海外ドラマをもっと見ようよ!

amiel2.exblog.jp
ブログトップ

「ザット'70s ショー」(FOX)   第4話 男と女の戦い

なんか、最近、ちょっと「ザット'70s ショー」 に、かなりハマッています・・・。

繰り返し見ては、主題歌をシャウトする毎日・・・。(←この曲いいよね!)

で、ちょっと今回の第4話から、このドラマの感想を私なりに書いていこうかな・・・と。

では、始まり、始まり・・・。(←ちなみに、今回が本当の70s感想記の書き始めです)



第4話 男と女の戦い Battle of the Sexists



まずは、今回のあらすじから・・・。



エリックは、1 on 1のバスケでドナに負けてしまう・・・。

男としてのプライドを傷つけられたエリックと、女だからと男にわざと勝ちを譲ったりするのが嫌なドナは、険悪な雰囲気になってしまう・・・。

一方、ケルソーはわがままなジャッキーに振り回されっぱなし・・・。

そして、エリック家では父レッドが仕事がないのでずっと家にいて暇を持て余し、家中のモノを修理して回る有様、そんな父レッドに困り果てる母キティ・・・。



・・・しかし、こう書くと、全くおもしろくなさそうだな。(←ドラマはおもしろいんですよ!)



で、今回から始まる新企画、「今回の70sな人」(←ここが今回のドラマのポイントだと思うところ) をちょっと解説しちゃいます・・・。



「今回の70sな人」は、ズバリ、ドナの母親、ミッジがドナに、「男の人の前ではか弱い女を演じなきゃ」と諭すところですね。

と言うのは、このミッジことタニア・ロバーツは、70年代の大ヒットドラマ「チャーリーズ・エンジェル」のエンジェルの1人だったんですが、このチャーリーズは70年代のまさに強い女の代表例で、この人に、こういうセリフを言わせるところが今回のポイントかなぁ、と。

まあ、で、この時のこのミッジが娘ドナに語るところによると、男は世界なんてコントロールできないのよ。つまりは女が世界を支配しているのよ的な感じの事を言ってましたね。

ドリカム風に言うと、男はまさに女にとって「♪手のひらの孫悟空状態~」てな感じなんですかね・・・。

ちなみに、このドラマの舞台となってる1976年は、くしくも「チャーリーズ・エンジェル」が始まった年。まあ、時代設定といい、キャスティングしてる女優といい、かなりこのドラマを意識してる感じがしますね。



今回のおもしろかった人、ベスト3・・・。072.gif



第1位・・・エリックのお母さん。029.gif

この人のちょっと為になる話は、ある意味、いつも真理を突いてます。

今回、エリックに言う言葉。「お父さんとは何度も勝負したけど、勝敗抜きに楽しかったわ」は、ちょっといい感じの言葉ですね。

ただ、この後、この人はガレージのドアをぶっ壊してましたね・・・。



第2位・・・ジャッキー056.gif

この娘は、自分はケルソーを思いっきり振り回してるわりには、ドナには、「エリックをバスケで負かしてるようでは恋人にはなれないわよ」、とか忠告してるのは、なんか、おかしいですね。

しかし、ジャッキーは70年代ファッションのパンツ?の着こなしが上手ですね。ファッションとしては古いんだけど、それなりに見れますからねぇ。(←足がすらっとして綺麗なんですよね、この娘)

あと、ジャッキーの好きな映画は「ウエストサイドストーリー」と「スター誕生」。



第3位・・・エリックの父、レッド042.gif

この人は、仕事第一人間のようですね。こういう人から仕事を取り上げると、ろくな事はしませんな。まあ、日本人に多いタイプかもしれません。



あと、番外として、謎?の交換留学生、フェズ・・・。003.gif

この子はいつ見てもおもしろいですね。

ちなみに、この前、FOXの「RANK」という番組で、この子がちらっとインタビューを受けてるシーンを見たけど、やっぱり、こんな感じのしゃべり方でしたね。(←まあ、もうちょっとまともなしゃべり方をしてたけど)



で、今回のこのドラマのテーマは・・・。027.gif

まあ、エリックといい、ケルソーといい、エリックの父レッドといい、「やっばり、男は駄目だなぁ」という感じなのかな・・・。



・・・しかし、ドラマ冒頭にでてきたブルースーリーより強いフォンジーと、チコとは何者だ?
[PR]
by amiel2 | 2004-05-08 02:59 | ザット70s ショー

「シングルパパの育児奮闘記」(FOX)、ちょっと最近、好きなんですけどねぇ。そういう人って、いるんですかねぇ。ちなみに、当然、「マイ・ネーム・イズ・アール」も好きでした・・・。


by amiel2