海外ドラマをもっと見ようよ!

amiel2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ザット70s ショー( 26 )

最近、ちょっとですねぇ・・・。

ドナの母、ミッジがですねぇ・・・。

ちょっと、バカっぽくて、可愛いというか・・・。

まあ、おもしろいと思う今日この頃なんですが・・・。



しかし、あれですねぇ・・・。008.gif

あのミッジの、スタイル抜群、肌のツヤ、あの歯ならびとか見てたら・・・。

ちょっと、どれだけ、いじってるんですか?・・・。

いやいや、どれだけ、お金かけてるんです?・・・。

と、思わず聞きたくなりますね・・・。



まあ、これこそホントの「人間改造なりきりゲーム」たなぁ、と。(←何のこっちゃ!)

では、そんなこんなの話は置いておきまして、行ってみるとしますかねぇ、70sの第15話目・・・。



第15話 レスリング観戦 The Wrestling Show



まずは今回もあらすじから・・・。



エリックは、父レッドとささいな事から険悪な雰囲気に・・・。

そんな2人を見かねて、母キティが2人一緒にプロレスを見に行くよう提案する・・・。

その頃、ドナの母ミッジはセラピーに通いだすのだが・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回は、やはり、ロッキー・ジョンソンの話・・・。027.gif



ザ・ロックのお父さん、ロッキー・ジョンソンはこの頃のスターだったんですね。

ちなみに、このロッキー・ジョンソンのお父さんも実はプロレスラーなんです。まあ、しかし、凄いですよね、祖父・父・息子と3代に渡って、プロレスラーなんてねぇ・・。

で、今回は、このザ・ロックがお父さんのロッキー・ジョンソンを熱演?であります。



私、実は今回、ザ・ロックがゲスト出演してる事を全く知らずにですねぇ、途中、「あれ、こいつ、ロックに似てるなぁ」と思って見ていたんですが、肩のバッファローのタトゥーを見て、やっと、「あ、やっぱり、ロックだ!」と気づいた次第でありまして・・・。

うーん、普段、ロックをよく見ている人間にとっては、あのカツラは、ちょっと違和感あるなぁ、と・・・。(←ザ・ロックは、やっぱり、頭をキレイに剃ってないとね)



あと、劇中、ロッキー・ジョンソンがミゼット(←小人ですね) たちと戦ってましたが、最近はちょっとなくなったんですが、昔は日本でも、前座に小人プロレスとかよくやってたりしましたね。

ちなみに、昔のプロレスの前座の試合って、おもしろかったんですよ。小人プロレスやコミックレスラーが出てきて、観客を笑わせたりして・・・。

今は、何となく、どのプロレス団体もガチンコ的なものを売りにするところが多いですから、こういうコミックショーみたいなのは減ってるんでしょうね・・・。(←ちょっと寂しいような)



まあ、そういう意味で、プロレスも、やはり、どことなく70年代だなぁ、と今回・・・。



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今週は、グループセラピーで、先生?がキティの告白の後、「みんなに素晴らしい体験をしてもらおう。ではペアになって」と言った瞬間、服を脱ぎだす男たちを見て、ミッジとローリーの手を引いて逃げ出すキティがおもしろかったです。

しかし、何か、こんな団体って、今でも、ちょっとありがちそうなんで、少し怖い気もしますね・・・。



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今回は劇中、これといったシーンはなかったんですが・・・。015.gif

ちょっと、エリック家族の事を少し・・・。



あのー、一家の家長、父親がですね、自分の息子、ましてやひとり息子をですねぇ、厳しくしつけようとするのは、まあ、致し方ないところがあると思うんですよ。

まあ、それは、ある意味、期待の裏返しみたいなところがあるわけだし・・・。

ただ、そのしつけが行き過ぎると思われる時にはですねぇ・・・。

優しいお母さんが、2人の間に入って、とりなしてあげる・・・。

てな感じが、子供にとっては、すごく救いになるんですねぇ・・・。



・・・なんて、今回、ドラマを見ていて、ちょっと思いましたね。043.gif
[PR]
by amiel2 | 2004-07-24 09:18 | ザット70s ショー
しかし、ちょっと、びっくりしたんですが・・・。

ジャッキーとケルソーは今回、初めて・・・・。

○○○○だったんですねぇ・・・。(←何なのですか、一体?)

でも、こうなると、次回からは・・・。

ジャッキーはドナ(←未体験) に、また偉そうに、○○○○のレクチャーするんでしょうな・・・。

そうなると、ドナの○○○○は、逆に遠のきそうな・・・。

で、そうなると、可哀想なのがエリック・・・。

今週もそうだけど、ますますもって、「ツイテナイ君」に・・・。



なんて、どうでもいい話はともかく・・・。029.gif

今週も行ってみましょうかね、70sの第14話目・・・。



第14話 盗難車 Stole Car



まずは今回もあらすじから・・・。



エリックは、車に傷をつけた事から、父レッドに車を取り上げられてしまう・・・。

その頃、ジャッキーとドナは、2人仲良くロストバージンの話を・・・。

一方、車がないので、ケルソーが従兄弟から車を借りてくるのだが・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回は、ドナの父ボブが好きなドラマ、「刑事バレッタ」の話・・・。027.gif

私、「刑事バレッタ」は全く見た事はないのですが、何か、このドラマは、ちょっと前に頻繁に耳にした事があるなぁ、と思って調べてみたら、あのロバート・ブレイク主演のドラマだったんですねぇ・・・。



で、ロバート・ブレイクと言えば、2001年に妻殺害の容疑で逮捕され、今、裁判中ですね・・・。(←しかし、事件の真相は果たしてどうなんでしょうね?)

しかし、70年代には、刑事だった人が、30年後の現在は妻殺しの刑事被告人ですか・・・。

うーん、時の流れとは恐ろしいものですね。(←いやいや、刑事はドラマの話ですから)



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今週は、エリックがつけた車のキズ(←とっても小さなキズなんですけどね) を、じーっと凝視しているレッドに、後ろから忍び寄って来て覗き込むキティが、なんか笑えました。(←どこにキズがあるの? って感じのキティがおもしろかったです)



しかし、あれですねぇ、非常に細かい夫に、小さな事にはとらわれない妻・・・。027.gif

なんか、夫婦って、うまい事できてますねぇ・・・。



ちなみに、私事でなんなんですが、私の家の両親もこんな感じでした・・・。003.gif



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今回は、警官とエリックの会話のシーンで・・・。

警官がエリックに、「フォアマン? 君の父親はレッド・フォアマン?」って聞くシーンがあって、思わず警官がエリックに「クソガキめ」と言うシーンがありましたね・・・。

これって、何なのでしょうね? レッドが昔、悪ガキだったのか、それとも、この警官が昔、レッドに怒られる事でもしたのか・・・。



うーん、全く分かりません・・・。(←「私はこう思う!」じゃないじゃん)022.gif



あと、エピローグで・・・。013.gif

車の中、「映画に行こう」というエリックに対して、みんなが「貯水池に行こう」と言ってましたね・・・。

あのー、この貯水池、前にも話だけは出てきたと思うのですが、果たして、ここには何があるんですかねぇ・・・。

それも、見た感じ、場面は夜なのに・・・。(←暗い中、みんなで何をするのだ?)



うーん、しかし、謎だらけですなぁ、このドラマ・・・。(←だから、「私はこう思う!」じゃないじゃん)



今週のエピソードテーマは・・・。



エリックの父レッドといい、ドナの父ボブといい・・・。

「家族に対して、理解のない父親」てな感じですかねぇ・・・。

しかし、一昔前は、こんな父親だらけだったような気がするんですが、最近は普通の家庭でも、ドラマの中の世界でも、こんなオヤジがめっきりいなくなってますねぇ・・・。

まあ、いいんだか、悪いんだか・・・。008.gif
[PR]
by amiel2 | 2004-07-16 01:17 | ザット70s ショー
今週は、ちょっと驚いた事に・・・。

ドナとハイドのキスシーンがありましたね・・・。(←まあ、無理やり気味でしたが)

しかし、思うんですが・・・。

前回のクリスマスのエピソードで何もなかったのに・・・。(←ドナとハイドにね)

今回、いきなり、そんな話ですか・・・。(←今回かよ!)



うーん、ことごとく、私の予想がはずれていく結果に終わってますね・・・。044.gif



別にいいっすけどね・・・。044.gif



ま、今回もどうせ予想したところで、ハズレると思いますが・・・。(←なげやりだな)

行ってみるとしますかねぇ、70sの第13話目・・・。



第13話 スキーツアー Ski Trip



まずは今回もあらすじから・・・。



エリックたちはスキーをするため、ジャッキーの両親が所有する山小屋に向けて、いざ出発・・・。

だが、そんな中、1人ケルソーだけはジャッキーに浮気がばれて、置いてきぼりに・・・。

そして、山小屋についたエリックたちにも、ある大事件が・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



この「ザット'70s ショー」も、今回から1977年に突入しました・・・。



日本で1977年と言えば・・・。027.gif



日航機ハイジャック事件や青酸コーラ事件があったり、今のダイエー王監督が通算本塁打756号を達成したり、今クール放送のドラマ「人間の証明」の映画が公開された年ですね・・・。



・・・うーん、時代を感じるなぁ。(←何のこっちゃ!)042.gif



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



パム・メイシーという女の子とキスした事がジャッキーにばれて、1人置いてきぼりになったケルソーに、「昔、レッドにもそんな事があって許してあげたのよ」と優しく言ってあげるキティだったんですが・・・。



言った後、当時の思いが突然、こみあげてきたのか・・・。026.gif



当然、不機嫌になりだしましたね・・・。022.gif



その後、甘い夜を過ごそうと待ち構えてるレッドを尻目に、怒って階段を上って行くキティが、ちょっとおもしろかったです。



ま、レッドが悪いんだけど、突然、20年前の事を言われてもねぇ・・・。042.gif



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今回、ケルソーのヒッチハイクしたトラック運転手・・・。008.gif

あれ、何なんですかねぇ、ただ、人のいいおじさんなのか、ゲイなのか、イマイチ、よく分からんですねぇ・・・。

ケルソーが「男同士の関係は特別だよ」と言った言葉に、「美しい世界だよ」と陶酔気味な感じで反応してた事から、やっぱり、ゲイだったのかな、このオジサン・・・。

うーん、やっぱり、イマイチ、分かりにくいですね、このシーン・・・。



今回のエピソードテーマは・・・。

ジャッキー、キティ、ドナと、「怒る女たち」・・・。

そして、このどれもが、恋人がいるのにキスしてしまった事が発端となっています・・・。



しかし、人が人を好きだという感情って、一体、何なのでしょうね・・・。

こんなに辛いのなら、好きになんかならなければよかったのに・・・。

でも、やっぱり、好きになってしまうんですねぇ・・・。
[PR]
by amiel2 | 2004-07-10 14:28 | ザット70s ショー
まあ、なんというんですかねぇ・・・。

アメリカドラマのクリスマスエピソードというものは・・・。

ラストは大抵、恋人同士がヤドリギの下でキスをするというのがお決まりのパターンなんですが・・・。(←今回、この感じを想像してたんですけどねぇ)



まあ、私の予想としては、本命はエリックとドナ・・・。029.gif

対抗として、ケルソーとジャッキー・・・。

そして大穴として、ハイドとドナだったら、ちょっとおもしろいなぁ・・・。

なんて、考えていたんですが・・・。



ラストのヤドリギネタは、レッドとボブでしたね・・・。(←おいおい、気持ち悪いぞ!)



うーん、さすが、このドラマ、私の予想をことごとく裏切ってくれます・・・。(←もう予想するのはやめてください)



まあ、こんな事をグダグダ言ってても仕方ないので、行ってみるとしますかね、70sの第12話目・・・。



第12話 最高のクリスマス The Best Christmas Ever



まずは今回もあらすじから・・・。



エリックたちは、地下室で子供たちだけのクリスマスパーティーを開く事に・・・。

そんな中、1人、ドナにあげるプレゼントに頭を悩ますハイドの姿が・・・。

さあ、果たして、ハイドのプレゼントはドナに気に入ってもらえるのでしょうか・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回はですねぇ・・・。001.gif

クリスマスの夜、ボブの電気店内で「ポンゲーム」に熱中するレッドとケルソーですかね・・・。



えー、まあ、この「ザット'70s ショー」の話の合い間にも、CGでちょくちょく出てくるお馴染みのボンゲームなんですが・・・。

このゲーム、家庭用ゲーム機器の最初のブームを作った、まあ、伝説のゲームなのであります。

で、調べると、このポンゲームは、このドラマ設定の1年前のクリスマスには、全米中でこのゲームを買いたい人が行列をなして、まさにクリスマスの主役を演じるプレゼントだったようです・・・。

そして、それから1年後、まだまだブームの最中であったとはいえ、男2人がクリスマスの夜に熱中するサマは、何だかちょっと寂しい感じがしますね・・・。



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



キティは、パーティーというかイベントになると、だいたいテンションが2割増しぐらいになるんですが・・・。(←当社調べです)

今回は、義理の母、バーニスがいる事もあって、テンションが2割ぐらい下がってたんじゃないかなぁ、と・・・。(←これまた、当社調べです)



うーん、だから、結局、いつもと同じテンションのキティだったような・・・。042.gif

ちょっとクリスマスだけに、キティのテンションが爆発するのを期待してたんですけどねぇ・・・。



でも、結局、ところどころ、おもしろかったですな、キティ。(←何のこっちゃ!)



では、最後に「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今回は2つのシーン・・・。



まずは、エリックたちが飲むパンチにラム酒をビン1本まるごと注ぐエリックのお姉さんだったんですが・・・。

これって、やっばり、エリックたちがこの酒入りパンチを飲んで問題を起こし、レッドにしかられるように仕組んだと見るのが妥当なんでしょうね・・・。

うーん、そう考えると、このお姉さんも相当なもんですねぇ・・・。



しかし、この姉弟は、どうしてこうも仲が悪いんですかねぇ。この謎が解けるエピソードは果たしてあるのでしょうか・・・。(←やっぱり、何らかの理由はあるんでしょう)



そして、もう1つのシーン・・・。



レッドが電気店での勤めを終え、ボブに今日売れたものを告げるシーンで・・・。



「ホットカーラーとテレビゲーム(←ポンゲーム) が売れた」と言ってるんですが、まあ、ホットカーラーはケルソーが買ったものだとすぐ分かりますが、このテレビゲームとは、あのケルソーとやってたゲームの事なんじゃないですかね? 

まあ、あまりの寂しさ?に、店の商品の梱包を解いて(←買った事にして) 、遊んでしまったというふうに想像するんですが・・・。(←レッドの苦虫を潰したような顔がなんとなくそういう感じを漂わせています)

うーん、そう考えると、ボブのアホな考えにのせられて、クリスマスの夜に店番させられるレッドも、何だか可哀想な話ですよねぇ・・・。(←レッドは真面目人間だけに、余計に哀愁を誘うんですよねぇ)



・・・とまあ、こんなどうでもいい話はさておきまして、では、今回の本題に行ってみましょうかねぇ。(←あなた、絶対、脱線しますよね?)



えー、今回はですねぇ・・・。053.gif

プレゼントの話です・・・。

それも、ただのプレゼントの話ではなく・・・。

好きな人にあげるプレゼントの話・・・。



劇中、ドナにあげるプレゼントにあれこれ思案するハイドだったんですが・・・。016.gif

でも、どうして、好きな人にあげるプレゼントって、こうも難しいものなんですかねぇ・・・。(←まあ、誰でもこんな経験、一度はありますよね?)



えー、これはですねぇ、実は心理学的に言いますと、「プレゼント」=「自分自身」なのであります。



だから、好きな人にプレゼントを気に入ってもらいたいというよりも、好きな人に自分自身を受け入れてほしいという願望の表れなんですね。

つまり、逆に言うと、プレゼントを気に入ってもらえないという事は、自分自身が好きな人に拒絶されるという事ですから、これほど辛くて怖い事はないわけです。(←だから、ある種の強迫観念に人は襲われるんですね)



まあ、自分自身を受け入れてほしいと思うからこそ、こう言ってはなんですが、たかがプレゼントごときに、あれこれ思い悩んでしまうんですね・・・。(←まあ、本人にとっては、たかがプレゼントごときでは全然ないんですが)



ハイドは、いろいろ考えたあげく、結局、子供の頃、ドナと一緒に撮った写真を入れた写真立てを渡しました・・・。

一方、エリックがドナにあげたプレゼントは、ドナの好きな香水でした・・・。



お金があれば何でも買える・・・。029.gif

でも、お金で買えないものもある・・・。

それは「人の心」です・・・。



と、昔、言った人がいたとか、いないとか・・・。038.gif



総額6ドルだけど、一生懸命考えた贈り物・・・。053.gif



それよりもはるかに値のはる香水だけど、結局、それだけでしかない贈り物・・・。054.gif



はてさて、ドナの心をとらえた贈り物はどちらだったんでしょうか・・・。016.gif



ああ、そうそう、いろいろ心理学の話をしましたが・・・。034.gif



私、全くと言っていいほど、心理学の素養はありません・・・。027.gif



当然、この上の文章も、私の思い込みで書いております・・・。027.gif



だって、このコーナー・・・。003.gif



「私はこう思う!」ですから・・・。058.gif



そう、私が思った事を書いたまでですから・・・。(←あんた、つくづく、いいかげんだな!)
[PR]
by amiel2 | 2004-07-02 18:47 | ザット70s ショー
えー、今週はですねぇ・・・。

私とした事が・・・。

ちょっと油断してたんですかねぇ・・・。

思わず、あるシーンで、「あっ!」と不覚にも声を上げてしまいました・・・。(←まあ、どのシーンか分かるよね?)

いやあ、ちょっとびっくりしました・・・。



しかし、まあ、なんですなぁ・・・。042.gif

このドラマ、ますます"何でも有り"状態になってきましたねぇ・・・。

ま、別にいいっすけどね・・・。(←ホントにいいのか?)

では、そんなこんなで70s、第11話目・・・。



第11話 エリックの友達 Eric's Buddy



まずは今回もあらすじから・・・。



エリックは、赤いトランザムに乗る少年、バディと友達になる・・・。

バディとつるむようになったエリックに、ハイドとケルソーはおかんむり状態・・・。

だが、バディがエリックと友達になったのには、ある理由が・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今週はですねぇ・・・。001.gif

バディの赤いトランザムに乗ったエリックが、車のパワーウインドウを上げ下げしてましたよね・・・。

今でこそ珍しくなくなったパワーウインドウなんですが、あの当時は、まだ新鮮だったんでしょうね。そういや、昔の車は窓下のハンドルを手でぐるぐる回さないといけなかったですからねぇ・・・。

で、よくよく考えてみると、この当時の大ヒット映画は、バート・レイノルズ主演の「トランザム7000」(1977)でしたね。

まあ、そういった事からも、この当時の若者の憧れがこのトランザムだったというのがよく分かるシーンでしたね。



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今週は、そんなに大しておもしろいシーンはなかったんですが・・・。015.gif



まあ、しいてあげるなら、電化製品が売れないレッドに、ロールプレイングと称してアドバイスするキティだったんですが・・・。



結局、当初の目的はどこへやら、レッドを寝室に引っ張り込むキティでした・・・。037.gif



では、最後に「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今週は、別にどこがどうとかいうシーンも特になかったんですが・・・。015.gif



まあ、今週はエリックとバディ、エリックの父レッドとボブと・・・。029.gif



テーマが「男と男の友情」でしたね・・・。066.gif



あ、いやいや、もとい、「男と男?の友情」でした・・・。008.gif



あ、そうそう、番外編として・・・。034.gif



ハイドとドナの「男と女の友情?」もありましたね・・・。(←心のどこかでは友情から、もう一段ステップアップしたいハイドが、ちょっとおもしろかったですね)



さあ、来週の「ザット'70s ショー」は、いよいよ、クリスマスの話・・・。024.gif

個人的には、なんか、とってもいい話になりそうな予感がしています・・・

こうご期待!!!
[PR]
by amiel2 | 2004-06-26 08:35 | ザット70s ショー
えー、前回にですねぇ・・・。

そのですねぇ、何と言いますか・・・。

私としては、自信を持ってですねぇ・・・。

レッドの母、まあ、キティの義理の母をですねぇ・・・。

これは、決して画面に登場する事のない裏キャラクターである、と断言しましたが・・・。



今回、いきなり、登場してましたねぇ・・・。(←ハハハハ、もう登場した瞬間、笑ってしまいましたね)



まあ、前回、あそこまでやると、普通は出ないキャラクターなんですけどね・・・。(←言い訳、言い訳)



あそこまで引っ張って引っ張って、結局、出さなかったのに、今回、いとも、あっさり出してしまうなんてねぇ・・・。(←さらに言い訳、言い訳)



数々の海ドラのパターンを見てきた人間から言わせてもらうと、ちょっと掟破りですね・・・。(←さらに、さらに、言い訳、言い訳)



やっぱり、何というんですかねぇ・・・。(←何なのですか?)013.gif



今、ちまたに跋扈する評論家諸氏の言う事が、ほとんど当たらないのは、過去のパターンでしか今の現象を語れない事にあるのかもしれないですね・・・。(←自分の言い訳を、社会一般の現象に置き換える、これ、言い訳の最上級系)



と、まあ、こんなくだらない話はさておいて・・・。(←おいおい!)022.gif



今回の70s、第10話目に行ってみるとしますかねぇ・・・。(←結局、反省はしない人なんですね、あなたは)



第10話 いまいましい日曜日 Sunday,Bloody Sunday



まずは今回もあらすじから・・・。



エリック一家は、レッドの母、バーニスの世話を1日する事に・・・。

だが、バーニスと折り合いの悪いキティは、禁煙のせいも有り、いらいらしっぱなし・・・。

一方、エリックもバーニスの世話に追われて学校の宿題が出来ず、ドナたちが助け舟を出そうとするのだが・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回は非常に難しいですねぇ・・・。008.gif

まあ、TV関係で、「サタデーナイトライブ」の司会がスティーブ・マーチンだったり、と、まあ、その当時の時代を感じさせる話もあったんですが・・・。



あの、ちょっと話はずれるんですが、エリックの宿題の課題、「三権分立の説明と役割」の話の中で・・・。

ハイドが、三権とは、「軍、大企業、ハリウッド」と力説してましたね・・・。

これ、この当時の話としては、ギャグになるんでしょうけど、意外と、今の時代に照らし合わせてみると、確かに、この三権は、今のアメリカとイラクの戦争なんかを見ていると、当たってるんじゃないかと思わせるところがあるから、ちょっと不思議な感じがしてしまいますよねぇ・・・。



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今回は、どこが一番というより、最初は禁煙のおかげ?で、機嫌が良かったのに、レッドの母、バーニスのせいで、だんだんいらいらしてくるサマが、とってもおもしろかったですね。

特に、ラストで、禁煙に絶えられなくなって、エリックたちに、「タバコを出しなさい」と言うところなんか、思わず、「お母さん、いくらなんでも、それは・・・」てな、感じでしたね。

ああ、それと、その後、「外国人のお友達に相手させとくのは悪いわね」と言いながら、みんなの顔色を窺って、地下室のソファに座り込むシーンも、何度見ても爆笑ものですね。



うーん、結論として、この人、おもしろすぎますね、やっぱり。(←何のこっちゃ!)



では、最後に「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今回は、ラストのキティとエリックの会話・・・。029.gif



キティが、エリックに、「なぜ、バーニスから嫌われているのか?」と聞かれて、「昔、レッドの恋人がすごく魅力的で裕福な家の人だったのに、私と結婚したからよ」と答えた後・・・。



キティが1人、大笑いするシーンがありましたよね・・・。037.gif



これ、2通りの考え方ができると思うんですが・・・。027.gif



1つは、「ざまあみろ、バーニス」という感じで笑った・・・。037.gif

もう1つは、「結局、レッドは私を選んでくれたのよ」という感じで笑った・・・。



・・・でも、あの大笑いの感じからすると、やっぱり、「ざまあみろ、バーニス」という意味だと思った方が良さそうですよね。



しかし、意外と、この「ザット'70s ショー」って、考えオチが多いですよね。008.gif

でもねぇ、考えオチは、結構、精神的によくない事が多いです。私のようなタイプは、いつまでも、考え込んでしまいますからね・・・。
[PR]
by amiel2 | 2004-06-19 10:42 | ザット70s ショー
最近、つくづく思うんですが・・・。

このドラマ・・・。

当初のイメージでは・・・。

なんか、子供から大人まで楽しめる超?ほのぼの家族系シットコムなのかな・・・。

まあ、感じとしては、「フルハウス」系統かな・・・。

なんて思ってたんですが・・・。



実は大人しか楽しめない・・・。(←子供もこっそり見てるはず)029.gif

シモネタ満載の・・・。(←ここ数話、かなりのところまで来てますね)

超?大人系シットコムだったんですね・・・。(←何のこっちゃ!)



うーん、でも、こんなにシモネタが多いと、私、とてもじゃないけど、ついていけないんですよねぇ・・・。

こう見えても、私は、こういうのって、とっても大嫌い人間ですから・・・。



・・・でも、ここまで書いてきたんだから、我慢して書く事にします。027.gif



では、今週も行ってみましょうかね・・・。025.gif

ウキウキ、ワクワクの、第9話目・・・。 (←あんた、喜んで書いてるじゃん!)



第9話 とんだ感謝祭 Thanksgiving



まずは今回もあらすじから・・・。



感謝祭の休日のため、エリックの姉が女友達を連れて家に帰ってくる・・・。

エリックはその女友達の色香に惑わされ、ドナと険悪な雰囲気に・・・。

一方、エリックの母キティは、義理の母の電話攻勢にイライラしっぱなし・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回はですねぇ、あえて、誰々とかはなかったんですが・・・。015.gif

感謝祭という事?で、たくさんの場面や人物がでてきまして・・・。



やっぱり、思うんですが、このドラマ・・・。027.gif

70年代という時代を、結構、忠実?に再現してますよね・・・。



今回の登場人物の服装とかも、まさに昔見た70年代の映画そのままの感じだったし・・・。(←登場人物のコートひとつとっても、あんなの今、そうそうないですよね)

家とかの壁紙とか台所用品の色使いも、よくよく見ると、まさに70年代って感じですしね・・・。(←あの暖色系とか、淡いブルーやグリーンとかの色使いなんかが)

特に、ドナの家のイスの感じなんか、あれは今、ちょっと見られないようなデザインですよね・・・。(←昔、昔の喫茶店?とかにありそうな)


しかし、ああいうのって、どうしてるんですかね、特注品とかで作ってるんですかね。そうすると、結構、制作費もかかるでしょうね。

このドラマ、企画としてやろうと思うのは簡単だけど、いざやってみると、かなり、手間のかかるドラマなんですよねぇ・・・。

まあ、いつ見ても思うんですが、大変ですよねぇ、この感じ・・・。(←これだけでも見る価値有り、って感じなんですけどね)



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今週は、まあ、どこが一番とかは特になかったんですが、どの部分も、それなりにおもしろかったような気がします。



で、思うんですが、私がこの人の表情で一番好きなのは、誰かに怒っていたり、誰かの次の言葉を待っている時の、この人の"間"というか"ため"なんですね。

なんかねぇ、この人の顔が一瞬止まる時が、いつ見ても「私のツボ」なんですけどねぇ。

怒っている時、疑問に思っている時、呆れている時など、いろんなパターンが存在してますので、皆さんも良かったら、この表情に注目しながら、これからのキティを見ていってください。



この違いを理解できるようになると、ますます、キティにハマると思われますので・・・。(←違いなんか分かるのか?)



では、最後に「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今週は、あらためて、このシーンがどうのこうの、とかはなかったんですが・・・。(←あんた、今回、結局、このパターンだらけじゃないですか!)



あの、レッドのお母さん、キティの義理のお母さんにあたる人の話をちょっと・・・。

皆さんも、今回のプロローグから、この登場人物たちをとってもイライラさせるお母さんって、果たしてどんな人なんだろうって、思わなかったですか?



で、今回の話では、引っ張って、引っ張って、引っ張って・・・。042.gif



結局、登場しませんでした、このお母さん・・・。027.gif



これって、あれなんですかねぇ・・・。(←なんなんですか?)

まあ、「刑事コロンボ」方式と言いますか、「チャーリーズエンジェル」方式と言いますか・・・。(←だから、なんなんですか?)



あえて視聴者に見せない事で効果を上げる、裏キャラクター?かもしれないですね。

つまり、「刑事コロンボ」で言えば、「うちのカミさん」(←まあ、コロンボの奥さん) で、「チャーリーズエンジェル」だと、「チャーリー」なんですが・・・。



もう、今回、ここまでやってしまうと、次回からは登場しては駄目でしょう。

で、また、感謝祭やクリスマスのイベント?の時などに、電話がリーン!と鳴るだけで、「またか!」というギャグになってほしい人ですよね。



うーん、でも、この70年代のアメリカTVドラマの代表作、「刑事コロンボ」と「チャーリーズエンジェル」のこの裏キャラクターの作り方をも意識して、今回のエピソードを作っていたとしたら、このドラマ、結構、考えて作ってあるなぁ、なんて思ったんですがねぇ・・・。



はてさて、皆さんはいかが思われましたでしょうか・・・。001.gif
[PR]
by amiel2 | 2004-06-11 09:18 | ザット70s ショー
いやあ、今週は、なんか、「R指定」かかってましたよね・・・。(←そうなのか?)

しかし、ウィスコンシン州って、あんなに激しい?人たちの集まりなんですかねぇ・・・。(←名誉毀損で訴えられますよ、あなた)

まあ、親が親なら、子供も子供ですわなぁ・・・。(←いやいや、誰もかれもが、"好き"って事です)

で、そんなこんなで70sの第8話目・・・。 (←何のこっちゃ!)



第8話 ドライブイン Drive-In



まずは今回もあらすじから・・・。



エリックとドナは、男女の仲?になりたいがため、ドライブインシアターで映画を見る事に・・・。

でも、そこにはお邪魔虫のケルソーとジャッキーも・・・。

一方、エリックの父レッドと母キティは、夫婦生活マンネリ解消のため、外で食事をとることにしたのだが・・・。



では、今週から始まった新企画・・・。(←あなた、新企画が好きですね)003.gif

私が大好きなキャラクター、エリックの母ことキティのおもしろかったシーンを語るコーナー、題して、「キティのツボ」 (←私がツボにはまったキティのシーン、という意味です) の始まり、始まり・・・。



今週の「キティのツボ」は・・・。



食事に行く為、赤いドレスをレッドに見せに階段を降りてくるシーンですかね。

なんか、この人、普通?にやってる事が、すっごくおもしろいですよね。このシーンも見るたびに笑ってしまうんですが、なぜなんでしょうかね。(←笑っちゃいますよね、このシーン)

でも、ここまで来ると、この人がシリアスなドラマに出てても、ちょっと笑ってしまいそうだなぁ・・・。(←でも、意外と「ER」とかにもゲスト出演してたりするんですけどね)



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今回はこのドラマのシナリオというかプロットの作り方の想像なんですが・・・。



まあ、このドラマ、この1976年という時代を徹底的にリサーチして、「ああ、この時代、こんな事もあったな、ああ、こんな事もあったな」てな感じで作りこんでいくんでしょうね。

で、今回はそんなこんなのデータを組み合わせたら、最終的にはこんな話になりました、って感じかなって思いましたがねぇ・・・。(←今回は特にそう思いましたね)



この年のヒット映画は「オーメン」と「大統領の陰謀」、この時代の主婦が読んでいた雑誌は「コスモ」、そして子供たちが夢中になって聞いていた音楽は「KISS」・・・。

そういや、この時代辺りから、ファミレス?で「サラダバー」なるものが出現したんだよなぁ、なんて話を組み合わせた結晶が今回の話になっちゃった・・・。



・・・なんて、話を今日はしたいのでなく。(←また、このパターンですか、あなた)



今回はドラマのラスト、エピローグの話を・・・。027.gif



キティがレッドに、ポットでコーヒー?か何かを注ぎにくるシーンなんですが・・・。

このシーン、ラストは同じシーンの逆回転の映像で終わってますよね。

これはドラマの途中、フェズが交換留学先の自宅で「KISS」のレコードを逆回しにされ、「悪魔の声だ!」と言われるシーンがありましたよね・・・。



そうなんです、このシーン、普通に見ると、どこにでもいる夫婦の、ごくごく普通の会話なんですが、逆回しにすると、実はそう、「悪魔の声」だったんですねぇ・・・。

で、「悪魔の声?」というのは、実は「KISS」のレコードの中なんかにあるのではなく、ごくごく普通の、どこにでもいる夫婦の何気ない会話の中にこそあるんですよ・・・。



・・・てな、オチだと思うんですがねぇ。皆さんはいかが思われましたでしょうか、このシーン。



では、最後に、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回は、やはり、「KISS」のレコードで怒られるフェズ君ですかねぇ・・・・。037.gif

この時代の親が子供に聞かせたくない音楽は、、まさしく、「KISS」だったんですねぇ・・・。

でも、ここで忘れてはならないのは・・・。

このガミガミ言ってる親も、多分、子供の時にはチャック・ベリーやプレスリーの音楽を聴いて、親に怒られていたはずなんですがねぇ・・・。



で、そして、「KISS」を聴いていたこの子供たちは、この先、どうなるかというと・・・。

やがて親になって子供を持つようになり・・・。

自分たちの子供が聴く「マリリン・マンソン」に眉を吊り上げるようになるんですから・・・。



・・・まあ、そう心配しなくとも、ちゃんと育っていくわけです、子供というものは。043.gif
[PR]
by amiel2 | 2004-06-04 12:49 | ザット70s ショー
いやあ、今週は、なんかとってもいいエピソードでしたね・・・。

ひょっとしたら、今までの中でベストエピソードかもしれない・・・。

30分のシットコムで、こういうテイストの話を作れるとはねぇ・・・。(←うーん、感心)

今回はハイド・・・も良かったんだけど、個人的には、ドナがとっても良かったです・・・。

「なぜ?・・・」って、それは今回の最後に・・・。

まあ、とにかく、70sの第7話目・・・。



第7話 ディスコへ行こう That Disco Episode



まずは今回もあらすじから・・・。



町のケノーシャに新しくディスコが出来たので、エリックたちはさっそく行く事に・・・。

そんな中、ダンスができないハイドは、エリックの母キティと秘密の特訓を開始・・・。

実はハイドには今まで秘密にしてきた、ある思いが・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回は、やはり、ディスコでジャッキーと踊るフェズ君ですかねぇ。070.gif

70年代の名作?、ジョン・トラボルタの「サタデー・ナイト・フィーバー」(1977年)よろしく、ダンスダンスの熱い熱い一夜でしたね。

ジャッキーはケルソーとよりも、背格好といい、フェズの方がお似合いのような気もしましたね。ダンスのフィーリングもぴったりだったし。(←まあ、上手いというより、どことなくヘタウマ、てな感じでしたけど)



ちなみに、この時の曲はビージーズの「You Should Be Dancing」・・・。060.gif



では、今回から始まった新企画、「私はこう思う!」のコーナー。(←まあ、要するに私なりの視点で見た「ドラマの読み方?」です)



ドナの父ボブが、エリックの父レッドに、キティがハイドと浮気してるかもしれないと言うシーン・・・。

このシーン、レッドはわざと怒ったふりして、ボブに自らの勘違いを悟らせたんですよね?(←ちょっと自信なし・・・)  まあ、話の展開から言って、キティにハイドの練習相手を努めるように言ったのもレッドだろうしね・・・。

・・・でも、レッドは普段から怒っているから、なんかイマイチ、分かりにくいんですよねぇ。もうちょっと、オチのところでメリハリつけてくれないとねぇ。



ああ、そうそう、話は少しそれますが、このレッド・・・。001.gif



息子エリックに対しては、今回の食事シーン・・・。027.gif

「いつからドナと付き合ってるんだ!」と厳しい口調でエリックに問い詰めたのに対して・・・。



一方、赤の他人、ハイドに対しては、ガレージの中のシーン・・・。027.gif

「おまえ、踊れないんだろう。女ってのはなぁ、ダンスが好きなもんなんだ。なんなら手を貸してやろうか?」なんて言ってましたよね・・・。(←なんか、すごく物分りのいい親父になってます。息子エリックに対しては絶対、こういう事は言わないはずなんですがねぇ・・・)



まあ、他人の子供には理解を示せても、いざ自分の息子となると・・・。042.gif

てなところがですねぇ、父と息子の微妙なバランスと言うか、微妙な関係をですねぇ、それとなく描写してたりするんですねぇ・・・。

で、この辺りが実に、私のような評論家もどき?を、「うーん、上手いなぁ」と唸らせてしまうんですよ、このドラマ。(←あんた、"もどき"だったのか?)



てな、話はどうでもいい事で・・・。(←だったら長々と脱線するなよ!)022.gif

さっそく、今回の本題に行きましょう・・・。



今回はハイド、エリック、ドナの視点からドラマを見ていく事にします・・・。027.gif



まずはハイドから・・・。



ディスコでドナと踊るハイド。いつになく本気の彼を見ましたね・・・。070.gif

ハイドはドナの事が好きだったんですね・・・。

彼は普段はいつもふざけてばかりで、ロクな事はしない人なんですが、ドナに対する気持ちは本物でしたね。ちょっと、びっくりしました・・・。



ハイドと腕を組んで踊るドナが聞きます・・・。056.gif



ドナ「踊れるの? 全然知らなかった」

ハイド「実は初めてのダンスさ・・・」

ドナ「初めて? それは光栄だわ」



エリックの母キティとはいくら踊ろうとも、あれはカウントされないんですね・・・。037.gif

やっぱり、好きな女の子と踊るのが本当の"ダンス"なんですね。(←うーん、ちょっといいシーンですね)



男と言うのは、100%駄目だと分かっていても、いかなきゃならない時はいかないと駄目なんです・・・。

例え、その人に好きな人がいるとしても・・・。

で、その好きな人が自分の親友だとしても・・・。

「好きだ」という感情は誰にも止められないからね・・・。



あと、それと、ハイドがキティと特訓してる時に、「みんなにこの事は内緒にしておいてほしいんだ」というシーン、ここも何だか好きですねぇ、私。



ああ、分かるなぁ、その気持ち。男の照れと言うか一途さと言うか・・・。007.gif

こんな事(←ダンスの特訓ね) は、ハイドのこれまでの生き方からして、とっても嫌な事に違いないんだろうけど、ディスコで好きな"誰か"と踊るためにはねぇ・・・。



まあ、でも、今回のエピソード・・・。004.gif

私が普段から唱えてる「脇役の法則」(←その話はココで) 炸裂のエピソードと言えますよね、このエピソード。



ああ、実に泣かせるねぇ、ハイド君・・・。007.gif



で、次にエリックの視点から・・・。



ドラマのラスト、ドナと家の前にいるシーン・・・。048.gif

いつになくエリック、どことなくおかしかったですね・・・。(←実に"変"でした)

なんか、自分から、ちょっと無理やり気味にドナにキスしてましたね・・・・。



まあ、私が思うに・・・。027.gif

普段は超鈍感なエリックも、ディスコでドナとハイドが踊るのを見ていて、何かを感じ取った上での、この行動だったと思われます。

・・・ああ、そういう意味で、なんか、今回のエリックも少し可哀想だなぁ、と。



そして、最後にドナの視点から・・・。056.gif



ディスコでハイドと踊るドナ・・・。070.gif



思わず「君にキスしたい・・・」と言ってしまうハイド・・・。053.gif



ドナは、優しく微笑んで、「Shut up and dance」(踊りましょう) と、かわします・・・。(←なんか、この時の会話のドナの表情が、個人的にとっても好き!)



・・・で、この時、ドナは初めて自分に対するハイドの気持ちを知ったんでしょうね。(←この男の気持ちをドナが理解しえなかったとしたら、まあ、ドナは女としては、もう、終わってますからね)



ちなみに、この時、踊るハイドとドナのバックに流れてる曲は・・・。060.gif

「ABBA」の「Fernando」でした。(←ちょっと、いい曲ですね)



場面は移って、ラスト、エリックと家の前で2人っきりのシーン・・・。059.gif



エリックにキスされた直後のドナの表情に注目・・・。(←ちょっと悲しそうに見えるのは気のせいでしょうか?)

この時、ドナはことさら、わざとふざける感じで「Fernando」を歌いだします。

で、「もう一度、キスしたい」というエリックに対して、ドナの答えは・・・。



「Shut up and dance」(踊りましょう) でした・・・。(←ハイドと同じ断り方をしています。これは、はてさて、偶然でしょうかねぇ?)



そして、2人で陽気に踊りだすエリックとドナ・・・。070.gif



私が思うに、この時のドナは、ハイドの気持ちを思って、わざとこういう感じに持っていきたかったんじゃないのかな、なんて、思いましたが・・・。

ああ、そう考えると、ドナって、とってもいいなぁ、ってすっごく思いますね。(←どおりでハイドも好きになるわけだ)



・・・しかし、「若い」という事、「友達同士」だという事、「誰かを好きだという気持ち」というものは、時に、ちょっと残酷ですね。
[PR]
by amiel2 | 2004-05-27 16:24 | ザット70s ショー
いやあ、今週も、非常におもしろかったですねぇ・・・。

なんか、もう、ますます好きになってきましたよぉ、70s・・・。

というわけで、70sの第6話目・・・。



第6話 酒樽 The Keg



まずは今回もあらすじから・・・。



授業をさぼったエリックたちはドライブの途中、道路でビア樽を拾う・・・。

そこで、友達からお金をとってパーティーを開く事にするのだが、ある問題が・・・。

一方、エリックの父たちは子供たちの計画に気づき、あちこち探し回るのだが・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回は酒屋にタップを買いに来たケルソー君ですかね。037.gif

なんか、未成年が酒を買いたくて店のレジの前でドギマギするシーン、これも昔のアメリカ映画にありがちの設定ですよね。私がこういうシーンですぐに思い浮かぶのは、やっぱり、ジョージ・ルーカスの「アメリカン・グラフィティ」(1973年) ですかね。まあ、未成年にとっては、ある種の冒険でもあるわけですからね、酒屋で酒を買うという事は。

ただ、今回のケルソーの場合、店主がすんなりタップを売ってしまうのは、これは酒ではないから未成年にでも売れるという事なのかな。

そう考えると、やっばり、ちょっと間抜けな感じですね、ケルソー君・・・。



でも昔の子供というのは、今と違ってすれてなくて、なんか、とっても可愛い感じがしますよね。今の未成年は、酒を買いたい時はどうしてるんですかね。今は、なんか、もっとスマートな感じがしますけどね。

ああ、ちなみに、「アメリカン・グラフィティ」の舞台は、70年代よりはるか前、1962年である事は付け加えておきます・・・。



今週の70年代のTVなど・・・。027.gif

ドナの母ミッジの好きなニック・ノルティの「"Rich Man, Poor Man"」

どうやら、ミニシリーズのようですね。ちょっと昔?のニック・ノルティは好きなので、個人的に見てみたいです・・・。



ミッジがキティに「夢を持たなきゃ」(←どんな夢や!) と語る、ウォルター・クロンカイト(Walter Cronkite)・・・。

米CBSテレビのアンカーマンのようです。



エリックの父レッドとドナの父ボブが酒屋で、そこにいた男の子を問い詰めて、パーティの場所を聞き出すシーン・・・・

暴力刑事?さながらの尋問をするレッドに対して、何もしていないのに、「シャーマン通りの空き家だ」と、得意げになってるボブに対して、レッドが呆れてひと言、「よくやった、スタスキー」・・・。

このスタースキーとは、「刑事スタスキー&ハッチ」(←1975年から4年間にわたってABC系列で放映) の事なんでしょうね。なんか、この刑事モノは、よく耳にしますね。ただ、残念ながら、私は見た事がないんですけどね。

で、最近、この作品、ベン・スティラーがスタスキーになって、リメイクされてるようですね。うーん、ちょっと見てみたい。

あと、この作品もアーロン・スペリング製作のようですね。「チャーリーズ・エンジェル」といい、うーん、この頃から突っ走ってたんですね、アーロン・スペリング・・・。



ああ、それと、この時のボブと男の子の会話の中の紙幣の話・・・。065.gif

現在の1ドル(ジョージ・ワシントン)、5ドル(エイブラハム・リンカーン)、20ドル(アンドリュー・ジャクソン)という事でいいですよね?・・・・。

ちなみに、アンドリュー・ジャクソンは第7代大統領・・・。



あとがき・・・。027.gif



今週も、やっばり、おもしろかったですね。特に、私は今週のラストが好きだな・・・。

父、レッドに殺されると怯えてるエリックが、ドナとキスをした後、突然、強くなる感じがとっても良かったです。

この時のエリックは、「bring it . Red」(好きにしろ、レッド) と字幕ではなってましたが、まあ、感じとしては、「かかってこい、レッド」の方がいいような気がするんですけどね。



まあ、男というのは好きな女の前では強くなれる動物?・・・。029.gif

エリックのこの変身ぶり、ちょっといいじゃないですか、この感じ・・・。

これからは好きな女のために強くなるんだ、エリック!!!



しかし・・・。034.gif

よくよく考えたら・・・。

ドナは、男を惑わす「魔性の女」なのでは? という話も・・・。



思い出してください・・・。027.gif

今回のもともとの話・・・。

ドナがエリックに授業をサボろうとそそのかした事が今回の事件の始まり・・・。

という事実だけは、ここできっちり理解しておきましょう・・・。



・・・というわけで、エリック、「やっぱり、この女はやめておけ!」(←おいおい) 022.gif
[PR]
by amiel2 | 2004-05-21 05:22 | ザット70s ショー

「シングルパパの育児奮闘記」(FOX)、ちょっと最近、好きなんですけどねぇ。そういう人って、いるんですかねぇ。ちなみに、当然、「マイ・ネーム・イズ・アール」も好きでした・・・。


by amiel2