海外ドラマをもっと見ようよ!

amiel2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:どうでもいい話( 1 )

最初に・・・。

えー、まあ、私自身がTV好きなので、これから、いろんなTV番組の感想を書いていこうかなって思ってます。

一応、あるケーブルTVに加入してるんですが、その中のチャンネルから、まあ、主に海外ドラマ、洋楽ビデオクリップや、あとディスカバリーチャンネルで私が見ておもしろかったものをちょっとずつ書いていこうかと思っています。



海外ドラマ・・・結構、いろんな番組見てます。004.gif

ミュージックチャンネル・・・洋楽の新曲クリップはだいたい抑えています。

ディスカバリーチャンネル・・・今の三大興味は、恐竜・宇宙・軍事兵器です。

スポーツチャンネル・・・おもに野球を中心に見ています。(←まあ、阪神の試合ね)

映画・・・昔はよく見たんですけどね、今はどうやって見る時間を作るかが課題です。





特に大好きな海外ドラマ・・・。041.gif



「あなたにムチュー」(Mad About You)・・・「フレンズ」ファンは必見です。フィービーの双子の姉、アースラーも出てますし、ヘレン・ハントもとってもキュートなんです。

「アリーmyラブ」(Ally McBeal)

「ER 緊急救命室」

「X-ファイル」・・・今、見ても面白いですドラマです。その当時としては斬新なアイデアで作ったエピソードが多数あります。特に、♯304 第53話「休息」(Clyde Bruckman's Final Repose)は、このドラマの中で一番好きなエピソードです。脚本が面白く、ちょっと笑えて最後に泣かせるような、そんなエピソードです。是非見てほしい一本です。

「The Office」(UK版)・・・会社って何なのだ? そんなテーマを真面目?に追求するコメディです。特に、クリスマス・スペシャル後編(Christmas Special 2)は、非常によく出来ています。私が見た歴代ドラマの中では最終回?としては、ベスト1に挙げてもいいような出来なんです。脚本も音楽の使い方も最高ですし、そして、非常に巧妙な仕掛け?とカメラアングル?が最高のシーンも、是非とも見てほしいエピソードです。ホント、笑いました、泣きました、感動しました、って感じなんです。「会社」というものは、果たして一体、何なのか。その解決編?としても、非常によく出来ています。まあ、大してお金をかけなくても、アイデアと熱意で面白いドラマは作れるんだという事を実証するようなエピソードです。興味のある方は是非ともご覧になってください・・・。

「NYPDブルー」・・・「CSI:マイアミ」のホレイショのファンの方、シーズン1だけご覧になってください。ホレイショにアクションとセックスとバイオレンスを足したような感じのドラマです。

「恐竜家族」(Dinosaurs)・・・子供向け?の番組のようであって、実は深いテーマが隠されているという凄いドラマです。あと、このドラマの最終回は凄いです。ここまで最終回のオチをバシッと決められるというアメリカドラマを私はまだ見た事がありません。

「刑事コロンボ」・・・昔の感じのは、今、見ても面白いです。中には、あのスティーヴン・スピルバーグが監督してるエピソードがあったりします。

「コールド・ケース」

「ザ・プラクティス」・・・法廷劇として、ちょっと漫画的?なところもあるんですが、やっぱり、面白いです。意外とイチオシです。特に、シーズン2第23話「望みある限り」(Burden of Proof)は、今まで見てきた海外ドラマの中一番好きなエピソードです。大どんでん返しの連続で脚本がめちゃくちゃ面白いです。駄目男が見せる意地、涙なくしては見られないエピソードなんです。一応、続き物のストーリーなので、第15話 「澱んだ水」、第21話「窮地」、第22話「真実を阻むもの」を見ておくほうがよりベターかもしれません。

「CSI:科学捜査班」

「CSI:NY」

「CSI:マイアミ」・・・主人公ホレイショのための、ホレイショによるホレイショのためのドラマです。男の美学を追求するといいますか、なんか、セリフ1つ1つ、イチイチどれもがカッコいいわけであります。オープニングの事件が起こって、現場検証のホレイショの決め台詞で主題歌に突入するところのお決まりのシーンは、このドラマの好きな人には必ずエンドルフィン(←脳内麻薬)が噴出すところでしょう。あと、いつも、必ず事件現場では、斜交い(はすかい)に立つところ(←この人は真っ直ぐ前を向くという事が出来ない感じの人なんですかね)も、ある意味、ポイントだったりします。まあ、マイアミの田村正和って、ところなのでしょうか。

「シャーロック・ホームズの冒険」

「大草原の小さな家」

「たどりつけばアラスカ」・・・なんか、とっても癒されたい人、是非、見てください。特に、シーズン4第63話「サウンド・オブ・ミュージック!!」(Old Tree)のエピソードは、馬鹿馬鹿しいけど、優しい気持ちになる、そんなエピソードです。

「ドクター・クイン 大西部の女医物語」

「Dr.HOUSE」

「ビバリーヒルズ高校白書」

「HEROES/ヒーローズ」

「ふたりはふたご」(Two of a Kind)・・・双子とその父、そのベビーシッターの関係がとっても大好きでした。シーズン1しかないんですけど、ちょっと最終回が好きなんですよねぇ。

「フレンズ」

「ボストン・リーガル」

「ホミサイド/殺人捜査課」

「名探偵ポワロ」

「モンタナへの夢 ロンサム・ダブ」・・・ロバート・デュヴァル・トミー・リー・ジョーンズによる、カッコいいオッサン2人の熱い友情の物語でありまして、全4話のミニシリーズなんですが、いろんな意味で、人間ドラマの詰った西部劇なんです。年末年始にNHKで放送する事が多いです。

「ロズウェル 星の恋人たち」・・・パイロット(第1話目)の感じがとっても好きです。なんか、「恋愛ドラマのパイロットはこう作るんだ!」という見本のようなエピソードです。

「LOST」・・・いつまでも終わらない不思議な話。その間に、びっくり仰天の話があったり、ちょっと感動の話があったり。まあ、いろんな意味で評価のしにくい作品ですね。好きな人はとことん好き。嫌いな人はとことん嫌い、という感じのドラマなんですかねぇ。
[PR]
by amiel2 | 2004-03-22 14:09 | どうでもいい話

「シングルパパの育児奮闘記」(FOX)、ちょっと最近、好きなんですけどねぇ。そういう人って、いるんですかねぇ。ちなみに、当然、「マイ・ネーム・イズ・アール」も好きでした・・・。


by amiel2