海外ドラマをもっと見ようよ!

amiel2.exblog.jp
ブログトップ

「ジョー・ミリオネア」に突っ込みを入れよう・・・FOXチャンネル

「ジョー・ミリオネア~LOVE or MONEY」 (FOXチャンネル)



まあ、私は、結構、いろんなTV番組を見ては、画面に向かって1人突っ込むという事を生業としてる者(←どんななりわいや!) なのですが、この番組は、あらゆる点において、突っ込みどころ満載の番組なのであります。

ちなみに、この番組、02~03年にわたって米FOXネットワークで放送されたのですが、18~49歳を対象とした視聴率調査の結果、全米のニュースやドラマ等あらゆるジャンルの中で、なんと総合視聴率“第1位”に輝くといった、まあ、いわゆるバケモノ番組と呼ぶに相応しい番組なんですね。



で、この番組の内容は・・・。



ある日突然、5000万ドル(←まあ、日本円で50億円。現在、円高が進んでいるからね) を遺産相続したハンサムで超セクシーな独身男性“ジョー”、彼はフランスのお城で、一人、気ままな独身生活を送っています。

その彼が、将来を共にするパートナーを探しているという事で、そのお城に全米から集められた20人の美女?たちがやってきます。さあ、ここから、1人の男を巡っての、20人の女たちの熱く激しい恋?のバトルが始まる事に・・・。



おっとおっと、その前に、この男、ジョーには秘密があって・・・

実は、この男、5000万ドルを相続したというのは全くの嘘であって、普段は工事現場でブルドーザーに乗っている年収1万9000ドル?(←日本円にして190万円) の肉体労働者なのです。

で、彼は、お金ではなく自分自身の事を本当に好きになってくれる人を見つける為に、この番組に出演したのです。そして、最後の1人を選ぶと同時に、この秘密も打ち明けないといけないのです。
さあ、その時、果たしてその選ばれた女はどうするのか!!!

そう、「ジョー・ミリオネア~LOVE or MONEY」のタイトルが示す通り、この番組は「愛か?お金か?」の究極の選択が、実は最大の趣旨なのです。



・・・って、おいおい!! (←ここで一発目の突っ込みを入れておきましょう)



まあ、アメリカ人は、イエス、ノーをはっきり言う人種。日本人のように、「ぼちぼち」(←まあ、関西人か) とか「勉強させてもらいます」(←何なのだ、一体、この言葉は) とか、京都人の「まあ、なんにもおへんのどすけど、ちょっとお茶漬けでも・・・」(←ああ、これは、「帰れ」とはっきり言ってるんでしたな)みたいに、イエスかノーなのか、よう分からん言語を操る人種ではありません。

でも、だからと言って、50億円と190万円を天秤にかけて、LOVE or MONEYは、ちょっと、「違うんでねぇの!」って突っ込んでしまいますな。

CMでも矢田亜希子が温泉浸かって歌っているように、「♪よーく考えよう。お金は大事だよ~」なんですよ!!!(←言われなくても分かってるって!)



で、さあ、女たちの熱きバトルの始まりなんですが・・・。

物語は序盤から凄い展開になっていきます。まず、ジョーが女たちをよく知る為に、お城の中で舞踏会が催されます。
で、彼女たちは、ドレスを身に着けないといけないのですが、20人に対して20着しか用意されてなく、用意ドーンでいっせいにワーッと取り合いになります。(←って、揉めるのは当たり前じゃん!)

そして、一話ずつ話が進む中で、少しずつ女の子がジョーによって落とされていきます。で、その中で、いろんな突っ込みどころ満載の女たちが愉快?な事をしでかしてくれます。おもしろい女、ちょっと痛い女、怖い女、わけのわからん女、恋人がいるのにここに来た女(←何じゃ、こりゃあ!) とまあ、いろいろなタイプの女がこのドラマ?を立派なコメディ番組として成立させていきます。

そして、さらに、このドラマの重要な台詞回しとしての役どころとして、このお城の執事、ポールというオッサンがいるのですが、このオッサン、やけに芝居がかっていて、「あなた、何様?」的なところがまたまた、このドラマ?を突っ込みどころ満載にしてくれています。



さあ、果たして、ジョーは理想の女を選び出す事ができるのか。また、選ばれた女はジョーの本当の姿を知った時、一体、どうするのか?

そして、あなた何様?の執事、ポールが語るところによると、実はこのドラマ?には、最後の最後にとんでもない大どんでん返しが待っているという話も・・・。
[PR]
by amiel2 | 2004-04-02 04:49 | FOXチャンネル・バラエティ

「シングルパパの育児奮闘記」(FOX)、ちょっと最近、好きなんですけどねぇ。そういう人って、いるんですかねぇ。ちなみに、当然、「マイ・ネーム・イズ・アール」も好きでした・・・。


by amiel2