年と言った方が良さそうです) が、ビバリーヒルズのセレブ御用達店にて、サロン・スタイリストに挑戦の話です・・・。



この少年、素朴で純朴でとってもいい子なんだけど、やっぱり、このコロラド州コルブランという人口300人の町から一歩も出た事がない為、いささか、世間知らず、まあ、井の中の蛙、大海を知らず、という感じの少年です。



さあ、この少年が意気揚々、人口400人・・・。027.gif



いやいや、人口400万人のロサンゼルスにやってきます・・・。(←この対比がおもしろいんですよね)



さあ、そして、これから4週間ご教授願うコーチ陣にご対面なんですが・・・。027.gif



でも、ここで一つ問題が・・・。025.gif



それは、コーチ陣の1人にガイという男?がいるんですが、この人、この業界にはありがちの・・・。



そう、彼は"ゲイ"だったんですね・・・。005.gif



まあ、ガイなのに、ゲイなのであります。(←何をしょうもない事を・・・)037.gif



で、少年は、いささかと言うか、まあ、はっきり言って、ゲイという人たちに対して、明らかな偏見を持っているんですね。(←気持ち悪いと、はっきり言いますからね。少年の無知というか怖さを知らない態度とは、実に恐ろしいものです)

そして、トレーニングが始まっても、女のコーチや店のオーナーには素直に従えるんですが、ガイとはギクシャクした感じが続きます・・・。



それはなぜか、当然、ガイがゲイだから・・・。(←悲しいかな、少年の世界観はあまりにも狭かった)



そして、ついに、店のオーナーとガイ、そして、この少年を交えての話し合いがもたれます・・・。



偏見を持つ少年に対して、ガイが言います・・・。027.gif



「人はそれぞれ違う。互いのあるがままの姿を尊重しあう事が大事だと思う」



いやあ、私、この言葉にちょっと感動しましたね・・・。045.gif


なぜって、こっちはビバリーヒルズの超一流店のバリバリのサロン・スタイリスト・・・。


かたや一方、とっても子供で、世間知らずの田舎者・・・。



まあ、はっきり言って、怒っても当然の場面なんですが、互いの姿を尊重しあうの言葉どおり、子供に対しても、実に大人の態度です・・・。(←うーん、実に偉いっす)



しかし、結局、2人のミゾは埋まらず・・・(←もっと大人になるんだ、少年!)022.gif



さあ、そんなこんなでも特訓は続きます・・・。027.gif



で、このなりきりゲーム恒例のナンパ特訓なんですが、今回は街中でカットモデルになってくれる人を探すというものです。(←これには罰ゲーム有り)



そして、特訓も佳境に入ってきますと、これまた恒例の、髪のカットから始まりまして、ファッションチェックと、まあ、変身ショーであります・・・。



ちなみに、ファッション編では、ジーパンをおしゃれにするという話で・・・。

買ってきたジーパンをわざと古くする為、ふんづけて、切り刻んで、さらに、なんと、オープンカーの後パンパーに紐でくくりつけ、いざ、ヒバリーヒルズの高級住宅街を疾走です。(←うーん、絵的にとってもおもしろいっす!)



そして、話はさらに続くのですが、このゲイのコーチと少年のミゾは埋まる事もなく・・・。

一考したオーナーが少年を連れて行った先は「同性愛者の権利団体センター」でした・・・。

ここで少年は、同性愛者たちと気持ちをぶつけあいます・・・。



さあ、物語も終盤です・・・。027.gif

少年は、今までの力試しとしまして、この店のお客さんで、とっても気難しい客をあてがわれてしまいます・・・。

さあ、少年が髪を触りだすと、まあ、出るわ出るわの、文句のオンパレード・・・。

ドライヤーが熱いだの、さっさとやれだの、髪がパサパサだの・・・。

で、少年がギブアップ宣言すんでのところで、この女性の正体が明らかに・・・。



実はこの女性、少年の演技指導のコーチなのでありました・・・。(←さすが女優、演技が上手いっす!)



まあ、サロン・スタイリストという職業は、技術も大事だけど、いかに客をリラックスさせるかという"接客"が命なんですね(←少年は表情も動作も硬いんです)



・・・さあ、果たして、少年は、たった4週間で見事、プロの審査員を欺く事ができるのでしょうか。そして、それよりも何よりも、ゲイのコーチ、ガイと本当に心の底から打ち解けあう事ができるのでしょうか?





今回は、少年が大人への階段を少しずつのぼっていく物語なのかもしれません・・・。

皆さんも、自分が少年だったり、少女だったりした時代を思い出しながら、是非、このドラマを見てください・・・。

そして思い出してください・・・。



誰でも大人になる前は、みんながみんな、世間知らずで怖いもの知らずの子供だったという事を・・・。
[PR]
by amiel2 | 2004-06-16 07:22 | なりきりゲーム
エピソードタイトル・・・「大学教授が男性ストリッパーに挑戦」




なりきりゲームとは、ある人が全く違う職業の人に4週間かけてなりきるゲーム?でありまして、で、4週間後にその道の専門家3人の審査員の前で、その人たちを騙せるかどうかを競うゲームであります。



今回は、大学で英文学を教える34歳の男(←妻と1人の子供有り) が男性ストリッパーに挑戦の話・・・。



男性ストリッパーと言いましても、世界的に有名な「ザ・チッペンデールズ」というダンサーグループの一員になりきるものでありまして、まあ、かなり本格的なダンサー集団に挑戦なのであります。

で、今回のチャレンジャーの男、「女性を燃え上がらせる男性になりたい」とはいうものの、ちょっと冴えない、ちょっと下っ腹の出た、そしてダンスとは最も縁遠い、まあ、どこにでもいる中年男性なのでありました。(←このキャスティングの妙がこのシリーズの鍵になる事は言うまでもありません)



では、これから4週間の期間、特訓の為に、「ザ・チッペンデールズ」の本拠地、ラスベガスに、いざ、出陣であります。(←これ見よがしに、小脇に大きなプロティンを抱えてね)



まず最初に、これから4週間一緒に住む先生?を尋ねますと、もう夕方の4時だというのに寝ぼけまなこで出てくるイケメン野郎?と、思わずご対面であります。

はてさて、こんなイケメン野郎と中年大学教授が、これから共同生活をやっていけるのだろうかという心配が起きますが、まあ、人の気の合う、気の合わないは不思議なもので、なんか、とっても仲良くなるんですねぇ。(←このへん、なんだか、不思議さ満点の映像でしたね)



さあ、物語はジムで体を鍛えるところから始まりまして、当然、ダンスの特訓になりますが、なにせ、生まれてこの方、ダンスなんかした事ないような男ですから、全く、"ヘッポコ"だったりします。

そして、だんだん慣れて?きますと、このなりきりゲーム恒例の髪のカットから始まりまして、次にファッションと、まあ、一応、ダンサーっぽくはなってきます。

そして、次にダンスしてる時の顔が堅いという事で、これまた、このシリーズ恒例の演技指導の先生の特訓も開始です。

そして、最後は誘惑のテクニックを学ぶという事で、プールサイドでナンパ特訓であります。(←ここのオチがちょっとおもしろかったですね)



で、そうこうしているうちに、舞台に初めて上がるのですが、本人の意気込みとはうらはらに、全く散々な結果に終わります。(←がんばれ!)

そして、最終試験前の肩慣らしという事で選ばれたパフォーマンス場所は、なんと老人センターにて、お年寄り相手のダンス披露となります・・・。(←この絵も何だかおもしろかったなぁ)



・・・はてさて、この男、果たしてたった4週間で、プロの審査員たちを見事欺く事ができるのでしょうか?





ちなみに、今回のラスト、この男が、また普通の生活に戻っていくという事を、ちょっとおしゃれ?に表現したかったんでしょうね。(←ここでようやく、この男が最初、小脇にプロティンを抱えてくるシーンの意味がなんとなく分かったような気がしました)



・・・しかし、今回のなりきりゲーム、主人公は大学教授ではありますが、どことなく軽ーい感じの男なので、全体的にコメディタッチのテイストなのでありました。(←まあ、それもまた、良し)
[PR]
by amiel2 | 2004-06-08 05:00 | なりきりゲーム
エピソードタイトル・・・「大工がインテリアデザイナーに挑戦」




今回は、ボストンで親父も大工、自分も何の疑いもなく大工の道へと進んだ一人の男がビバリーヒルズの大邸宅の住人を相手にインテリアデザイナーに挑戦の巻。

まあ、この人、ビール飲みながら、みんなとワイワイガヤガヤ、TVを見るのが趣味とあって、確か部屋が六つ?ぐらいあったのかな、そのどの部屋にもTVだけはあるというちょっと変わった男であります。(←部屋は汚ったと思う)

で、男との最初の出会いで、その部屋の写真を見せられて、思いっきり引いてしまうインテリアデザイナーの先生たち・・・てなところから今回の挑戦が始まります。(←なんか、おもしろそうでしょ)



で、私がこのエピソードでおもしろいと思ったのは、この男、なんかとってもいいヤツなんですよ。なんかねぇ、「自分がちゃんとやらないと先生たちががっかりするんだろうなぁ」なんて、夜1人になってビデオの前でつぶやくシーンとか見てると、とっても、何か日本人的なものを感じてしまうんですね。(←他の挑戦者たちは、アメリカ人らしく、やっぱりどこか私は私、わが道を行く的なものがありましたからね)

で、まずは髪を切り服装もインテリアデザイナーらしくすると、あれあれ、なんかどっかで見た事があるぞ、と思ったら・・・。

ああ、海外ドラマ「フレンズ」のチャンドラーに似てるなぁ、てな感じで、ちょっと笑ってしまいました。(←フレンズ見てる人は分かってもらえると思う。ああいう感じなんですよ、インテリアデザイナー風な感じにすると)



で、朝から晩までインテリアデザイナーの特訓を受ける日々が続きますが、ある時、インテリアデザイナー達が集まるパーティーに新進インテリアデザイナーとしてもぐりこみます。でも、そんなパーティーに急に言ったところで馴染めるわけもなく、結局、途中でふーっとどこかに消えてしまうんですね。(←おいおい、がんばれ!)



・・・さてさて、この男、果たして4週間後(←これは確か4週間後だったと思う) に、プロの審査員たちを、見事欺く事ができたのでしょうか?





なんかねぇ、今回の挑戦者の男、人の良さそうな役柄やる時のジョン・グッドマンみたいな感じでした。(←ジョン・グッドマン好きな人にお薦めのエピソードです)
[PR]
by amiel2 | 2004-03-23 04:34 | なりきりゲーム
エピソードタイトル・・・「ガリ勉才女がチアガールに挑戦」




私が最近、一番はまっているリアリティー番組は、ディスカバリーチャンネルでやっている「人間改造なりきりゲーム」という番組なんです。本当のタイトルは「faking it」というものなんですが、これ、意外とおもしろいです・・・。



内容は、ある人が全く違う職業の人に3週間かけてなりきるというもので・・・。027.gif

で、3週間後にその道の専門家3人の審査員の前で、その人たちを騙せるかどうかを試すというものです・・・。



ちなみに、今までにあったのが、「ビール党がソムリエに挑戦」とか「強面男が女装に挑戦」とか「ポロ愛好家がカウボーイに挑戦」とかだったんですが・・・。

私が、ちょっと入れ込んで見てしまったエピソードが、今回の「ガリ勉才女がチアガールに挑戦」の回であります・・・。

なんかねぇ、この回はちょっと本当にテレビの番組と言えども、ここ最近にないくらい気持ちが入り込んで見てしまったエピソードでした。(←いやあ、ラスト近くは、テレビにかぶりつきで見てしまいましたよ)



ハーバード大卒業の女の子(←普段は黒ぶちメガネをかけていて、いかにも、チアガールからは一番遠いという感じでした) が、どこかのアメフトチームのチアガールに挑戦するんですが、これがねぇ、まあ、何とも言えず、強烈でした・・・。

で、この子は、ハイスクールの時に、チアガールの女の子にいじめられたか何かで、それを見返す為に、今回の挑戦となったわけでして・・・。



まずは、化粧から始まって、髪のカットとかやっていくうちに、結構、キレイになっていくんですよ。

で、チームの女の子とも馴染んで、ダンスも、まあまあできて、番組の後半までは、あれよあれよと、何だか「あれ、簡単にできてるじゃん」てな感じだったんですが・・・。

ある瞬間、まあ、ある事で、「ワーッ」とオイオイ泣き出すんです。(←ここからが見ものです)



で、よくよく考えてみれば、もうそこまでに来るまでで彼女の自尊心はズタズタだったんですよねぇ・・・。

まあ、顔とかは結構、キレイなんですけどねぇ。でも、ちょっと体もチアガールの女の子たちよりはデカかったりするんですよねぇ。なんか頭ひとつ、みんなより大きかったです。(←こういうのは、口には出さないんだけど、実は案外、本人は気にしてたりするんですよねぇ・・・)



そして、チアガールの軍団というのは・・・。029.gif

普段から体をシェイプアップしたり、化粧したり、いつも人に見られているというプロ軍団・・・。

で、そこにど素人が入り込んで、たった3週間じゃ、やっぱり、見劣りするのは誰が見ても分かるしねぇ・・・。(←実は、誰よりも本人が分かってるというのが残酷なんですね)



彼女はこれまでの人生の中で、多分、無理に笑顔を作ったり、人前で何かをするという人種じゃなかったはずなんです・・・。

そんな女の子が、女としてのセックスアピールを最大限に使うチアガールという職業に挑戦するという落差・・・。(←想像したら、とっても怖いですよねぇ)



まあ、彼女も、結構、がんばっていたんですが、もう、あと2日ぐらいで最後の試験という日に、一気に今まで押さえていた感情があふれ出してしまったんですねぇ・・・。

で、この瞬間から、この子、一体どうなるんだろうと思ったら、もう、テレビに釘付けでした・・・。



まあ、余談になりますが・・・。027.gif

今まで見てきた、この「なりきり」シリーズ・・・。

「ビール党がソムリエに挑戦」とか「強面男が女装に挑戦」とかは、まあ、ぶっちゃけ、どうでもよかったんですよ。

だって、この人たちはこれに失敗したからと言って、ビール党のオッサンはただのビール好きのオッサンに戻るだけだし、女装の男は、この世界に興味持ってしまったら、逆にヤバイっすからねぇ・・・。



でも、この子の場合は、この挑戦に失敗したら、この先、ちょっと、この子の人生が変わってしまうような気がして、ちょっと、普通では見てられなかったですね・・・。



しかし、彼女には、いろんな先生がついていてくれて・・・。001.gif

この最大のピンチを乗り切るために、ある事をする事に・・・。(←一体、彼女は何をするんでしょうか? ちょっと映画のワンシーンを見てるような感じの、ある事っす)



さあ、果たして、この女の子・・・。056.gif

最終試験で、無事、3人の審査員を欺く事ができたのでしょうか・・・?





なんかねぇ、ドリュー・バリモアの映画、「25年目のキス」をリアリティで見てるようなエピソードでした。(←この映画の好きな人にお薦めです)





えー、ここからは、2005年3月21日・・・。027.gif

ちょうど、一年後に書いてます・・・。

最近、この再放送を見たんですが・・・。

なんと、驚いた事に、再編集されてました・・・。(←多分、間違いないです)

どこがと言いますと、この女の子が号泣するシーンです・・・。(←実は、このシーンがエピソードの肝なのに・・・)

まあ、この背景はよく分からんのですが・・・。

本人クレームとか何かあったんですかねぇ・・・。(←それほど、ちょっと衝撃的なシーンだったという事ですかな)

はっきり言って、このシーンをなくしてしまうと、このドラマ?、面白くも感動もなくなってしまうんですがねぇ・・・。(←もう、お勧めでもなんでもないです・・・)



うーん、しかし、今更、再編集するとはねぇ・・・・。008.gif

テレビの編集って、改めて、内容をどうにでも変えてしまえるものだなぁ、と、しみじみ思った次第であります・・・。
[PR]
by amiel2 | 2004-03-23 04:10 | なりきりゲーム

「シングルパパの育児奮闘記」(FOX)、ちょっと最近、好きなんですけどねぇ。そういう人って、いるんですかねぇ。ちなみに、当然、「マイ・ネーム・イズ・アール」も好きでした・・・。


by amiel2