海外ドラマをもっと見ようよ!

amiel2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ザット70s ショー( 26 )

とうとう終わっちゃいましたねぇ、70sのシーズン1・・・。

個人的には、とっても面白いシットコムだったと思うんですがねぇ、このドラマ・・・。

ただ、いろんな人の意見を聞いてると、「ちょっと、とっつきにくい」とか「感覚的にどうも・・・」とか「面白さがよく分からん・・・」だとか、そういう話もチラホラと・・・。



で、話は変わるんですが・・・。

世の中には、俗に「珍味」と言われる食べ物があるじゃないですか・・・。

で、ああいった食べ物は、大抵、ぐにょぐにょしていたり、ぶつぶつしていたり、トゲトゲしていたり、と、一見、こんなものが食べられるのかというものが少くないですよね・・・。

で、まあ、思うんですが、この「ザット'70s ショー」も、ある意味、「珍味」的なところがあるんじゃないかなぁ、と・・・。

ちょっと最初は、とっつき難いところもあるんだけど、噛めば噛むほど味が出てくるような、そんな感じのドラマだと思うんですけどねぇ・・・。



で、「珍味って、一度、食べ始めると、病みつきになるのになぁ」なんて一人、思ってたんですが・・・。

この前、ある本を読んでたら、ハタと膝打つ言葉が・・・。

それは、陶芸家、書に絵画、そして漆芸にと、その活動は多岐に渡った異色の芸術家、北大路魯山人・・・。

この人、食通としても知られていたのですが、こんな事を言っておりました・・・。



「いくら珍しくとも、美味くなければ珍味とは言えない」



そう、まずは美味しい事が大前提なんですよねぇ・・・。

まあ、結局、この「ザット'70s ショー」も、面白くない人にとっては、どうしようもないんですね・・・。(←味にも好みがあるように、ドラマも好みがありますからねぇ)

こりゃ、しょうがないっすな・・・。(←ホント、ホント)



と、納得したところでシーズン1最終回、行ってみるとしますかねぇ・・・。(←何のこっちゃ!)



第25話 聞き分けのいい息子 The Good Son



まずは今回もあらすじから・・・。



エリック家に居候する事になったハイド・・・。

だが、父レッドと母キティがハイドを可愛がるため、エリックはちょっと複雑な心境に・・・。

そしてレッドは、昔の戦友ブルからパーティーに招かれるのだが、そのパーティーとは実は・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回は、「ポップ・ロックス」・・・。

口の中でパチパチはじけるキャンディー・・・。

このキャンディーの登場は、この頃だったんですねぇ・・・。

私も昔、子供の頃、このキャンディー食べた記憶があります・・・。

でも、はっきり言って、「味は不味い」です・・・。(←断言!)



しかし、ケルソーによると、このキャンディー・・・。

別の使い方もあるそうな・・・。

こりゃ、一度、ちょっとねぇ・・・。(←おいおい!)



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



まあ、最終回という事であらためて言う事もないんですけど・・・。

キティには、「いろいろ笑わせてくれてありがとう」、と心から言いたいです・・・。



でも、最後に言いたいのは・・・。

「シーズン2は、さらに、さらに、もっと頑張ってね」、という事っす・・・。(←あらためて言ってるじゃん!)



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今回は、前回に続きまして、またまたレッドの話・・・。



人は若い頃には、いろんな夢を持ってるもんなんですよねぇ・・・。

この人の場合には、「コルベットに乗って、もっといい暮らしをして」と・・・。

でも現実は、アメリカの片田舎に住む、子持ちの、失業中の、と・・・。

一方、昔の戦友ブルは、事業に成功し、いい車に乗り、若い奥さんをもらい、と・・・。

はてさて、どこで自分の人生はこんな風になったんだろうか、と・・・。



でも、例え、リッチでいい生活をしてるような人でも、友人呼んで、スワッピング・パーティー開いてるような人種ではねぇ・・・。



それよりも・・・。



平凡だけど・・・。(←いつも事件だらけのような気もするけど)

優しい妻がいて・・・。(←ちょっと変わってるけど)

美しい娘がいて・・・。(←心は醜いけど)

かわいい息子がいて・・・。(←ちょっと駄目息子だけど)

そして、変な居候がいて・・・。(←こりゃ、ホント、変な居候)



と、人にとっての本当の幸せを感じさせてくれる、そんな生活が、いや、家族が一番だと、最後に言いたかったんじゃないですかねぇ、この最終回・・・。

70年代というのは今から思うと、本当、ちょっと変わってた時代だと思うんですよ。ファッション一つとっても、あんなセンスがあの当時は普通だったんですからね・・・。

でも、時代は"変"であっても、やはり、「家族の絆」とか「幸せ」とかはいつの時代も普遍的なものなんですよねぇ・・・。



「ザット'70s ショー」は、アメリカ70年代の、おかしな人たちのおかしな話なんだけど・・・。

時代は違えど、やはり、変わらないものはあるんですよね・・・。
[PR]
by amiel2 | 2004-10-04 08:03 | ザット70s ショー
「♪dirty dirty dirty~ dirty dirty dirty」・・・。

あの、奴らはですねぇ・・・。

どうやら、貯水池には泳ぎに行ってたようですね・・・。

それも、素っ裸で・・・。

で、今回、服は盗まれてしまったんですが、車を運転してるところを見ると、キーは車につけっぱなしにしてたという事なんですかね・・・。

だったら、服なんかより車を盗むと思うんですがねぇ、どろぼうさんは・・・。



ま、そんな事はさておきまして・・・。

「♪dirty dirty dirty~ dirty dirty dirty」・・・。(←ちょっとお気に入りだったりする)

ではなくって・・・。

行ってみるとしますかね、70sの第24話目・・・。



第24話 ハイドの引越し Hyde Moves In



まずは今回もあらすじから・・・。



貯水池で裸で泳いでいる間に、服を盗まれてしまったエリックたち・・・。

仕方なく、ひとまずハイドの家に行くのだが、そこにハイドのママの姿はなく・・・。

実はハイドのママ、男と駆け落ちしていたのだった・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今更の話で何なのですが・・・。

このドラマ恒例の・・・。

みんなでマリファナ、吸い回し?のシーン・・・。

今回はハイドの代わりに、ドナが仲間に入ってましたね・・・。

そして、かなりイッてましたね・・・。



しかし、この当時の時代背景として、ちょうどベトナム戦争終結後のマリファナが流行った時代だったとは思うんだけど・・・。

うーん、でも、毎回のように登場するこのシーン・・・。

果たして、テレビ的にOKだったんですかね・・・。

この業界によくある、ある種の制約は受けなかったのかな・・・。



でも、ちょっと見てて思ったんだけど・・・。

なんか見てると、とっても楽しそうじゃん、マリファナって・・・。(←ね、こんな事言う奴いるでしょ)



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



ポークチョップを料理しているキティ・・・。

それを見てレッドが・・・。

「家計を切り詰める約束だぞ。 贅沢すぎる!」



言われて、キティは・・・。

「スーパーに行く途中、ネコをひこうとしたの・・・」



キティの返しは、いつも面白いっす・・・。



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今回は、エリックの父レッドの話・・・。

キティに散々言われて、結局、ハイドを引き取る事にしたレッドだったんですが・・・。



多分、この人、キティに言われなくても、最終的にはハイドをほっとけなかったはずなんですが・・・。

でも、まあ、何と言うんですかねぇ・・・。

こういう人は、分かっていても、何かしら言わずにはおれない人なんですねぇ・・・。

で、それが今回の××××の大連呼となったわけでして・・・。(←おいおい、オヤジ!)

黙ってりゃカッコいいのにね・・・。(←非常にセコく見えますよ、オヤジ!)

でも、こういうキャラクター、個人的にとっても大好きです・・・。



しかし、オヤジ・・・。

それはそうとして・・・。



早く仕事見つけろよ・・・。



次回は、「ザット'70s ショー」、シーズン1最終回・・・。

果てさて、どんなお話で結末を迎えるのでしょうか・・・。

ちょっと楽しみですね・・・。
[PR]
by amiel2 | 2004-09-27 21:48 | ザット70s ショー
今週は、ちょっと悲しい事に・・・。

エリックのあばあさん、バーニスが亡くなってしまいましたね・・・。



しかし、バーニスが亡くなったシーンをよく見ると・・・。

バーニスは、エリックの方にバタッと倒れた時には、ちょっと目を開けているんですよね・・・。

で、驚いたエリックが、急ブレーキをかけた瞬間、前につんのめって・・・。



うーん、これって、「自然死」なんですかね???・・・。

おいおい、ひょっとして、エリック・・・。

あんた、ひょっして・・・。(←もうこれ以上は言えませーん)



しかし、バーニス・・・。

登場シーンも不思議な人でしたけど、また去って行く時も不思議な人でしたね・・・。

で、思うんだけど・・・。

果して、視聴者は、こういうキャラクターにどういう感情移入すればいいんですかね・・・。



ま、別にどうでもいっか・・・。(←おいおい!)



なんて事はさておきまして・・・。

とにかく行ってみるとしますかね、70sの第23話目・・・。



第23話 おばあちゃんが死んじゃった! Grandma's Dead



まずは今回もあらすじから・・・。



嫌われ者の祖母バーニスをエリックは車で送り届ける途中、つい嫌味を言ってしまう・・・。

その瞬間、バーニスが突然倒れ、帰らぬ人に・・・。

そして、祖母の死をきっかけに、エリック家の人々は奇妙な行動をとり始める・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今週は、バーで殴られて帰ってきたエリックに、レッドが缶ビールを手渡すシーンがありましたね・・・。

で、結局、2人揃って缶ビールを飲むのですが・・・。

このシーン、エリックが缶のプルタブを開けた時、プルタブは缶に付いたままになってましたね・・・。

これって、この1977年当時、缶からプルタブが外れない技術って、すでにあったんですかね・・・。

少なくても、私が子供の頃には、まだプルタブは缶から取り外すようになってたはずなんですがねぇ・・・。



ちょっと、細かいようだけど、気になりました・・・。(←細かいよ!)



まあ、単なる粗探しですけどね・・・。(←あんたも、ひょっして、バーニス系?)



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今週のキティは・・・。



キッチンを拭く、拭く・・・。

料理を作る、作る・・・。

料理を食べる、食べる・・・。

そして、泣く、泣く・・・。



って、感じでしたね・・・。(←何のこっちゃ!)



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今週は、私にとっては、ちょっと怖いテーマでした・・・。

でも、まあ、別に「人が死んだから」ではないんです・・・。

いや、まあ、「人が死ぬ」って事も確かに怖いのですが・・・。



今週のテーマ、まあ言うなれば、「人と別れる最後の瞬間」とでもいうものなんです・・。

まあ、今回みたいな突然死のケースではなく、病気で死んでいく人には、これが最後の別れになるだろうなぁという時には、多分、問題はないんだろうけど・・・。



この、「人が突然亡くなる時」って、ちょっと怖いですよね・・・。

今回のように、誰かと喧嘩なんかして、実はそれがその人と最後の・・・。

なんてケースは、誰にでも起こり得る事ですよね・・・。

一期一会とはよく言ったものなんですが、これは考えると、非常に怖い事ですよね・・・。



まあ、そして、人が死ぬという事ではないんですが、「別れ」という事で言うと・・・。

男女なんかの関係でも別れるという時に・・・。

ある日、ある時、大喧嘩して、そのまま一生会わないはめに・・・。

なんて事は、よくある話ですよね・・・。



私、思うんですよ・・・。

そういう事を起こして、いつも後から・・・。

「ああ、どうせ別れるなら、最後は気持ちよく別れれば良かったなぁ」とか、「こんな事なら、もっと優しくしてあげれば良かったなぁ」なんてね・・・。



でも、悲しいかな、人間って先の事は何も分からないのに・・・。

その時は感情にまかせて、いろいろやっちゃうんですよねぇ・・・。

で、そして、それがその人との「最後の瞬間」だったと、後から気づくんですよね・・・。



そう考えると、人と別れるというのは、ホント、難しいし怖いですよね・・・。

今回、そんな事をふと思ってしまいました・・・。
[PR]
by amiel2 | 2004-09-19 17:38 | ザット70s ショー
しかし、何ですねぇ・・・。

世の中には学校では教えないんだけど、生きていく上ではとっても大事な事ってありますよね・・・。

うーん、そういう意味では、男にとっての「ブラジャーのはずし方」というのも、それに含まれるのかなぁ・・・。(←そうなのか?)

まあ、でも、これは、いわゆる、「男の乗り越える壁」でありますから・・・。(←そうなのか?)

それに対して、「ノーブラ」で来てくれる女の子というのは、一見、親切そうに見えまして、男をダメにしてしまうような・・・。(←そうなのか?)

ここは一つ、今後の為にも、「はずし方を教えてあげる」というのが、正しい対処なんじゃないかなぁ、と、個人的には思うんですがねぇ・・・。(←そうなのか?)



でも、まあ、そんな事を言いつつも、「ノーブラ」で女の子が来てくれるなら、それはそれで大歓迎なんですけどねぇ、男は。(←結局、そういう話か)



と、そんなどうでもいい話は置いておきまして・・・。

とにかく行ってみるとしますかね、70sの第22話目・・・。



第22話 パンクな彼女 Punk Chick



まずは今回もあらすじから・・・。



夜の車の中、抱きあうエリックとドナ・・・。

だが、エリックはドナのブラジャーのホックがはずせず、悪戦苦闘するはめに・・・。

その頃、ハイドは謎の女クリスティから、ニューヨークでパンクバンドを作ろうと誘われて・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今週はですねぇ、またまた「ポンゲーム」の話・・・。

まあ、そろそろ、このポンゲームも飽きのくる時であったようでありまして・・・。

今回は劇中、ケルソーとレッドがラケットを小さくしようとしてましたね・・・。



で、もう、この頃にはですねぇ、ブロック崩しの元祖と言える「ブレイクアウト」というゲームが、アーケードゲームとしては出回っていたと思うのですが、実際のところ、ウィスコンシン州の田舎町ではどんなもんだったんですかねぇ・・・。(←ちょっと分からないですねぇ、これは)

ちなみに、この「ポンゲーム」の改良版で、例えば、このコートの真ん中にですねぇ、星みたいなのが並んでまして、打っても、そこに当って、球がどこに行くか分からない・・・。

そんなゲームを大昔に見たような記憶があります・・・。

まあ、この頃から、ゲームが日に日にどんどん進化する、正に「ゲーム時代の幕開け」って、感じの頃だったんでしょうね・・・。



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今週のキティは、ジャッキーのパイ作りを手伝ったり、ハイドのニューヨーク行きを止めるよう説得したりと、まあ、面倒見の良いお母さんぶりを発揮してましたね・・・。



・・・って、今週は、とりたてて、面白いところはなかったような。



まあ、来週は頑張ってくださいね・・・。(←大きなお世話だよ!)



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



えー、非常に唐突ですが・・・。

皆さん、今週のエピソード、いかがでした?・・・。

面白かったですか?・・・。

私は、あんまり、面白いとは思わなかったんですけどねぇ・・・。



まあ、いろんな人の話を挿入しようというのは分かるんだけど・・・。

エリックとドナのブラ話と、ハイドのニューヨーク行きの2つぐらいで話をまとめた方が良かったような気がするんですけどねぇ・・・。

いろんな話があっても、最終的に、ビタッと一つの話にまとまるんだったら、それも有りかなぁ、と思うんだけど・・・。

なんか、ちょっとエピソードとして散漫な感じがしてしまうんですけどねぇ・・・。(←ちょっと雑だよねぇ)



で、話は少し変わりますが・・・。

その点、「フレンズ」なんかは、結構、どのエピソード見ても、上手く作ってるような気がするんですけどねぇ・・・。(←まあ、シーズン5ぐらいまでですけどねぇ)

まあ、「フレンズ」のシナリオに違和感感じる時は、大抵、フレンズ女優陣と、ゲスト女優がもめてる時ぐらいじゃないのかなぁ・・・。(←そうなのか?)

ちなみに、ジュリア・ロバーツが「フレンズ」にゲスト出演した時は、フレンズ女優陣と、1シーンも絡みがなかったです・・・。(←経緯はよく分からないけど、ちょっと不思議な感じはしましたね)



まあ、ドラマタイトルは、「フレンズ」だけど、意外と、「フレンズ」じゃないのかもしれませんなぁ、このドラマの現場は。(←おいおい、そうなのか!?)



でも、まあ、「ザット'70s ショー」の話に戻って・・・。



とにかく、もうちょっと上手く作ってほしいよねぇ、と思う今日この頃っす・・・。



まあ、話が面白くないと、私がこの記事を書くのが、ますます遅れますからねぇ・・・。(←アンタの場合は、そういう事で遅れてるのではないような・・・)
[PR]
by amiel2 | 2004-09-13 02:20 | ザット70s ショー
今週はですねぇ・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



ウーン、やっぱり・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



一体、何を書けというんですかねぇ、この話で・・・。(←そう思うよね?)

まあ、この際だから、私自身の経験を話すとしますかねぇ・・・。(←ひょっとして、あんたも、昔、見てしまったのか?)



しかし、今週、ホント、書く事ないっす・・・。

まあ、今週は、はなっからなかったものとしてお読みくださいね・・・。(←どういう意味や?)

では、とにかく行ってみるとしますかね、70sの第21話目・・・。



第21話 給水塔 Water Tower



まずは今回もあらすじから・・・。



給水塔にイタズラ書きしようとしたケルソーが、塔から落ちて怪我をしてしまう・・・。

そこでエリックは、看護婦である母キティの助けを借りるため寝室に・・・。

だが寝室では、父レッドとキティが"行為"の真っ最中で・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



何て言うんですかねぇ・・・。

70年代も、30年後の今現在も・・・。

夫婦の営みは、まあ、そんなに変わらんと思うんですよ、実際・・・。



・・・って、そんな話じゃなく、今回は「ナショナル・ジオグラフィック」の話。



ナショナル・ジオグラフィックは、今でもスーパーチャンネルで放送されたりしてるんですが・・・。

この番組って、かなり古くから放送されてますよねぇ・・・。

で、調べますと、一番最初の放送は1965年、アメリカ探検隊のエベレスト初登頂取材だったようです。以来40年にわたり数々のドキュメンタリーを制作し、エミー賞など数多くのテレビ賞を受賞している番組らしいです・・・。



で、今回は、ヒト科ヒト属(homo)、学名はホモ・サピエンス(Homo sapiens)の生殖行動の特集でしたね・・・。

ちなみに、本家本元の「ナショナル・ジオグラフィック テレビジョン」では、さすがに、この動物の生殖行動のドキュメンタリーは、まだ放送された事はないはず・・・。(←当リ前じゃ!)



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今週は、まあ、あえて言う事もないんですが・・・。



お母さん・・・。



ちょっと、激し過ぎます・・・。



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



しかし、思うんですが、こんな感じのシットコムで、子供が両親のセックスを見てしまい、って感じのネタ・・・。



うーん、私も、いろんなシットコムを見てきたけど・・・。

さすがにこういうネタはなかったなぁ、今まで・・・。



先週のネタが「スターウォーズ」で・・・。

今週のネタが「両親のセックス」って・・・。



ちょっと、このドラマのコンセプトって、一体、何・・・。



まあ、もし、「フルハウス」で、こんなネタがあったら、 さしずめミッシェル(←オルセン姉妹) なんかは、ショックで拒食症にでもなってるところでしょうな・・・。(←おいおい、それが原因か!)



しかし、何で子供は、親のセックスを見てしまうと、こんなにショックを受けてしまうものなんですかねぇ・・・。

非常に不思議ですねぇ・・・。

まあ、セックスレスよりは、よっぽどいいと思うんですけどねぇ・・・。(←そりゃ、大人の意見だろ!)



・・・今週は、自分でも何を書いてるのか、はっきり言って分かりません。(←もう、グダグダです)
[PR]
by amiel2 | 2004-09-06 10:47 | ザット70s ショー
しかし、何ですねぇ・・・。

エリックのお姉さん、ローリーなんですが・・・。

今週は、アホのケルソーを誘惑してましたねぇ・・・。

まあ、彼女にとっては、単なる暇つぶしなんでしょうけど・・・。

しかし、ハイドやフェズを誘惑するならまだしも・・・。

ジャッキーという彼女がいるケルソーを狙い撃ちするというのが、いかにも・・・って感じですな。 (←まあ、悪女とは「常識が欠落している女」の事だから、こんな事言うのもどうかと思うけど)



でも、まあ、今回の一件で彼女の好感度もグッと下った事でしょうね・・・。(←もともと、好感度なんてあったんですか、この人に)



しかし、こう言ってはなんなのですが・・・。

私、こういう人、案外、好きなんですよぉ・・・。

こういう人見てると、何だか、ウキウキワクワクしてくるんですねぇ・・・。(←まあ、ビバヒルのメンバーの中で、一番好きなキャラクターがバレリーな人ですから、私)

まあ、現実にこんな人が自分の近くにいたら、ちょっと嫌なんだろうけど・・・。



うん? いやいや・・・。

現実にでも、こんな人が近くにいたら、ちょっと楽しいと思ってしまう人かもしれません、私・・・。(←あんた、ちょっとおかしいぞ!)



まあ、そんな話はともかく、今週も行ってみましょうかね、70sの第20話目・・・。



第20話 新たな希望 A New Hope



まずは今回もあらすじから・・・。



レッドの雇い主の息子デビッドがエリック家にやってくる・・・。

そんな中、デビッドとドナが仲良くするのを見て、エリックは気がきでない様子・・・。

一方、ケルソーはエリックの姉ローリーに誘惑されてしまい・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回は、やはり「スターウォーズ」の話・・・。

この年の大ヒット映画は、スターウォーズだったんですねぇ・・・。(←しかし、時代を感じるな)

まあ、今回はこの映画が初めて上映された時の、子供から大人まで、チョービックリ!な様子を題材にしたパロディでしたね・・・。(←しかし、こんな設定が使えるのは、このドラマの強みですね)



ちなみに、私・・・。

ちょっとこの映画、見るのがいささか遅すぎました・・・。

かなり、大人になってから見たものですから、イマイチ、この映画の良さが分かりません・・・。

まあ、果して、そんなに凄い映画かと今だに首をひねってしまうところがあるのですが・・・。(←脚本に関しては、はっきり言って×だと思うんですけどねぇ)



あと、話は飛ぶのですが、「ET」も大人になってからでした・・・。

これも、イマイチ、感動しなかったですねぇ・・・。

ETを乗せた自転車が空を飛ぼうとも、涙一つこぼれなかったですねぇ・・・。

まあ、その頃には汚れてしまって、子供の頃のピュアな気持ちを失っていたんでしょうなぁ、きっと・・・。(←何があったんですか、大人になるまでに)



しかし、新ためて思うのですが、やっぱり映画は、その上映時に見ておかないとねぇ・・・。

なんか、つくづく、そう思いますねぇ・・・。



あと、余談だけど、このスターウォーズ関係で今回、疑問が2つ・・・。



今回の最初のスターウォーズ風テロップは、なぜ「エピソード25」だったんですかねぇ・・・。(←第20話なのに)

この「ザット'70s ショー」第1シーズンが25話までだから、とか。(←いやいや、そんな理由ではないでしょう)



それと、もう一つ、みんなが登場したスターウォーズパロディ・・・。



なぜ、エリックのお姉さん、ローリーはいなかったんでしょうねぇ・・・。

今回のラストに、「実はレイア姫は・・・ローリーだったんです」というオチをつければ、ちょっと意味深でおもしろかったんじゃないのかなぁ、と思ってしまうのですが・・・。(←分かりますよねぇ? このスターウォーズネタ)



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今週は、R2-D2型掃除機を持って登場するキティに思わず大笑いしてしまいました・・・。



しかし、使い勝手はともかく・・・。

R2-D2型掃除機・・・。

熱烈なスターウォーズファンは欲しがるだろうな・・・。(←「たのみこむ」の商品化希望を見たら、やっぱりいました、こんな人たち)



あと、ラストの「ジェイムズ・・・アール・・・ジョーンズ」も、少しだけ笑ってしまいました・・・。



なんか、ちょっと似てたよねぇ、キティのモノマネ・・・。(←いやいや、それは「言い方」で笑ったんでしょ)



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今回はエリックとドナの話・・・。



ドナは男に対するガードがちょっと甘いというかなんというか・・・。

男を疑う事を知らんというか・・・。

でも、その割りには束縛されるのを嫌うしねぇ・・・。(←非常に扱いづらいタイプっすね)

うーん、まあ、程度問題なんでしょうけどねぇ、この辺り・・・。



で、エリックもエリックで・・・。

少しドナに言い寄る男がいると、凄く過剰反応しますね、この男は・・・。(←ちょっと、自分に自信がないんですかねぇ)

そして、この男、非力な割りには束縛したがるしねぇ・・・。(←いるんだよねぇ、こういうタイプ)

うーん、これも、まあ、程度問題なんですけどねぇ・・・。



で、結論としては・・・。

こういうタイプのこの2人・・・。



ズバリ、言うわよ!!!



「別れてしまいなさい、あなたたち!!!」(←あんた、細木数子?)
[PR]
by amiel2 | 2004-08-29 11:36 | ザット70s ショー
ちょっと、私事で何なのですが・・・。

先週末あたりから、パソコンの調子がおかしくなりまして・・・。

なんか、変換のIMEソフトが壊れたんですかねぇ・・・。

ENTERキーを押すと、勝手にカタカナに変わってしまうし、「て」とか「で」とか「ヘ」とかが変換できないし・・・。

まあ、システムの復元やったリ、何かのソフトが干渉し合っているのかなぁと思って、いろいろいじくってみたんですが、いっこうに直らず・・・。

で、とうとう、もうパソコンの「リカバリ」しようかなぁ、と思ったんですが、でも、やるにしても、まずはバックアップとか、その他もろもろやらないといけないし・・・。(←こういうのって、結構、時間をかけないとねぇ)

うーん、まあ、この「ザット'70s ショー」も2週間ぐらい遅らせようかな、ぶっちゃけ、何だったら2回ぐらい飛ばしてもいいかなぁ、ぐらいに思ってたんですが・・・。



何を思ったか、不覚にも、ここの日曜日のアクセス数見てしまい・・・。



それが驚いた事に過去最高値になってたりしたんですねぇ・・・。(←大して更新もしないのに、ホント、申し訳ないっす)

そこで、小心者の私は非常に焦ったんですねぇ、「こりゃあ、更新せんと、まずいんじゃないかなぁ」と・・・。

で、今回、非常に書きにくいんですが、まあ、更新しようかと・・・。(←その割には、だらだら書いてるじゃん!)



では、まあ、とっても書くのに時間がかかるんですが、行ってみましょうかねぇ、70sの第19話目・・・。(←書きにくいのなら、早く本筋に行ってください)



第19話 プロムの夜  Prom Night



まずは今回もあらすじから・・・。



プロムに向けて、エリックとドナは、ある期待を胸にときめかせている真っ最中・・・。

一方、ケルソーとジャッキーは意地の張り合いで、お互い別のパートナーを伴ってプロムに行く事に・・・。

その頃、ドナの母ミッジは自ら事業を興すと言い出して・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



あの・・・、今回、プロムの話なんですが・・・。

私、個人的に、このプロムの話って、ドラマでも映画でもめちゃくちゃ好きなんですよぉ・・・。

特に、好き同士の2人の為に、影ながら骨を折ってやる人間がいる話・・・。

今回で言うと、ハイドの役回りなんですが・・・。

こういうテイストの話、大、大、大好きなんですねぇ・・・。(←こういう話、いいよねぇ)



で、70年代ではなく、80年代の映画の話になるんですが・・・。

プロムの話と言えば・・・。

ジョン・ヒューズとハワード・ドィッチコンビの「プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角」(1986) とか、「恋しくて」(1987)なんかが、ちょっと好きでした・・・。

なんか、どちらの映画も、ちょっと甘酸っぱいような、それでいて切ない感じのする映画・・・。

うーん、最近は胸がキュンとなるようなプロム映画には、なかなかお目にかかれないんですが、ちょっと昔の80年代は、こういう映画が実に多かったなぁ、と・・・。



ああ、80年代のブロム映画は良かったなぁ・・・。(←しみじみ)



・・・って、いつの間にか「80sな人」の話になってるじゃん!



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今週はミッジがトンチンカンな事を言うたびに皮肉を言ってしまい、ミッジの視線を感じて、思わず誤魔化そうとするキティが面白かったです・・・。

一応、今回は「飲み物」パターンのようで・・・。

「good coffee」(おいしいコーヒーね) と、「good wine」(おいしいワインね) だったようですね・・・。



・・・しかし、家の隣に、アホ奥さんが住んでたら、ちょっと嫌っすね。(←いや、逆に楽しいという話も)



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今週は、プロムの話をもう少し・・・。

いつも、映画やドラマなどでプロムの話を見ていて思うんですが・・・。

日本にも、プロムがあったら、自分の青春時代、どんなのだったのかなぁ、って・・・。



なんか、とっても楽しい思い出になってたかもしれないなぁと思ってみたり・・・。

いやいや、そうとばかりとは言えないぞと思ってみたリ・・・。

うーん、ちょっと悩ましいところですね・・・。



それに、プロムに行く相手がいざ決まったとしても・・・。



女は女で、その日のドレスを選ぶのが大変そうだし・・・。(←こりゃ、本当に大変そうだ)

男は男で、その日は一発決めないといけないからねぇ・・・。(←え? 決めるって、何をですか?)



うーん、やっぱり、プロムって、ちょっと悩ましいですね・・・。



プロムの一夜は、甘く麗しい・・・。



そして、どことなく、ちょっと切ない・・・。



まあ、プロムの話って、いつ見てもそんな感じがしますねぇ・・・。
[PR]
by amiel2 | 2004-08-24 03:13 | ザット70s ショー
しかし、思うんですが・・・。

エリックの父、レッドは・・・。

ちょっと怖くて近寄りがたい感じがする人なんだけど・・・。

この人のところには、なぜか、ちょっと落ち込んだ人達がやってくるんですね・・・。

今週は、ハイドやジャッキーがそうだったし・・・。

特に、ハイドとジャッキーは父親との関係が希薄だから、何となく、その心の埋め合わせとしてやってくるのかな・・・。

実は2人とも、自分のお父さんみたいに慕っているのかもしれないですね・・・。



まあ、単に、「ずっと暇で家にいる人だから」、という話もあるけどね・・・。(←おいおい!)



ああ、そうそう、ジャッキーと言えば・・・。

前回、ジャッキーはケルソーと別れてしまったんですよね・・・。

それなのに、今回のオープニング、いつも通り、エリック達と一緒にいましたね・・・。

ジャッキーは、やはり、みんなの事が好きなんですね・・・。

それなのに、みんなから、「友達じゃない」と言われてしまうジャッキーって・・・。

でも、まあ、この娘、何事につけても、ひと言多いですからね・・・。(←ひと言だけか?)



なんて事はさておいて、今週も行ってみましょうかね、70sの第18話目・・・。



第18話 キャリアデー Career Day



まずは今回もあらすじから・・・。



エリック達は、キャリアデーとして、親が働く職場をおのおの見学する事に・・・。

そんな中、ジャッキーだけが、エリックの家でレッドと2人、車を修理する事に・・・。

そして、エリックたちはおのおの、親の仕事の大変さが分かる1日に・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今週、これと言って、別にないんですけどねぇ・・・。

ただ、まあ、ケルソーの父親なんですが・・・。

一応、職業は上級統計分析官との事なんですが・・・。(←何なのですか、その職業!)

この当時、パソコンなんて、まだなかっただろうし・・・。(←マイクロソフトも、まだMS-DOSを誕生させる前だしね)

なんか、よく分からんのですが、想像するに、電卓1つで何やら複雑そうな事をやってたんでしょうね・・・。(←あなたも、ケルソーと同レベルっすね)

うーん、なんか、今の時代から考えると、かなり大変そうだなぁ・・・。



しかし、ちょっと余談だけど、ケルソーのお父さん・・・。

アホのケルソーにも分かるような話をしてあげないと・・・。(←でも、やっぱり、無理か)

うーん、でも、この人が仕事で作るデータは、なんか非常に分かりにくそうだなぁ・・・。



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今週は、病院からの帰りに車をぶっ飛ばしながら、ラジオから流れてくる曲をエリックと2人で熱唱するキティがおもしろかったです・・・。



まあ、人が死んで何とも思わない人間はいないんだけどね・・・。

でも、毎日、人の生き死にを見る人間にとっては、どこかで頭を切り替えないとね・・・。

そういう意味では、このシーン、キティらしくって、ちょっと良かったです・・・。



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今週のテーマは、みんながおのおの親の職場を見学するという事で・・・。



「キャリアデー」・・・。(←タイトルそのまんまじゃん!)



今週、みんなが各自、親の職場に行った事で、エピソードとしてのまとまりとしては、何となく雑なような感じがしたけど・・・。

でも、みんなそれぞれに、ちょっといい話がありましたね・・・。(←おいおい、ケルソーのいい話って?)



まあ、子供の頃は、親ってちょっと恥ずかしい存在なんですよね・・・。

そんな昔の事を、ちょっと思い出してしまったエピソードでした・・・。(←しみじみ)
[PR]
by amiel2 | 2004-08-14 20:51 | ザット70s ショー
今週は「マカトット」・・・。

フェズが「妊娠すると、ジャッキーのマカトットが太くなる」と言ってましたね・・・。

「マカトット」とは、「脚」の事らしい・・・。



フェズ・・・。

あんた、一体、どこの国の人や・・・。



なんて事はさておいて、今週も行ってみましょうかね、70sの第17話目・・・。



第17話 ピル The Pill



まずは今回もあらすじから・・・。



ジャッキーが、とうとう?、妊娠してしまったらしい・・・。

その事でエリック以下仲間たちは大騒ぎ、特にケルソーにとっては人生の一大事・・・。

一方、ドナは来るべき日に備えて"ピル"を購入するのだが・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



あのー、最近、エリックのお姉さん・・・。

ローリーがよく家に帰ってきますね・・・。



で、前から思ってたんですが・・・。

この人の髪って、70年代風のクルクル外巻きカールですね・・・。

しかし、この人、普段も(←撮影以外も、って事です) この髪型で生活してるんですかね・・・。

結構、この髪型では、ちょっと辛いんじゃないかと・・・。(←こんな髪型の人、最近、いないよね)

それとも、撮影ごとに、1回1回カールしなおしているのか・・・。(←これも大変だな)



なんか、前に見た時は、この人、カツラをつけてるのかなぁ、と思ってたんだけど、どうも、地毛のような気もするし・・・。

うーん、よく分からんけど、何となく、この人が一番、70年代的な髪型をしてるなぁ、って思う今日この頃なんですが・・・。



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今週は、キティの「避妊」のお話・・・。



「爪はきれいにしておくのよ」・・・。

「前戯はとっても大事よ」・・・。



・・・お母さん、それは「避妊」の話じゃないような気がするんですけど。



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今週のテーマは、「驚く人々」・・・。

今週は、ジャッキーの妊娠騒動をきっかけに、いろんな人がびっくりしています・・・。

個人的には、車の中のドナの驚いた顔もおもしろかったけど、ドナの父、ボブが薬局で驚いた顔が特におもしろかったです・・・。



しかし、ミッジの言ってた、妊娠の話で・・・。



「16歳の時の悪夢がよみがえったわ」・・・。

「私たちにも起こった事」・・・。



・・・って、おいおい、どんな話なのだ? 非常に気になるぞ。
[PR]
by amiel2 | 2004-08-07 20:54 | ザット70s ショー
なんか、今回のオープニング・・・。

ケルソーが口を空けてテレビを見ている姿が・・・。

ちょっと、おもしろかったです・・・。



やはり、口を開けっ放しにしてると、アホそうに見えますね・・・。(←まあ、ケルソーは本当のアホなんですが)

でも、人は見かけで判断しますから、私もそんな事がないよう、気をつけようと思った今日この頃だったりするんですが・・・。(←あんたも口を空けてるタイプだったのか?)



と、まあ、そんな話はさておきまして・・・。

今回も行ってみるとしますかねぇ、70sの第16話目・・・。



第16話 ファーストデート First Date



まずは今回もあらすじから・・・。



エリックは、バレンタインデーの日にドナとレストランで初デートする事に・・・。

一方、レッドとキティ、そしてボブとミッジは、そんな2人を祝して家で食事会・・・。

そんな中、ハイドはある決意を持って、エリックとドナのいるレストランに・・・。



では、「今回の70sな人」に行ってみましょうか・・・。



今回、別にこれと言ってないんですけどねぇ・・・。

ただ、初デートのエリックとドナの服装がですねぇ・・・。

まあ、どことなく、やっぱりレトロな感じでしたねぇ・・・。

エリックは、ドナに服装の事を「今晩はキマッているね」と言われていたけど・・・。

うーん、そうなんですかねぇ・・・。(←ネクタイも、ちょっと太いんだよなぁ)

まあ、現代人?の私には、ちょっと分からん感覚だなぁ・・・。(←ひょっとして、これはギャグだったのか?)



では、今週の「キティのツボ」に・・・。



今週は、エリックを写真に撮りまくるキティがおもしろかったです。



・・・しかし、こんなお母さんも、ちょっと嫌だなぁ。



では、「私はこう思う!」のコーナー・・・。



今週のテーマはですねぇ・・・。

「4組のバカップル」って、ところですかねぇ・・・。

まあ、エリックとドナ、ケルソーとジャッキー、レッドとキティ、ボブとミッジなんですが・・・。



でも、バカップルって世間ではいろいろ言われますが・・・。

まあ、いいんじゃないですか・・・。

人に迷惑かけなければねぇ・・・。



・・・って、おいおい、ドナはめちゃくちゃ人に迷惑かけてたじゃん!



しかし、思うんですが・・・。

好きな女をあきらめる決断時って、一体、どの瞬間なんですかねぇ・・・。

これが案外、人生の中でも、難しい決断のような気もしますけどねぇ・・・。



そう言えば、映画「ローマの休日」の中で、「人生はままならぬもの」ってセリフがありましたねぇ・・・。



ホント、「人生はままならぬもの」なのかもしれないですね・・・。
[PR]
by amiel2 | 2004-07-31 07:33 | ザット70s ショー

「シングルパパの育児奮闘記」(FOX)、ちょっと最近、好きなんですけどねぇ。そういう人って、いるんですかねぇ。ちなみに、当然、「マイ・ネーム・イズ・アール」も好きでした・・・。


by amiel2